猫とワタシ

Wandering Note

創作文芸サークル『a piacere』の活動状況など

この記事のみを表示する第四回文学フリマ京都、ありがとうございました!

文芸イベント関連

kyoto2020.jpg

こんにちは!
寒かったり、そうでもなかったりな日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先週末に開催された第四回文学フリマ京都に、無事参加してまいりました。
まずはお立ち寄りくださった皆様、訪問先でお話してくださった皆様、ありがとうございました!!

当日の設営は↑こんな感じでした。
いつも通りですね。左端にある『ギャラクシィ少年~』が見切れていますが、久しぶりに
二冊持っていっておりました。
実はちょっと忘れ物をしちゃったので、本来と若干違う設営なのですが、まあ…、うん、
ほぼいつも通りですね!!!(芸がない)

右上にぶら下げているのは、今回作ったチラシです(笑)
字が小さすぎて読みにくかったかも。顔を近づけて読んでくださっていた
方がいらっしゃって、あわわすみません…! ってなりました。
次に何かぶら下げるときは、もうちょっと見やすいものにしようと思います。
また、今回、値札ラベルを新調しました。一言ずつ推しポイントを書いて
みたのですが、たま~に参考に見てくださってる方がいらっしゃったようです。
でもまぁ、最近の傾向としては、大体の方は事前チェックしてから来られるので
今回も、見本誌コーナーから直行、もしくはカタログを見て、という方がほとんど
でした。通りすがりのお買い物の方は以前に比べると減ったなぁと思います。
今回は特に、本を見てくださる方に作品の説明をする機会が少なかったです。

文フリ京都全体に対する印象としては、今回、すごく盛況だったと思います。
時々通路に渋滞ができていてびっくりでした…!
あまり全体を見渡せてはいなかったのですが、最初から最後まで賑わって
いたんじゃないかな。
あとはそうだな…、これは運営様宛のアンケートに書けたらよかったのですが、
見本誌とチラシを置くスペースが狭すぎてちょっと困りました。所定の場所に
見本誌を置きにいったら、すでに机の上が埋まっていて、しばらくどうしよう…
と思案しちゃいました。 結局無理やりねじこみましたが…(>_<)
次回は、もうちょっと広くスペースを取ってもらえたら嬉しいです。
会場が暑い問題は、もう慣れたというか分かっているし、寒いよりは全然
いいので(=寒がり)、今後とも服装で対応するつもりです…
(会場を出た瞬間、毎回すずし…!ってなりますw)

今回は有料の新刊がなかったので、立ち止まってくださった方には容赦なく
『ぼなぺち!』と掌編ペーパーを配りまくりました。みなさん快く貰ってくださり
大変有難かったです~(;∀;) 
新刊がなかったのを考慮すると、頒布数自体は大体いつも通りな感じだったと
思います。 どの本に集中するということもなく、いいバランスでお手に取って
いただけました。
お買い上げくださった皆様、本当にありがとうございました!!!
 
前回の大阪あたりから気分的に少し疲れていたので、今回はあまり深く考えずに
いこう、ぐらいの気持ちで参加してみました。本も少なめに持ち込んで、ご挨拶したい
方のところに行ってゆっくりお話させていただいたりして。とても楽しかったです。
後半はおかきを配りまくるおばちゃんになってましたw 飴ちゃんもスタンバイ
してたので配りたかったのですが、おかきを勧めることに必死で、そっちまで
配る余裕がなかったです_(:D」L)_  そこまで必死になっていたにもかかわらず、
おかきを配り忘れた方が数人いたので、それが心残りです…
次こそは配り忘れのないようがんばります…!!!
(多分目指す方向を間違えている)

差し入れなども色々ありがとうございました。散々押し付けといてこんなこと
言うのもなんですが、お気遣いなくですよ…! おばちゃんの気遣い合戦みたいに
なっちゃうと果てがなくなるので、ほんと…お気遣いなくです…!!!!
肉肉しいおかずまで頂いてしまい、恐縮しきりです。 大切にいただきますね…!

お買い物は、現在本を積みすぎてるのもあって、今回は遠方からお越しで、
次回手に入れられるか分からないもの優先でお買い物させていただきました。
時々、初めての作家さまの本も。今回お隣だった山城よるさんの短編集を
購入させていただきました。売り上げ全額オーストラリアの火災のために寄付
されるとのことで…(ノ∀;) 
コアラの話や、ベトナムや台湾の旅のお話、アンソロジー本の話などを
聞かせていただいて、とても楽しい時間を過ごせました。 
よるさん、ありがとうございました(*^∀^*)

今回、というか、年末あたりから作品に対するご感想や応援のお言葉を頂き、
いつも読んでくださる方のお気持ちやお言葉がこんなにも嬉しく、励まされる
ものなんだなぁとしみじみありがたい気持ちでいっぱいになっています。
これからも一緒に楽しんでいただけるものを丁寧に作っていきたいと思えるような、
とてもいい時間を過ごすことができました。
お話してくださった皆様、本を手にしてくださった皆様、本当にありがとうございました!!
 

さて、次回のイベントは9月開催予定の文フリ大阪になると思います。
まだ申し込んでいないのですが、近々申し込むつもりです。
新刊は何になるか未定ですが…、年末にやっと我が家にプリンタが来ましたので、
今のところ、『時効ですよ!』 のアジア編を作るつもりでいます。
アジアって言っても、中国とタイしか出てこないですけどね…^^;
古い話になっちゃうんですが、よければお付き合いいただけると嬉しいです。

その他、今年は水面下でやりたいことをのんびりボチボチやっていくと思います。
気まぐれな活動ではありますが、これからも出来る限り書き続けていきたいと
思っていますので、ぬる~くお付き合いいただければ幸いです。
今後とも、どうぞよろしくお願いします(*^∀^*)  


この記事のみを表示する第四回文学フリマ京都に参加します!

文芸イベント関連

osinagaki-2020kyoto.jpg

こんにちは!
寒さが厳しくなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
職場の方のご家族やうちの家族の周辺にインフルエンザが急速に
蔓延し始めてドキドキしております。。。

毎年雪だのインフルだのでドキドキのピークにセンター試験を受ける
受験生のみんな…お疲れ様です…! ほんとなんでこの時期に試験本番…?
って感じですよね…。。 どなた様もつつがなく受験できますようにお祈りします。
私は受験生の皆さんが試験を受けるこの時期に、毎年文フリに参加するため
京都を訪れるわけですが…^^;

と、いうわけで(???)
今年もやってまいりました、第四回文学フリマ京都!!!

おしながきは↑の通りです。
可愛げのない品書きやな…もっとやる気だせや って言わないで…_(:D」L)_

前回の大阪までお預かりしていた、象印社さまの空想のまちアンソロジー
『ぼくたちのみたそらはきっとつながっている』は、当サークルでの取り扱いを終了しました。
函入りバージョンの在庫が象印社さまのお手元になくなったようなので、当方での取り扱いを
終了しちゃったのですが、アナウンスしてから終えたほうがよかったかな。
もしも購入をご検討くださってた方がいらっしゃったら、申し訳ありませんでした。
象印社さまでは引き続き頒布されると思いますので、今後とも、どうぞよろしくおねがいします!!


有料の頒布物は、前回大阪で出した留雄の「はじめてのおつかい」が最新です。
京都では初めて取り扱います。
軽く読めるコメディタッチのプチプライス本なので、よかったらうっかりお手に
取っていただけたらと思います~!!! 留雄がかわいいよ!!!!

その他のものも色々推しポイントあるんですが…
今回、値札ラベルを新調したついでに一言ずつポイントを書いた(オレンジの文字の部分)ので
よかったらそちらを見て頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします↓値札ラベル
あっすみません! 「ぼなぺち!」は奥付込み14頁です(汗) 説明書きはおしながきと重複しています^^;
今回、しれっと『ギャラクシィ少年の社会見学記』を復活させてます。
二部ありますので、どなたか… どうぞよろしくお願いします!



今回初めて作ったものは、俺のグルメ掌編集『ぼなぺち!』になります。
手のひらサイズの14頁、無料です。
bonapeti1.jpg
表紙と裏表紙。
bonapeti2.jpg
中身はこんな感じです。6編収録しております。

タイトルは…
1.引継ぎ事項
2.深夜のカロリー娘
3.次へのバトン
4.プライドオブ関西
5.オレの昼ごはん
6.旅の終わり
 
…です。 どれも2015年に書いたもの(多分)なんですが、今読み返しても
楽しかったです。 食べ物がテーマって身近なだけに、色んなテイストの
ものが作れるので面白いですね。
いっぱい…いっぱいできちゃうので…
ぜひ貰ってやってください…(震え声)
よろしくお願いします。


↓あと、チラシと、その裏に書いた掌編もありますので、よろしくお願いします。tirasi2020.jpg

裏の掌編は、『いちばんの宝物』というタイトルになっています。
このお話、年末頃にこのブログで騒いでいた私の過去作品『暁の歌』という
物語のスピンオフ掌編なのですが、誰一人名前さえ出てこないし、完全に
これだけで読めるようにしてあります。
一応ファンタジーなんですが、世界設定とかそんなに関係ないし、
あんまりそんな雰囲気ではないかも。 ちょっとした海辺でのエピソードです。
一応、本編終了後、かなり経ってからのお話になっています。
本編の主人公が山にしか行かなかったので、一度海を見せてあげたい
と思ったのと、こんな未来があればいいな、という思いを込めて書いてみました。
内容的にも、書いた本人は気に入ってます。
こちらも大量に刷りましたので…是非…貰っていただけたらありがたいです…(震)

というわけで。
今年の文フリ京都、どうなるかわからずドキドキしていますが、楽しい1日になることを
願っています。
あとは健康でつつがなく参加できれば上等かな、と。
当日ご参加予定の皆様、どうぞよろしくお願いします!!!






この記事のみを表示する今後について

文芸イベント関連

uraniwaflower.jpg

こんにちは!!
11月も半ばに入り、少しずつ寒くなってきましたが、いかがお過ごしですか??

ぼんやりと過ごしているうちに、気付けば年末が近くなってきました。
最近、昔に比べて日々が体感1.5倍速で過ぎていってる気がする…
年々老いを感じます_(:D」L)_

イベント関連のことも何も進んでおらず、色々難しさを感じています。
ツイッターで色んな人の呟きを日々目にするのですが、あんまり色々見すぎて
しまい、「こういうことを書いたら、不快に思う人もいるかも」と考えることが多く、
書く前から×をつけてしまう、ということが増えたような気がします。。。
既存の価値観や常識が大きく変わろうとしている現在、ある程度の覚悟を
持たないとものを書くことはできないなーと思うところ多々です。
それは今に限らず、いつの時代だってそうなんだけど、近頃顕著にそう感じますね。
要するに、私にはそういう覚悟が足りないんだろうと思います。


2020年1月開催の文フリ京都は入金済みなので、もしも何も用意できなかったと
しても参加はしますが、その先どうするかは未定です。
多分、9月の大阪には出ようか…な? と思っているのですが、このまま新しい
ものが書けなければちょっと困るなぁ。。。
まだ大阪についてはかなり先なので(とはいえ、最近文フリの募集、めちゃ早くないですか!?)、
今結論を出すことではありませんが。。

既刊を送り出す機会が必要なので、まだしばらくは何とか続けて行きたい気持ちはあります。
イベントとの向き合い方とか、自分が今後どういう風に活動していきたいかなど、
ゆっくり考えて、先のことを決めていこうと思っています。









この記事のみを表示する第7回文学フリマ大阪レポート(2019/9/8) 

文芸イベント関連

bunhuri-osaka2019.jpg

こんにちは!
昨日、第7回文学フリマ大阪が無事終了しました~~!!!
本をお手に取ってくださった皆様、お話してくださった皆様、
本当にありがとうございましたm(_ _)m
疲れていてぐったりなのですが、これを書かないと先に進めないので、
他のことは置いておいて、レポートを先に書くことにします~。

台風が接近する中、どう動くのかなと思っていましたが、大阪直撃は免れましたね… 
そのかわり、関東方面の方の足が大変になったので、万歳!!逸れた!!!
とはいえないのですが(>_<) 
関東から参加された皆様、本当にお疲れ様です。
無事のご帰宅をお祈りしています。

さて、当日のブースの様子は↑のような感じになりました。
大体いつもと同じなんですが、今回は無料配布品がポスカセット2種と、しおりだけでした。
チラシとかフリペがついに底を尽きてしまい…
(横長冊子はまだありますが、留雄の本を買ってくださった方用に残しています)
これいつなくなるねん…って思っていたので、嬉しいっちゃ嬉しいんですが、本以外に
お渡しできるものがあったほうがやっぱりいいなぁ、と思いました。
(購入した本以外の付属物を勧めると煩わしく思われるのでは、といつも心配に
なるのですが、少なくとも足を止めてくださったのだから、何らかの興味を持って
いただけたと思いたい…です…^^;)
また、次回何かのフリーペーパーを作ろうかなと考え中です。
気長に配れるようなものを何か… 京都までに考えたいと思っています。

さて…何から書こうか…
ぶっちゃけ、今回はあまりご新規さんに恵まれず、ちょっとトーンダウン中です^^;
新刊、準新刊がキャッチーじゃなかったからかな。影絵の表紙のもの(笑)があんまり出なくて。。
あと、新刊タイトルが長すぎて、児童書みたいな印象になってしまったのがアレだったかも。
やっぱり表紙の力、大きいですよね。通りがかった方には、『摘み草の薗』が一番見てもらえました。
前回と前々回が、結構一見さまに多く見てもらえたので、ちょっと残念だったのですが、
今後の反省として、色々と足りなかったところを考えて、外側も含めて総合的に魅力的な
本作りができるようになればいいなぁと思います。
(形になるのは、多分半年とか一年後になると思います^^;)

…うん、でも、しっかりした内容のものを作れるようになることが、長い目で見て一番大事
なのは知っているので、自分がいいと思うものを、今後もぶれずに書き続けていきたいと思います。

そんなわけで、色々反省モードではあるんですが、その分、いつも来てくださる皆様に
めっちゃめちゃ勇気付けられましたあああああ~~(T∀T)
本当に、皆様いつも楽しいお話をありがとうございます!!!!! (((T∀T)))
家族以外のお友達との楽しい会話…これがあるからイベントはやめられないのよ~~~
(急にテンションが上がるw)
いつもよりは比較的ゆっくりお話できたかな…? と思います。 どなたさまとのお話も
とても楽しかったです。
ほんとはもっと、オフ的な場所でゆっくりあんな話やこんな話をしたいんですけどね…笑
お付き合い頂けるかたがいらっしゃいましたらまたぜひ誘ってやってくださいませ…
ダークサイドまりもが見られるかもしれません…(こいつ…腐ってやがる…的な)(見たくない)

戦利品は、朝イチと午後に分けて買いまわったおかげで、大体無事に入手できました。
ひとつだけ、15時到着のサークルさん(つよすぎるw)がいらっしゃって、そこだけ買い逃し
ちゃったのが残念ですが^^;
皆様ありがとうございました。 またゆっくり読ませていただきますね~!!

全体としては、盛況だったんじゃないかなと思います。
可愛いお子さまがしおりを貰ってくれたり、お隣の方と色々お話をさせていただいたり、
嬉しかったこともいろいろありました。
久しぶりにまったりとした気分で過ごせたイベントになったなーと思います。
あんまりガツガツ売る必要もないので、このくらいのペースでも全然いいのですが、
改善点はきっちり洗い出して、もうちょっとがんばったほうがいいな、と思う回になりました。

あっ、300字企画さまからお預かりしたポスカは完配できました!!!!
それだけでもほんとよかった…( *˘ω˘*) 便乗して自分の分も配っちゃいましたw
貰ってくださった皆様、ありがとうございました!!!

思えば、今年の年始あたりには全然書けずにつらい気持ちになっていたので、
その頃からすれば随分元気に活動できていると思います。
書けてるだけで丸儲け精神で、今後もがんばっていきたいと思います~(^ω^)v

次の予定は1月の文フリ京都です。
多分、秋にはプリンタが来ると思うので、時効ですよ! のアジア編を(満を持してw)
出そうと思ってます~。
並行して、来年5月あたりの発行を目標にした作品に取り掛かりたいと思っています。
こちらを秋冬の間なるべく集中して書きたいと思うのですが、どうなるかな。。
余力があれば、秋のペーパーウェルさんで何か出すかもですが、デザインセンスが
つらいことになっているので、どうなるか未定です^^;何か生えたら即書き付ける気は
満々なんですが…。ドンと来いって言ってたのにそんな感じで申し訳ないです_(:D」L)_

さっくり書くつもりが、長くなってしまいました(いつものことw)
今後もぼちぼちゆるゆる進めていけたらと思っています。

ではでは、どなたさまも、お疲れ様でございました!!
またどこかで見かけることがありましたら、お気軽にお声掛けくださいませ。
今後とも、どうぞよろしくお願いします(*^∀^*)












この記事のみを表示する第7回文学フリマ大阪に参加します

文芸イベント関連

osinagaki-2019osaka.jpg

みなさんこんにちは!!
8月があと少しで終わろうとしていますね。
夏も盛りも越えた感じで、少しホッとしています。
今年は盆に帰省せず、涼しいところに旅行に行ったりしましたので、
昨年に比べたら元気かもしれないです。
7月中盤までは涼しく過ごせたのもありがたかったです。

さて、『第7回文学フリマ大阪』が迫ってまいりました。

開催日時:2019年09月08日(日) 11:00〜17:00
開催場所:OMMビル(京阪電車天満橋駅/地下鉄谷町線天満橋駅直結)
公式サイトはこちら

関西圏の方はもちろん、遠方からお越しの方にも(新大阪駅方面からの)アクセス
抜群です…!!ほんまにスッと行ってスッと帰れる!! 便利!!!!!!!

今年で7回目の開催…ですと…!!??!!??、月日早ッ…! 
私は全部参加してると思います。
大阪はホームグラウンドみたいな感覚になりつつあるのですが、大阪で大きな
新刊を作れないのが実は悩みの種で^^;
どうしても、夏は厳しくて。冬か春のほうが作りやすいんですよね。。
春から夏にかけてが何かと気忙しいことが多いもので…。
そんな中、今回は(無料配布ではない!)新刊をご用意しましたので、是非お手に
取っていただければと思います~。

というわけで、まずは新刊のご紹介です(*^▽^*)ノ

tmo2019-hyosi-2.jpg
↑表~裏面の全体図はこんな感じになっています。 秋色…(まりもカラーともいう)

箱入り猫・留雄の はじめてのおつかい
48頁、200円です。 お手頃価格ですし、軽く読めます。 私の中ではコメディ扱いです。
(爆笑ってわけじゃないけど、肉おばちゃんとかあんな感じで? 時々にやっとする系です)


昨年の大阪に合わせて作ったこういう↓横長無料配布冊子があるのですが、
これがあまりにも短くて尻切れトンボだったので、この冊子の続きの物語を
書きたくて今回形にしてみました。
tomeo.jpg
夏の疲れを感じさせる、シンプルすぎる表紙…_(┐「ε:)_
全然気づいていなかったのですが、新刊タイトルのフォント、横長冊子と同じものを使ってました(笑)
この横長冊子、発注数の関係で大量に出来てしまったので必死で配りまくった結果、そこまで
在庫ふんだんというわけでもないかも…なのですが、パッキングしたものを解いたら多分足りると
思います。
冊子のほうは無料ですので、お持ちでない方は是非一緒に貰ってやってくださいませ~!

去年配布した冊子の主人公は成田穣二というおっさんで、家に帰ったら突然知らない猫が
謎の踊りを踊っていて…みたいなストーリーだったのですが、今回は、逆にトメオ(留雄)目線で、
この成田宅へ乗り込むことになった経緯などを詳しく書いてみました。
留雄が何のために都会に来たのか、どのようにして成田の家にたどり着いたのか。
そして何故踊っていたのか…(笑) 
人間世界とは違うところで互いに協力しながら暮らす、不思議な力を持った生き物たちの
物語です。

新刊の冒頭のお試し読みはこちらまで!

留雄=化け猫一家の末っ子、ではあるのですが、この話ではあんまり「妖怪」的なイメージは
ないです。いや、怪談も書いてみたいんですが、私が書くといつもそんな雰囲気じゃなくなって
しまい…つらい…。 怖い話も好きなので、ぞっとするような話も書けるようになりたいです。

ちなみに、全部をつまびらかにすることができず、一部まだ語り残したこともありますので、
今後またこの留雄シリーズで本を作ると思います。または、web上のイベントなどで書いたり
することもあるかもしれません(が、それはまた別の話…)

その他の作品につきましては、散々過去のイベント告知で語っていますので、良かったら
過去記事もご参考にしていただければ嬉しいです。
(ブログタイトル下にある「category」をクリック⇒『文芸イベント関連』をご参照ください… 
雑ですみません)
また、文フリ大阪の公式カタログにも、作品紹介を載せています。
お試し読みも置いていますので、是非ご参考にしていただければと思います。

第7回文フリ大阪カタログはこちらです。

なんか、新刊をご紹介して力尽きた感がありますが…、実は大阪初登場の本がもう一冊あります。
佐伯家の一週間』も、大阪では初売りになります。
がっつり読める290ページ!!! 
まあまあのボリュームのお話が三つ入ってるし、ページ数換算すると、絶対お得だと思う。
内容もあんまりふわふわしていなくて、ハード(当社比)な作品が揃っています。
昨年、(心で)血を吐きながら頑張って仕上げましたので、こちらの本もどうぞよろしくお願いします!!!

というわけで。
既刊も色々宣伝したいのですが、きりがなさすぎるのでこのあたりで…(;∀;)
いつものように、ひとり参加です。今回は会場が午後のまったりタイムに突入してから
お買い物に出ようと思っていますので、午前中~お昼にかけてはブースに座っているつもりです。
どなたさまも、お気軽にお立ち寄りくださいませ。

ではでは!!
当日ご参加予定の皆様、どうぞよろしくお願いします~ヽ(*^∀^*)ノ