猫とワタシ

Wandering Note

創作文芸サークル『a piacere』の活動状況など

この記事のみを表示するはじめに

このブログについて

このブログでは、1次創作文芸サークル『a piacere』の活動情報を中心に、
同人誌の感想やその他雑談を、ゆるゆると綴っています。

***************

『a piacere(アピアチェーレ) 』
西乃まりもの運営する文芸サークル。
大阪・京都の文学フリマを中心に、本を頒布しています。

web作品置き場(カクヨム) 
気が向いたときに随時更新しています。

twitterでも、日々ぶつぶつ。

この記事のみを表示する夏の思い出

熊本のこと

お盆もついに終わってしまいました~
今年も帰省してきました。いやはや、ものすごい暑さでしたが、
九州だけじゃなく、大体どこも同じかもしませんね。

渋滞に巻き込まれたり、色々大変だったりもしましたが、
時間に追われる暮らしをしているので、今年はいつになく
リフレッシュできたような気がします…
ほぼ自分用ですが、楽しかった夏の思い出をここに貼り付けておきます。


kuma2018-5.jpg
鞠智城。7世紀に作られたものの復元みたいです。
7世紀の建物、めっちゃカッコイイな!!!!
今は田舎だけど、昔は最先端の土地だったのかもしれないっすね。


kuma2018-3.jpg
今年から親が田んぼをやっているらしいので見に行ってきました。
今のところ順調な様子。
今年は養蜂まで始めていてびっくりしました。一体どこを目指しているんだ…笑
巣箱を見てきましたが、ミツバチってちっちゃいですね~! 
こんなに暑いのに、めっちゃ働いてて偉すぎます(;∀;)


kuma2018-4.jpg
オクラでかすぎませんかww 
オクラはちょっと放っておくと、すぐにこんなになってしまいます…
丸っこいフォルムなので、多分、島オクラ。


kuma2018-6.jpg
実家のサギソウがきれいに咲いてました^^


kuma2018-1.jpg
友達と市内中心部に出かけてきました!!
お買い物も出来て楽しかった…めっちゃリフレッシュできました(;∀;)
岡田珈琲さんのアフタヌーンティーセット、すごいお得感ありました~!
それにしても、熊本はオシャレな人が多い印象です。

kuma2018-2.jpg
福岡の「ひよこ」のお店の新商品。
箱が可愛すぎて思わずパケ買いしちゃいましたが、
中身もすごく美味しかったです! 
しかしかわいい柄だなぁ。
この柄の布とか紙とか出して欲しい!


kuma2018-7.jpg
最後に、パン屋さんのショーウインドウで見かけたくまモンらしき飾りパン(?)
もう一匹隣にいて、存在感がすごかったので思わず写真に撮ってしまった…笑
くまモン、ああ見えて似せるの難しいですもんね…
(絵を描いてみると必ず微妙な感じになります…)


こんな感じで遊び惚けていて、イベント準備はまるで進んでいません_(┐「ε:)_
ま、まぁ… なるようになるさ… ふふふ…

というわけで、次回はイベント詳細など上げに来ますね………ふふ……… 

この記事のみを表示する次の予定

つぶやき

母の薔薇
また広告が出そうな気配なので、ちょっと浮上しました~!
↑は、めっちゃ昔に撮った実家のバラです。


テキレボが終わってもうすぐ一ヶ月…!!! ギャー
何の言及もせず、失礼しましたっ><
まずは、本をお手に取ってくださった皆様、ありがとうございました!!
そして、お世話になったスタッフの皆様、ありがとうございましたm(_ _)m
ポスカのほうも、たくさんの方に貰っていただけたようで嬉しかったです(*^∀^*)
委託でしか参加したことがないのですが、直接のほうが絶対楽しい
イベントだよな~これ…ってなってます…笑
回を追うごとにますます盛り上がりを見せるイベント、それがテキレボ。
次回は一体どうなってしまうのか!??!???
次回参加がいつになるのか分かりませんが、タイミングが合えば、また
参加させていただきたいです~!!!
お世話になったすべての皆様、本当にありがとうございました~~ヽ(*^▽^*)ノ


さてさて、次の予定は9月9日、第六回文学フリマ大阪になります。
詳細はこちら
堺から大阪・天満橋 OMMビルに会場を移して開催されるということで…!
うちからは堺会場でも意外と行きやすかったのですが、天満橋のほうが利便性は
抜群にいいですよね~!
どんな雰囲気になるのかな、、 楽しみです(*^v^*)


さて、うちのサークルの番号はG-09です。「短編・掌編・SS」のコーナーにおります。
カテゴリはいつも気まぐれに決めるんですが、今回は目の前が見本誌コーナーという、
今までにない場所に配置されるらしく…!
周りのサークルさんはグループ&お若い雰囲気…。う、浮かないかな…(汗)
(((どきどきします…))) 
新刊というか、これから作る予定の無料冊子も、無事に生まれるのかまだ謎の
状態でして…。。。_:(´ཀ`」 ∠):_
頒布物の詳細については、次回更新時にお知らせさせて頂きます。

とにかく、今回の一押しは関西で初頒布となる「摘み草の薗」です。
関西の皆様にも、お手に取っていただけるといいなぁ…(人)

というわけで、詳細はまた後日…!!
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m


猛暑&天候不順の日々が続きます。
熱中症など、ご体調にはくれぐれもお気をつけて~!
楽しいお盆休みになりますように(*´∀`*)

この記事のみを表示する【7/16(月祝)開催】テキレボ7:頒布物詳細

文芸イベント関連

こんにちは!
先週は本当に大変な豪雨でしたが、皆様ご無事でしょうか…!?!??
今日は一転して、快晴…そして猛暑…………。。。。。 _(┐「ε:)_
近頃の夏は、ほんとに生きてるだけで大変な季節になりましたね。。

さて、そんな中ではありますが、イベントが迫っておりますよ~
おさらい+新情報を纏めましたので、ごらんくださいませ!!

7/16日(月祝)・Text-Revolutions7に参加します。
委託参加になります。

webカタログはこちらです。
カタログにちょこっとお試し読みをリンクしましたので覗いてみて
くださいね~♪♪

まずは、委託本に封入するペーパーのご紹介です。

rebon2.jpg

思い立って、こんな感じのもの↑を作りました~(^∀^)v
こちらは、すべての委託本に封入しております。

・ご挨拶
・書き下ろし掌編
・既刊紹介
・近日刊行予定紹介

などが書かれております~!

無料ペーパーの書き下ろし掌編は、300字企画様主催の、
300字SSポスカラリーの参加作品(テーマ:時計)と関連しております。
posca-k-boke.jpg
↑こんな感じのカードになります。
ポスカも貰っていただけると二度おいしい仕様です。無料ですので、是非w



************

おさらいになっちゃいますが、委託本(本体)のラインナップは以下の通りです。


摘み草の薗』 
A5版・600円です。 無料ペーパーのほかに
sonoposca-o.jpg
↑こういうデザインのポスカと、
muryousassi.jpg
↑こういう冊子(関連作品です)を同梱しております。

参加企画は「現代ファンタジーMAP」さまと「花マップ」さまです。

素敵すぎる表紙イラストは、「箱庭製作所」のキダサユリ様です。
中に挿絵も3点描いていただいております。
(ありがとうございます!!!!)

スピンオフ冊子『都市伝説に会いにゆく』は、なくなり次第終了ですので、
この機会に是非!



************


kuuki-soda-omote.jpg

空気をソーダで割る方法
A6版・400円です。

参加企画は「優男まとめ」さまです。
(武藤青司という名前のおじさんをエントリーしています)

こちらには、無料ペーパーと、人物相関図入りのチラシを封入しています。
(チラシ、残り少なくなってきました…。人物相関図があると便利?かもしれないので、
この機会にどうぞ!)



************


jikou-sample1.jpg

旅の恥切り貼り帖 時効ですよ!』 
A5版・フルカラー8P。
無料ペーパー封入してます。
アイルランド(トホホ系)滞在記です。
音楽の話とか、酔っ払いの話とか、家畜さんの写真とかあります。
100円というプチプライスですので、
うっかりお手に取っていただけたら嬉しいです~笑


***********


最後に、300字SSポスカラリーのくじ用に提供した、サークル賞のご紹介です。
bc2.jpg
(本は付属しません。使用イメージです)

一点のみで申し訳ない…。
ブックカバー(手作り品)です。 あんまり上手な縫製ではないです(ごめんなさい 汗)
A6版同人誌専用です。文庫本には窮屈な仕様になっております。


ぐらい、ですか ね…???? 忘れていることはないかな。。
テキレボはお祭り気分が長く続くので、ついに来週が本番なのか、と思うと
非常に感慨深いです(笑)
テーマアンソロや色んな企画もあるので、そういうものにヒントをもらいながら
次の自分の創作に繋がるものを見つけられるところもいいな~と思います。

(((あと、開催前後の飲み会が超絶盛り上がりそう!!!!!! 笑)))

私は会場には行けないのですが、webで開催の様子を楽しませて頂こうと
思います(*^∀^*)  
代行で買った本が届くのも楽しみです♪♪
ご参加予定の皆様、どうぞよろしくお願いします!!!(Ф∀Ф)

この記事のみを表示する『屍鬼』感想

本・漫画・映画

shiki.jpg

こんにちは!
今日は梅雨の晴れ間で、めっちゃいいお天気です。
日差しはきついけど、風は気持ちよくて、なかなか過ごしやすいです。
これ以上暑くならないでほしい…………(酷暑が来るのが怖い…)

さて、ここのところずっと読んでいた「屍鬼」、ようやく読了しましたーーー\(^0^)/
文庫版・全五巻。5冊とも、そこそこ分厚い感じですが、まったく長さとか中だるみとか
感じませんでした。 どの部分も削れない、必要な箇所ばかりだと分かるので。
「村」という閉じられた共同体、そこに住む村民一人ひとりの置かれた立場、それぞれの
個性、考え方の偏り、その発露としての行動と結果、そこから誘発される別の誰かの
行動…、いろんな「必然」が繋がって、小さな村にじわじわとしのび寄る「死」の蔓延、
その過程が恐ろしく緻密に、そして違和感なく描かれています。どこを切り取って
みても不自然な箇所がない。登場人物の人数が尋常でなく多く、どの人も違った
個性を持っているのですが、「分かる」もしくは「こういう人いるよね」という人ばかりで、
この多彩な人物像を捌ける作者さまの度量の深さたるや、並々ならぬものがあります。
人の内面の汚い部分をこれでもかとばかりに暴いていきますが、どのキャラもなんだ
かんだで憎めないんですよね…。
同時に、登場人物はそれぞれこの作品のなかで「役割」を負っています。個別の人間
ドラマとしてリアルであるのと同時に、彼らは作品を動かす重要なパーツにもなっている。
あくまで高度な技術でもって、難解なパズルのピースを少しずつ埋めていくような印象を
受けます。
後半は、屍鬼の側の視点も入ってきて、内容はより複雑で哲学の色が濃くなってきます。
ホラー要素も濃くはありますが、この作品の底にあるものは正義、秩序を是として生きる人の
群れの危うさ、感情に翻弄される人間の弱さ、または秩序から逃れ(あるいは弾かれ)
ながらも、自己であり続けることの孤独、絶望、そしてその先にあるもの。言葉だけでは
理解するのが難しい事柄を、ストーリーを介してきっちりと語ってゆく。その的確さ、問題に
まっすぐに切り込む逃げのない言葉。私のようにあまり観念的な話を解さない人間にも
分かりやすく書いてくれていて、そこがとても良かった。
内容的にはこれ以上ないくらい残酷な描写が続くので、万人受けしないのは分かっている
のですが、怖いのが苦手なので無理、で読まないでいるのは正直勿体無いと思ってしまう、
すばらしい作品です。
(途中から村人よろしく段々感覚が麻痺してくるしね…笑)
例えるなら、遠くから眺めてもすごい絵なんだけど、近くに寄ってよく観察してみると、
本当に緻密に書かれた人の営みが描かれている…みたいな。
マクロでもミクロでも楽しめる、そんな作品です。

……とまあ、ネタバレを避けた感想? はそんな感じなのですが。

以下は、ネタバレ含む感想というか、雑文です。
これから屍鬼を読もうと思っている方は読まないことをおススメしますw




*************