猫とワタシ

Wandering Note

創作文芸サークル『a piacere』の活動状況など

この記事のみを表示する『残穢』感想

本・漫画・映画

gassyou.jpg
諸般の事情のため(?)今回は書影なしで…^^;

小野不由美さんの『残穢』を読みました。

以前何となく買った『鬼談百景』という作品が、読者から集めた
実話怪談が99話載った本でして、この『残穢』が百話目になっている、
という話を聞きまして、それは読まねば! と思ったのが手に取る
きっかけだったのですが、、

読んで思ったのは、すごく変わった趣向のホラー小説だということ。
主人公が作者さまのプロフィールに近い人物(もしくは作者そのもの?)
に設定してあるらしく、実在の人物や、飼っている猫ちゃん(笑)まで
出てくるので驚きました。
作品の形式も面白かったです。ある土地をめぐって、地縁のある人から
聞き取り調査をして得た情報をつなげて広げていく形式になっていて、
時系列もかなり綿密に繊細に書かれています。
平成~明治にかけて、長い時間を遡っていくのですが、その時々で
背景になった時代の空気なども、とてもリアルに描かれています。
主人公自身は、霊的な現象にはどちらかといえば懐疑的な態度を
貫いていて、得た情報についても、かなり理性的な抑制がかかった
捉え方をします。けれど、そんな冷静な人の目から見ても、異常だと
認めざるを得ないような不気味なつながりを見せる怪談話や事件が
次々と明らかになっていき、そのリアリティがとても見事なので、
自分の身の回りでも起こるかもしれない、という恐ろしさを、
読んでいる最中よりも、むしろ読了後に残すような作品になっています。
いやはや、奇書の類に入るんじゃないでしょうか…! 
物理的にこの本が怖くなるという方も多いみたいですよ…^^;
ホラーがお好きな方には超お勧めします~!!
逆に怖い話が苦手なかたは無理だと思うので近づかないでくださいね。


個人的な感想としては、この作品で時々書かれた「穢れ」についての話が
面白かったです。それが仏教の「不浄」と繋がって云々…みたいな、
ちょっとした話がさしはさまれるあたり。
民俗学が好きなので、そういう話はとても興味深いですね。
「穢れ」とは「他者の外面に限定的に存在するもの」であり、祓えるものである、
という日本古来の捉え方は、仏教の「不浄」の概念とは違うものである…、と
いうような話がありましたが、とすれば、神道や修験道とか、あちらの
感覚に近いのかもしれませんね(…そのあたり、ぜんぜん詳しくはないです)

私は人が持つマイナスの想念みたいなものに興味があって、つい、
恨みつらみがどうこうといった陰惨な話を読む傾向に偏ってしまいがちに
なるのですが、そういう「思いの力」が現実に何かの影響を及ぼすことを
書いた作品はすごく気になってしまいます。
だからどうしてもホラーや怪談に引っかかる作品が多いのですが、それは
特に怖いものが好きだからじゃなくて、「思いの力」が及ぼす作用について
書かれたものが好きだから、なんですよね。
怒りや恨みという思念は「祟り」などというものに繋がりやすいですしね~…
強いですよね。
それは特別な話じゃなくて、普通に、何か不安やイライラがあって心が弱ると、
胃が痛んだりすることってありますよね。
あれだって、ある意味自らの中にあるマイナスの想念が及ぼす力なわけで…。
外的に、故意に人を想念で害することができるかどうか(要は人を呪えるか)は
わからないけど、少なくとも、心の状態は体と不可分につながっていて、
それがどこまでどのようにつながっているのかということに興味があります。
科学とは全然別次元の、信用のない怪しげな分野の話ではあるんですが、
そういうものこそ文芸で追及できたら楽しいと思うし、ある意味物語とはそういう
「力」を駆使して書くものだとも思うんですよね~。
何かを読んで感動したり、怖いと感じることも、心の世界の及ぼす作用が働いた
結果なんだろうし。
そういう意味で、ホラーとは、ダイレクトにそういう部分に突っ込んだジャンルなので
私には興味深いわけです。
(怖いものが好きなわけじゃないのが辛いところですが…^^;)

『残穢』は、そういう私の興味にすごく答えてくれた作品で、後半にいくにつれ、
色々納得(?)するところが大きかったです。
自分が持っている感覚に、ぴったりハマるというか、わかる感があるというか。
創作なんでしょうけど、この「わかる」感じがとてもリアルで、書かれていることが
普通のことのようにさえ思えて、その結果、逆に怖さが薄れるぐらいのリアルさを
感じました。
この土地に住んでたまたまひどい末路を迎えてしまった人は、要するにとんでも
ない事故に巻き込まれたのと同じようなものだなー…みたいな印象になってしまった
というか。
人によって「残穢」に影響を受ける人と受けない人がいるところなんか、特に
ありそうだな…、と思います。
一人ひとりの心や感受性などと関係すると考えると、影響の大小は個人差が
大きいと思うし。
そういうやばいモノと周波数が合わないことを祈るばかりです……。
あと、「祓う」ということにちょっと興味が湧きました。
「お祓い」って、どこまで効果があるのかなー(実はあまり信用していない人)
祓ってくれる人の人間性によって効果あったりなかったりしないのかなー、とか。
そっちのほうは全然ぴんと来ないので、今後の課題、といったところでしょうか^^;

ちなみに、この手の話はぜんぶあり得ないし、作り事でしょ、と思って
読まれる方ってどれくらいいらっしゃるんでしょうね。
そう思うのなら、本を手元に置いておくのも怖い! とはならないと思うので
一定数の方はこの「わかる」感じを共有してるのかな、とも思うのですが。
それとも、そういう考えの人は、そもそもこういう本は手に取らないのかな。
あまり日常でそういう話を人としないので(頭おかしいと思われたら困るしw)
どうなのかな~。気になるところです。

いやはや、奇妙な感想になりましたが、たいへん興味深く、面白かったです。
『屍鬼』も大好きなので、小野さんのほかの本も読んでみようと思います~。


この記事のみを表示するちょいと浮上…

本・漫画・映画

oiran.jpg

二月も後半になってしまいました…
そろそろ脂肪の広告が出そうなので、ちょっと顔をだしておきますね…|ω・)

コロナ騒動でマスクが法外な値段で売られてる昨今ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。。
マスク欠品のまま花粉の季節に突入とかどんな地獄ょ…_(:D」L)_
手洗い励行で、一日も早い収束を願うしかない感じですね…。

文フリ京都も終わり、次の予定は9月の大阪だけしかないので、
しばらくはのんびり…のんびりするつもりなのですが、たぶん
あっという間に時は過ぎますよね。。
今は本を読んだり、自分が楽しい原稿をしたりして過ごしています。
本は色々読んでいるのですが、今日は↑のサムネの本について。

たまたまツイッターでこの本の漫画版のプロモが流れてきたので、
読んでみました。
漫画版… なんかちょっと怖いので、原作どうかな、と思っていたのですが、
すごく買ってよかったです。
大正時代、借金のかたに周旋屋に騙されて吉原に売られた春駒さんの日記です。
よく、時代劇や漫画で花魁とか花街のことが出てくるのですが、実際どんな
ところだったのか、というのがよくわかります。
そこで働く人たちの苦悩、社会からの蔑視、お金まわりの詳細、客のあしらい方…
そういう本音のところが赤裸々に描かれていて、面白かった、というのは
憚られるような内容なのですが、気になっていた色々なことにこの本は
答えてくれました。
記録してくださって本当にありがとう春駒さん…といった気持ちです。
あとがきにもありましたが「記録は力」だな、と切実に思いました。
春駒さんが吉原から逃げて頼ったのは、某朝ドラで仲間由紀恵さんが演じた
「柳原白蓮」という女性だったのですね。
(吉田鋼太郎さん演じる九州の石炭王の嫁だった方)
この方のご尽力で、春駒さんの日記が本になったらしいです。
そして80年余りが経って再販されるというこの奇跡…。
先日、「ファミリー・ヒストリー」という番組で、フジコ・ヘミングさんのお母様が
ちょうど同じような時代にドイツへ音楽留学をされていたらしく、都市の富豪と
農村の格差について思わざるを得ませんでした。
フジコさんもお母さまもその後の激変する社会情勢の中で大変ご苦労されたのは
百も承知ですが、なんというか、ベースにあるものの違いがな…凄まじいです。
あと、お金を持っていそうな客との格差も(怒)
インテリのにおいをぷんぷんさせた客のものいいがな。。
昔の日本文学に出てくる男性キャラ(?)のような客が色々出てくるんですよね。
たまに青くさかったり、すかした雰囲気だったり。
こういうのを読んでしまうと、今後、日本の文学作品を読む目にも影響しそうな
気がします^^;
そういう時代だった、と言われたらそれまでなのですが。
この世の中、不条理じゃなかったことなどなく…。。
今だって、さまざまな問題を内包した社会であることには変わりありませんよね。
時代はなかなか進まないな、と思ってしまいます。


ちなみに、色々本を積んでいるのになぜこの本をを最優先で読んだかというと、
今書いてる小説作品の主人公が春駒さんと同業者だからです…^^;
ファンタジーなのでイコールではないのですが、やはり自分の狭い見識や憶測
だけで書けない部分が多く、参考にさせてもらおうと思って。。
でも、そういうことを抜きにしても、すごく読めてよかったし、とにかく春駒さんの
筆力がすばらしく、同じ世界にいるような気持ちで読ませていただきました。
春駒さんが自由廃業されて、ご結婚された後の消息は分からないのですが、
穏やかで幸せな暮らしをされていたらいいなぁ…と祈るような気持ちでいます。。



この記事のみを表示する『屍鬼』感想

本・漫画・映画

shiki.jpg

こんにちは!
今日は梅雨の晴れ間で、めっちゃいいお天気です。
日差しはきついけど、風は気持ちよくて、なかなか過ごしやすいです。
これ以上暑くならないでほしい…………(酷暑が来るのが怖い…)

さて、ここのところずっと読んでいた「屍鬼」、ようやく読了しましたーーー\(^0^)/
文庫版・全五巻。5冊とも、そこそこ分厚い感じですが、まったく長さとか中だるみとか
感じませんでした。 どの部分も削れない、必要な箇所ばかりだと分かるので。
「村」という閉じられた共同体、そこに住む村民一人ひとりの置かれた立場、それぞれの
個性、考え方の偏り、その発露としての行動と結果、そこから誘発される別の誰かの
行動…、いろんな「必然」が繋がって、小さな村にじわじわとしのび寄る「死」の蔓延、
その過程が恐ろしく緻密に、そして違和感なく描かれています。どこを切り取って
みても不自然な箇所がない。登場人物の人数が尋常でなく多く、どの人も違った
個性を持っているのですが、「分かる」もしくは「こういう人いるよね」という人ばかりで、
この多彩な人物像を捌ける作者さまの度量の深さたるや、並々ならぬものがあります。
人の内面の汚い部分をこれでもかとばかりに暴いていきますが、どのキャラもなんだ
かんだで憎めないんですよね…。
同時に、登場人物はそれぞれこの作品のなかで「役割」を負っています。個別の人間
ドラマとしてリアルであるのと同時に、彼らは作品を動かす重要なパーツにもなっている。
あくまで高度な技術でもって、難解なパズルのピースを少しずつ埋めていくような印象を
受けます。
後半は、屍鬼の側の視点も入ってきて、内容はより複雑で哲学の色が濃くなってきます。
ホラー要素も濃くはありますが、この作品の底にあるものは正義、秩序を是として生きる人の
群れの危うさ、感情に翻弄される人間の弱さ、または秩序から逃れ(あるいは弾かれ)
ながらも、自己であり続けることの孤独、絶望、そしてその先にあるもの。言葉だけでは
理解するのが難しい事柄を、ストーリーを介してきっちりと語ってゆく。その的確さ、問題に
まっすぐに切り込む逃げのない言葉。私のようにあまり観念的な話を解さない人間にも
分かりやすく書いてくれていて、そこがとても良かった。
内容的にはこれ以上ないくらい残酷な描写が続くので、万人受けしないのは分かっている
のですが、怖いのが苦手なので無理、で読まないでいるのは正直勿体無いと思ってしまう、
すばらしい作品です。
(途中から村人よろしく段々感覚が麻痺してくるしね…笑)
例えるなら、遠くから眺めてもすごい絵なんだけど、近くに寄ってよく観察してみると、
本当に緻密に書かれた人の営みが描かれている…みたいな。
マクロでもミクロでも楽しめる、そんな作品です。

……とまあ、ネタバレを避けた感想? はそんな感じなのですが。

以下は、ネタバレ含む感想というか、雑文です。
これから屍鬼を読もうと思っている方は読まないことをおススメしますw




*************



この記事のみを表示するドラえもん観て来ました

本・漫画・映画



もう先週になるんですが、CG版のドラえもん映画観てきました!
3D版(初体験!)で観たのですが、メガネonメガネではちょっとしんどかった^^;
空を飛ぶシーンとかは迫力ありましたが、メガネ人間としては2Dで十分だったかも。

私はCGアニメの映画をこれまでほとんど観たことがなくて、元々苦手意識を
持っていた上に、子供のころから馴れ親しんだのドラえもんシリーズのCG版と聞いて
そんなのありえない!とはなから違和感全開だったのですが、それに追い討ちを
かけるように、ト〇タの社長なんかが映画観て泣いてる映像を宣伝に使ってたので
(「泣ける」を宣伝に使われると絶対に観たくなくなるタチです)もう無理、マジ絶対無理と
思ってたのですが、息子がどうしても観たいというので、しぶしぶ連れて行くことに。。

だけどその結果、思っていたよりもすごくよい作品だったので、行ってよかったです(*´∀`*)
ありがとう息子よw

新しく作られたストーリーというわけではなくて、藤子・F・不二夫さんが書かれた原作の
いくつかをうまく繋ぎ合わせて一つの物語に作っている感じでした。
なので、ストーリーに違和感を感じることもなく、よい意味でいつものドラえもんであり、
しかも、ものすごくキレイにまとめてくれていて、ドラえもんワールドの中でも特に重要な
ポイントや世界観がぎゅっと詰め込まれているので、内容も濃くて楽しめました。 
この映画で初めてドラえもんを観る人にも親切に作られていると思います。
やはり海外向きに作られたのかな?という印象は強かったです。

いくつかの話を繋ぎ合わせている割に、すっとまとまった作品になるというのはやはり、
原作の世界観がとてもしっかりしているからだと思います。
この映画を作った方々の、原作者に対する尊敬と、「ドラえもん」への愛を感じました。

秦基博さんの主題歌がまたよくてですね…!
息子もこの曲がとてもお気に入りなので、二人でめっちゃ聴いてます(笑)
どんなにスレた大人になっても、こういう純粋な気持ちを歌っている曲を素直にいいなと
思う心は堅持したいものでありますw

****

追記:
一つ前の記事に拍手ありがとうございました☆☆
めっちゃ長い記事なのに…! 嬉しい!!
書いた甲斐がありましたです~(*^v^*)






この記事のみを表示する「アンダーグラウンド」と村上春樹、そこから続く現在の話

本・漫画・映画

アンダーグラウンド (講談社文庫)アンダーグラウンド (講談社文庫)
(1999/02/03)
村上 春樹

商品詳細を見る



このお盆休みの間、読んだ本について書きましたので上げておきます。
できるだけ分かりやすく簡潔に、と思ったのですが、異常に長くてややこしい内容に
なってしまいました……_(:D」┌)_

こんな長い記事を読む奇特な人はあまりいらっしゃらないとは思いますが、
せっかく書いたので以下にたたんでおきます^^;
気が向いた方だけご覧ください。