猫とワタシ

Wandering Note

創作文芸サークル『a piacere』の活動状況など

この記事のみを表示するはじめに

このブログについて

このブログでは、1次創作文芸サークル『a piacere』の活動情報を中心に、
同人誌の感想やその他雑談を、ゆるゆると綴っています。

***************

『a piacere(アピアチェーレ) 』
西乃まりもの運営する文芸サークル。
大阪・京都の文学フリマを中心に、本を頒布しています。

web作品置き場(カクヨム) 
気が向いたときに随時更新しています。

twitterでも、日々ぶつぶつ。

この記事のみを表示する第26回文学フリマ東京に参加します!!

文芸イベント関連

osinagaki-2018tokyo.jpg


このあいだ、新学期が始まったと思ったら、もう四月後半とか…(うそだ…)
びびりながらの幕開けとなった平成30年度ですが、今のところ何とか生き延びています。
今までより2時間早起きになりましたが、その分ちょっと朝の時間に余裕が生まれる
ので、慣れてしまうとむしろこっちの生活パターンのほうがいいような気がしてきました。
早寝早起きって、いいもんですね。

と、いうわけで私のGWのメインイベント!!!
5月6日(日)開催第26回文学フリマ東京のお知らせに伺いました~~~\(^∀^)/

おしながきは上のようになっています。
前回で頒布終了したものが多いので、今回は上記のものがメインです。
あとは無料配布のものや、300字SSさまのチラシなどを持っていきます。
(お気軽に貰ってね!!!)

文フリのwebカタログに、各作品の詳細がありますので、気になるものがありましたら、
チェックしてやってくださいませ~~!! よろしくお願いしますm(_ _)m


以下は、今回初めて頒布する新刊についてのお話です。


**********


今回の新刊は『摘み草の薗』というタイトルの作品になります。
コレを書くに至った経緯は色々あるんですが、真っ先に特筆すべきは、
「キダサユリさまに絵を描いてもらいたい!!!」という思いが先にあって
出来た企画、という点かもしれません。
ちょっとしたきっかけがあって、キダさんに次回作の表紙と挿絵をお願い
したのですが(死ぬ気で原稿がんばるって宣言しました確か…_(┐「ε:)_)
当時、内容はまったくの白紙だったという…………。バカかな…。
キダさんの絵が好きすぎたので飛び込んじゃいました。
その場の勢いだけで生きている人間なので、大体いつもこんな感じです_(:D」L)_
よく引き受けてもらえたなぁ。。
(社会的良識のあるみんなは、ちゃんと企画を立ててから依頼しようね!!)
キダさん、ほんまにありがとうございます……(;_;)

そんなわけで、当初はキダさんの絵に合う企画を、と考えていたのですが、
そんな器用なことはなかなかできず、結果、完全にまりも汁150%みたいな
作品になってしまいました^^;
しかも、最初お願いしたときから、色々あって一年半が経過してしまったという…。。。
キダさんには本当に長い間お付き合いくださり、すばらしい絵を描いてくださり、
ありがとうございました(((;∀;)))
私にとって、墓場まで胸に抱いて持っていきたい、特別な一冊になりました(←言い方)

で、『摘み草の薗』の内容についての話なのですが。

一つには、自分の過去作品である『記憶の棲む森』という作品に登場する
龍樹と実花という登場人物の周辺について、もっと掘り下げて書きたかったということが
あるのですが、もう一つは、当時旅先で入手した「宮川村のくらしと薬草」という本が
面白すぎて、この本から着想を得たアイディアを形にしたかった、ということがあります。

「宮川村のくらしと薬草~伝承と体験~」は、三重県の宮川村教育委員会が発行
している本です。地元宮川村一帯の人々に話を聞いて、過去の暮らしぶりや、薬草を使った
民間薬、家庭療法などについての話を詳しく記録した内容になります。
私が家族で時々訪れる旅館の部屋になぜかぽんと置いてありまして、何気に手に取った
その内容があまりに面白かったので、思わず売店で購入して帰りました。
(だって猿の頭の黒焼きの作り方とか載ってるんだもん…ッ)
そののち、松阪市で「本草学者」についてのタイムリーな展示を見に行く機会もあり、
そういうところから着想を得たものも含めて、話をふくらませて書いたものが
『摘み草の薗』という作品になります。

上の要件を融合させ、且つ、キダさんの絵にも合う内容の作品に…できたかは謎なのですが、
表紙だけでなく、作中に描いていただいた三枚の挿絵もとても雰囲気のある素敵なものに
なっています。
3枚ともそれぞれ雰囲気が違っていてとても味わい深い作品ばかりです。
是非そのあたりも見ていただけたらなぁと思います。

ストーリーについては、とりあえず読んでいただければ、と思います。
(注: 猿の頭の黒焼きは登場しません^^;)
ちょっと独特な内容なので、万人受けはしないかも(??)…
どうだろう…正直、反応が予想しづらいところがあるのですが、
面白く読めるのが一番だと思って書いています。今回の作品は特に、
自分の感覚に頼って書いているので、ふわっと楽しんでいただけたら嬉しいです。

とにかくカバーが最高に美しい本になりましたので、是非、会場でじかにご覧に
なっていただければと思います!!!

東京のあとは、7月16日のテキレボ7で委託頒布、9月9日文フリ大阪で直接頒布する
予定です。

まずは! 東京です!! 久しぶりの関東遠征、ドキドキするなぁ。
毎年行けるわけではありませんので、良かったら、遊びに来てくださると嬉しいです^^

アッ、言い忘れていましたが、
連休最終日のため、午後4時前には撤収させていただきます。
日帰り強行軍で今回も行くので、、ヘタレですみません。
午後3時までは確実にいますので、それまでにお越しいただければ幸いです。


ではでは、当日がとても楽しみです。万全の体調で臨みたいと思います。
文フリ東京にご参加のみなさま、どうぞよろしくお願いします~(*´∀`*)

この記事のみを表示する新刊のポスカできました!!!

文芸イベント関連

sonoposca-o.jpg
 
こんにちは~(´∀`)
今週は暖かな日が続くみたいで、ようやく春本番、という感じですね。

只今新刊関連のものを色々と発注しているところなんですが、
いちばん最初に届いたものがこちら!! 
販促ポスカでございます~!!!
某印刷所さんが発注後一日半ぐらいで送ってくれましたw
(5日コースで頼んだはずなんですが…)

100部頼んだつもりが、明らかに注文よりも多いので(数えてはいないw)
お気軽に貰ってやってください~
本をご購入くださった方にはもれなくお付けします♪♪

この絵が表裏一面カバーとなります。A5サイズです。

イラストをお願いしたのは 箱庭製作所のキダサユリさまです。
すごくないですか、やばくないですか…!!!!???????
元々キダさんの一ファンなので、夢なんじゃないか、というか、恐れ多すぎて…
いやもうなんかすみませんっありがとうございますありがとうございます(((平伏)))
挿絵も3枚描いていただきました(やばくないですか…こんな贅沢いいんだろうか…)
生きてて良かった事件ですよ…人生の記念碑的なあれですよほんとに(感涙)
挿絵のほうもどれもめちゃめちゃ素敵です。
是非イベント会場でお手に取ってご覧くださいませ!!

カバーはまだ届いていませんが、つよい印刷所さんに頼んだので、きっと
素敵に仕上げていただけると思います。
表紙カバーのタイトルロゴは縦になるので、ポスカバージョンとは異なります。


sonoposca-ura.jpg

ポスカ裏面です。 ストーリーはこんな感じ。
日本のド田舎の集落が舞台になっています。
爬虫類や虫がお嫌いな方すみません… 時々出てきますが、
基本的にグロさは追求していませんので、(とある場面以外は)
苦手な方でも耐えられると思います。
(とある場面だけはすみませんが読み飛ばしてください…)

田舎には造詣が深いタイプ(笑)なので、舞台設定についてはあまり
苦労なく書いたような気がします…w
内容については、一旦脱稿したんですが、予約するのが遅すぎて
入稿期日までにまだ少し余裕がありますので、ギリギリまでもうちょっと
がんばります…………

sono-posca.jpg

印刷自体はいい感じなんですが、塗り足しが一部うまくいってなかったので
裁断機で調整してからお配りします~~
一枚一枚丁寧にカット中です。 コツコツがんばります(^∀^)v


この記事のみを表示する浮上…

つぶやき

あわわ 広告が出ていたので消しに来ました~

只今、新刊鋭意製作中です!!
新刊発行記念に作ったポスカは来週届くと思います…!

カバーは四月初旬に届く予定なんですが、
本体の印刷をお願いする印刷所さんに予約が殺到している関係で、
本の完成が文フリ東京直前になりそうです…。
果たしてカバーを巻く時間があるのか…(震)

もう少ししたら、文フリ東京の新刊についてのご案内をアップしようと
思います。

okasi2.jpg

たいした内容じゃなくてすみません…(広告を消したかったもので)
昔撮った写真を貼っておきます。。
鳩サブレーの包装紙、かわいくて好きです。

この記事のみを表示するカクヨム版『都市伝説に会いにゆく』

更新状況

2017冊子表紙

まだまだ寒いですが、日差しは春らしくなってきました。
チューリップを今年も植えているのですが、水不足だったのか土不足だったのか
はたまた寒すぎたのか、昨年よりも痩せていて育ちが悪いです。
ちゃんと咲いてくれるだろうか…。。

二月もいよいよ後半です。
今月が28日で終了するっていうことを忘れないようにしないと、突如3月に
入って、謎の追い詰められ感に苛まれるので気をつけます……
今年はとくに、原稿を仕上げないといけないので。


さて、本題ですが。
昨年9月に文フリ大阪で頒布しました『都市伝説に会いにゆく』をwebで公開
することにしました。
カクヨムさまに置いてあります。まだ二話までしか置いていませんが、全四話です。
近いうちに全部読めるようにするつもりです。

次回新刊の関連作品なので、9月に作った紙版の冊子のほうは新刊の付録に
するつもりです。
キダさんに描いていただいた表紙がとても素敵な冊子です。新刊を読んで
くださる方は、是非一緒に貰ってやってくださいね。
(webで読んでご不要だったり、過去に貰ったという方はその旨教えてくださいませ)


こちらから読めます→ 都市伝説に会いにゆく

内容的には結構冒頭がバカっぽいというか(笑) さらっと読めると思います。
遠方の方やweb派の方、もしいらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いします(*´∀`*)