猫とワタシ

Wandering Note

創作文芸サークル『a piacere』の活動状況など

この記事のみを表示するはじめに

このブログについて

このブログでは、1次創作文芸サークル『a piacere』の活動情報を中心に、
同人誌の感想やその他雑談を、ゆるゆると綴っています。

***************

『a piacere(アピアチェーレ) 』
西乃まりもの運営する文芸サークル。
大阪・京都の文学フリマを中心に、本を頒布しています。

web作品置き場(カクヨム) 
気が向いたときに随時更新しています。

twitterでも、日々ぶつぶつ。

この記事のみを表示する2018年前半の予定

文芸イベント関連

hagaki.jpg
↑写真は記事とは何の関係もありません^^;
お人形のホムペも近々完全に消すつもりですので、時々過去に撮ったお人形の写真などを
何の脈絡もなく上げていこうと思いますw


ささささぶいですね……!!!!
自転車に乗ってたら、寒さでヘンな声が出ました。
色々なものも流行っているようで学校は閉鎖しちゃうし、ほんとに今年は大変です。
雪で大変な地方も多々あるようですが、みなさまはお健やかにお過ごしでしょうか。

文フリ京都も終わり、2018年前半の予定が固まってきたので浮上いたしました~。

早速ですが、次回のイベント参加は
5/6(日) 第26回文学フリマ東京
を予定しています。

会場は、東京流通センターの第二展示場というところらしいです。
こちらはお金も支払いましたので、参加確定です。
11時から15時ぐらいまで会場にいるつもりです。 
GW最終日ということで、翌日のことを考えて早めに撤収するつもりでいます。
久しぶりの東京、どうなるかドキドキですが…!!! 
毎年遠征できるわけではないので、この機会にお気軽に声など掛けていただけたら
嬉しいです。 どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

東京で頒布予定の新刊につきましては、只今鋭意製作中です。
あと一ヶ月ほどでおおよその形は出来上がるはずですので、もうちょっとしたら
改めてお知らせに参ります~。

その次は、
7/16(月祝) 第7回Text-Revolutions
こちらは委託参加です!

予定としては、5月文フリ東京の新刊本の委託に加えて、新しい小冊子も作ろうと
思っています。横長本マップに入れてもらおうと思って。
その他にも、色んな企画があるようなんですが、合いそうなものがあれば
参加してみたいな……と思ってます。 どうなるか分かりませんが。

アッ、まだ申し込んでいませんが、300字企画さまには参加表明するつもりです。

テキレボ向けに作るものは、今のところ横長小冊子と300字SSポスカ、テキレボ
アンソロ(テーマ:海)の三種類の予定です。小品ばかりですが、どの作品も
過去二回の300字SSポスカで書いた熊本シリーズに登場するあの三人を軸にした
物語にしたいと思っています。
現代&恋愛ものですね。 色んな角度から攻めていくつもりです。
んふふふふ、わくわくするなぁ~~www

それ以降は、9/9の文フリ大阪には申し込み予定です。
文フリ京都も日程が決まり次第検討します。

テキレボ以降に何を作るかというものも、ぼちぼち考えていっております。
ちょっと長期で取り組みたい企画もあって、わくわくしているところです。

4月以降、もしかしたら身辺が大変になるかもしれず、ちょっと年度を
またがないと予測できないことも色々あるのですが、できるだけ都合を
付けて、なるべく創作活動は継続していけたらいいなと思っています。

万事うまくいくかはわかりませんが、いい作品が作れるように、ベストを
尽くしていくつもりです。

各イベントにご参加予定の皆様、どうぞよろしくおねがいします!!

この記事のみを表示する第二回文学フリマ京都、ありがとうございました!

文芸イベント関連

こんにちは!
寒波凄まじい今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?
先日、第二回文フリ京都が無事終了しました。
本を手に取ってくださった皆様、ブースにお越しくださった皆様、ありがとうございました!!!

2018kyoto1.jpg
今回のブースはこんな感じでした。
ほぼいつもと同じ並べ方なんですけど、後ろに作った段を少し高くしてみました。

2018kyoto3.jpg
↑ポスターは時間もインクも乏しく…。 文字が一番インパクトあったりするので
 こんなことになってました(レースと刺繍の布を敷いてるサークルがぶら下げる
部類のものじゃないやろ…) 

なんだかお隣のかたが講談社の関係者?の方かなにかで、プロの匂いが漂ってきたり、
何か間違った並びにいるんじゃコレ的な感じで、開始早々びびりまくったうえ、開場直後の
出足が微妙に鈍かったりで、わし今日大丈夫じゃろか…と内心千々に乱れまくりましたが、
お昼頃から人が来てくれて、ホッと胸をなでおろしました(午前中、ほんま苦手やねん…)
(あの、ぱーっと人が会場に入ってきて、ざっと見回ってる時間帯…こっちもまだ緊張してて
エンジンもかかってないくらいの時間帯…どきどきしませんか…)

あんまり宣伝できてなかったせいか、売れ行きに結構偏りがありまして。
『空気をソーダで割る方法』は今回も強かったです。去年の京都が初頒布だったの
ですが、まだ強い。なんでしょう、やっぱタイトルのインパクトのおかげなのかな。 
ありがとうございます!!

新刊冊子もお手に取っていただき、ありがとうございました。なんだかアレな内容では
ありますが、他では読めないエピソードばかり収めておりますので、お気軽にお楽しみ
いただけたらいいなぁと思っています。

あと、今回は無料配布品がちょいちょい出てくれたのが嬉しかったです。
チラシを危うく準備し忘れそうになっていたのですが、当日朝に思い出して起きぬけに
寝ぼけながら用意したおかげで足りました。
無配の小説冊子も貰っていただけてよかった。ありがとうございます!

本当は次回新刊のチラシを作れたらいいなぁと思っていたのですが
(表紙絵も頂いているので)原稿がまだきちんと完成していないので、やっぱり勇気がなくて
ですね…。。
でも、表紙が本当に素敵なので、宣伝ポスカとかは作りたいなぁと思ってます。
(多分本の発行後になると思うけど)

チラシといえば、300字企画さまの『第6回300字SSポストカードラリー』のチラシを
配らせていただきました。めっちゃ素敵なので、どこかで見かけたら貰ってみてくださいね!
次回テーマは『時計』ですよ~~!! 

反省も本当は色々あるんですけど(ほんと落ち着きなくてすみません……)
お久しぶりなみなさまのお元気な姿を拝見し、色々とお話できたのが嬉しかったです。
普段はツイッターやブログなどで読んだ本の感想を書くのですが、やっぱり大好きな
作家さんに、この胸のときめきを直接伝えたいっていうのもありまして(よよよよかった
です…!すごいです…!ぐらいの語彙しか出てきませんがそれでもw)
個人的にとっても嬉しかったことは、森村さんが、『都市伝説に会いにゆく』を
面白かったって言ってくださったこと(;∀;) めっちゃ興奮しました(((;∀;)))
(周りのひとが引く程度にはてんぱりました) 
内容的に色々心配だったので、勇気をいただきました。
引き続き本編の完成目指してがんばります…!!!

そんなわけでとりとめがないのですが、皆さんお忙しい中、色々お話してくださって
ありがとうございました(*^^*)
差し入れなどもありがとうございます…!!食品はすべて消えました(おいしかったです)
(めぐリズムは、ここぞというときに最大限の効果を発揮するよう、新刊の締め切り間際
まで取っておくつもりです 笑)

最後に、どうでもいい話をいくつか。

差し入れ?に「きのこの山」と「たけのこの里」の小袋をそれぞれおせんべいとセットにして
持っていき、会う人ごとに「きのことたけのこどっちが好きですか」と聞いて配り回った結果、
圧倒的多数でたけのこ勢が勝利しました………
まじですか皆さん………_(:D」L∵:・… ←配った本人はきのこ派

(きのこもおいしいよとだけ言い残しておきます…………)

あと、当日朝に会場近くでフリーマーケットをやっていたので、突貫で回ったのですが、
すごい素敵な戦利品を発見したので自慢させてください。
2018kyoto2.jpg

めっちゃ可愛い!! めっちゃ可愛い!!!!!
風呂敷屋さんが多分ご自身で利用されていたものを出品されていたようで、
破格値で二枚入手できました最高やーーーーー\(^∀^)/  
出店者様がmashuさんという京都の風呂敷屋さんだったようです。
ぐぐるとHPが出てきます。 通販で売っておられるようなので布好きな方は是非!
(売っている女性が、とても素敵な方で惚れるかと思いました)

というわけで、色々楽しかったり、考えることの多かったイベントとなりました。
次回は、目下東京を目指しています…! 多分申し込むと思います。
実現すれば2年? 3年ぶり?(ごめん忘れたw) ぐらいの東京遠征になります。
関東にお住まいのみなさま、遊びに来てくださったら嬉しいです。

ではでは、長文お読み頂き、ありがとうございました。
今後とも、アピアチェーレをどうぞよろしくおねがいします(*´∀`*)

この記事のみを表示する第二回文学フリマ京都に参加します!

文芸イベント関連

第二回文学フリマ京都もいよいよ来週に迫ってきました。
おしながきをマイナーチェンジ(←)しましたので、上げておきますw

kyoto2018.jpg

新刊は、『旅の恥切り貼り帖 時効ですよ!vol.1』となっています。
さきほど頼んでいた新刊が到着しました~!!!
ざっとこんな感じになっています↓

jikou (2)

ど真ん中の見開きページです。このページだけ背景をピンクにしてみました。
こちらのページにはwebに公開していない書き下ろし記事を載せています。
全ページフルカラー冊子です。写真も色々と載せました。
さらさらとした紙質で、薄い冊子ながらも、なかなかに丈夫そうです。
いい感じに仕上がっておりますよ!!
文字が若干小さめかもしれませんが、文庫本を読む方なら大丈夫まったく
問題ない!(と、思います)
当日、是非実物をお手に取ってみてくださいね。

あっちなみに、特集はアイルランドなのですが、ケルト神話や妖精などの
要素は皆無です^^; (実のところ、アイルランドの歴史や民族的な
あれそれについてはまったく詳しくありません)
まりもが現地で体験したことを主に書いています。音楽の話題が多めです。

既刊も色々持っていきます。
お預かりしている本は、どちらも在庫が少なめです。
また、前回の記事に書きましたが、今回でお取り扱いを終了する本が
いくつかありますので、是非この機会にご覧になってくださると嬉しいです。

また、前回文学フリマ大阪で新刊だった『都市伝説に会いにゆく』は、
次回新刊を発行する際、お買い上げいただいた方に付録としてお付けする
ことにしました。次回新作の関連作品なので、やっぱり本編と一緒に読んで
いただけたほうがいいような気がしたので。
すでに貰ってくださった方で、新刊をお買い求めくださるご予定の方は、
その旨お伝えくださるとありがたいですm(_ _)m
そのため、今回は10部前後の持ち込みとなります。無料です。

2017冊子表紙

↑クラフト紙に印刷しているので、実際の表紙は茶色になっています。
キダサユリさまにお願いして描いて頂いた絵がとても素敵です!!
ご興味を持って下さる方がいらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いします。

*************

ところで今、巷ではインフルエンザが蔓延しているようですね…(((震)))
今年のインフルは高熱の出ないタイプもあるみたいですので、みなさまもどうか
お気をつけて。
体調の異変を感じたら、早めの受診を心がけてみてくださいませ…!!

ではでは、ご参加予定のみなさま、当日元気にお会いできますように!
どうぞよろしくおねがいします(*^∀^*)v

この記事のみを表示する『みどり芽吹く』とサークル誌について

文芸イベント関連

みどり芽吹く

新年あけましておめでとうございます!
遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくおねがいします(*^v^*)

ツイッターではちょいちょい呟いていたのですが、年末から体調を
崩しておりまして…_(┐「ε:)_
一番ひいてはいけないときに風邪を貰ってしまい、戦々恐々とした
年越しでした…(((いやはや…恐ろしかった)))
めっちゃ気をつけつつ、なんとか自分の中で風邪を完結させることに
成功し、年初から慌しく続いていた諸行事も切り抜け、ようやくホッと
しているところです。

というわけで、文フリ京都の開催日、21日は無事に参加できそうです!!
新刊の発注はできているのですが、それ以外が何もできていないので
これからおしながきなど作ろうと思います~。

まだまだ準備はこれからなのですが、今日は、京都で頒布終了となる作品に
ついてのご案内で浮上しました。

*************

熊本応援チャリティ文章アンソロジー
『みどり芽吹く』
(A5版 86ページ 500円)

長らくお預かりしていたのですが、1/21の文フリ京都をもちまして、
アピアチェーレでのお取り扱いを終了させていただきます。
以前にも簡単な感想を書いたことはあるのですが、改めてこの本について
ご紹介させていただきます。

熊本の地震があったあと、すぐに企画立案、原稿を募集されて、こんなに立派な
本が出来るなんてすごいですよね。本当に直後に企画されていたので、私も
瞬発力があれば参加したかったのですが、ちょっと難しくて^^;
でも、一緒にサークル活動をやっていたなのりさんが参加されたご縁もあって、
お預かりすることができただけでも嬉しかったです。

色んな方が参加されていて、内容も地震に関連したものも多少はありますが、
それ以外にも様々なジャンルの作品が収められています。
「みどり」がテーマなので、爽やかなイメージの作品が多い印象があります。

この本に載っているなのりさんの『緑の御伽噺』という作品が、すごく面白くて
好きです。全編おしゃべりなおばさんがひたすらひとりで喋り続けるという体裁の
物語なんですよ(笑) 改行が極端に少ないところとか、話の飛躍の仕方などが
おばさんのお喋りの勢いをうまく表現していて、すごくリアルな味を出していますw 
(なのりさんはどこでこんな技術を得たんだろう…笑)
そのおばさんが、ちょっと不思議な体験について語るのですが、その内容が
さりげなく不思議で、ちょっと切ない感じがするところも好きです。
なのりさんの作品の中ではちょっと異彩を放つこの作品、是非多くのひとに読んで
いただけたらいいなと思います。

その他にもいっぱい素敵な作家さんが寄稿されていて、どれも面白く読みました!
16篇の作品が入っていて、11名の作家さんが参加されています。
全部に感想を付けられないのが申し訳ないのですが、3つの作品を寄稿されていた
コドウマサコさんの作品が特に気になりました。寄稿作品の雰囲気がどれも違って
いて、どの作品もすごく好みでした。
コドウさんの他の作品も読んでみたくなりました。
そんな風に、アンソロジーは知らない作家さんに出会うきっかけをくれるところも
いいですよね。

チャリティーアンソロではありますが、チャリティーという部分を除いても、手に取って
まったく損はない作品集だと思います。
落ち着いた大人っぽい雰囲気でありながら、それぞれの作家さんの個性が
ぴりっと効いた素敵な短編集です。

京都でのお取り扱いが最後となりますし、多分他の頒布先では完売していて、
現在手に入るのはうちのサークルだけみたいですので、この機会に、是非
お手に取ってみてくださいね。

************

また、a piacere のサークル誌
『絶対温感 2』
『A PIACERE 3』 


2011年・2012年作の、手製本のサークル誌です。
こちらの二作品も、第二回文フリ京都で頒布終了とします。
かなり長い間頒布していましたので、ここいらで区切りとさせていただきます。
どちらも思い出深く、自分の作品も、なのりさんの作品も気に入っていた本なのですが、
何せ手作りの本なので、経年には勝てず…(;_;)
残念ながら本としての頒布は終了することになりましたが、またwebなどで読める
ようにするなど、まりもの作品については何らかの形で公開できるようにしたいと思います。

いずれの本も、少部数の持込となります。
サークル誌につきましては頒価100円となっております。

内容の詳細につきましては、文学フリマのwebカタログをご参照くださいませ^^

新刊やその他の本につきましては、改めて準備ができ次第ご案内させていただきます~♪
どうぞよろしくお願いします!!