猫とワタシ

Wandering Note

サイトのお知らせ&雑談中心です。

この記事のみを表示する赤目の滝と『水域』

つぶやき

akame1.jpg

九月も後半に入り、大分涼しくなってきましたね^^
バテバテで家にこもっていた夏を取り返すべく、先日の三連休に
ちょいと山歩きしてきました♪
赤目四十八滝という、滝がいっぱいあるところです。
何年か前に寺島しのぶさんが主演で映画化された『赤目四十八瀧心中未遂』
って作品、ありましたよね。
私は観たことがないのですが、あの作品の舞台になったところです。

水がすごく澄んでいて、とても気持ちのいいところでした。
上の写真のような滝がところどころにあるのですが、その滝が、漆原友紀さんの『水域』
という漫画に出てくる滝壺のイメージそのもので…!
『水域』に出てくる滝壺は、ダム建設のために村といっしょに水没してしまったのですが、
そこには龍神さまが住んでいたんですよね…。

漆原さんといえば『蟲師』が有名ですが、蟲師にも、水を扱う作品がいくつか出てきます。
この方が持っている自然へのまなざしが大好きなのですが、水のイメージがとりわけ好きです。
赤目で見た水が、すごく漆原さんの作品の中の水のイメージにピッタリだったので、今日
たまたま目に入った『水域』を再読してみたのですが、やはりすごくいい作品で(;;)
ああいう場所は、汚しちゃだめだ、大事にしなきゃいけないなぁとつくづく思いました。


akame2.jpg

滝への入り口にオオサンショウウオセンターがあるのですが、そこの水槽にいらっしゃったお方。
多分推定50歳だったかと…。
もさっとした動きと、つぶらな瞳が可愛かったです(*´∀`*)


この記事のみを表示する微妙ですが。。。

つぶやき

feltc.jpg

光浦靖子さんの「男子がもらって困るブローチ集」という本を先日購入しまして。
そこで紹介されてた手作りのフェルト人形がとても可愛かったので、よっしゃ私も挑戦じゃ!

…と、思ったら、写真左のような、犬とも猫ともつかない謎のマスコットが
出来上がりました…(;´д`)コ、コンナハズジャ…orz
微妙なビジュアル…お世辞にも可愛いとはいえないw
でも、針をブサブサと刺していくうちに湧いてくるこの愛着は何だ…!!??

というわけで、すごく楽しかったです(笑)

小学生の頃から家庭科全般、中でも特に裁縫ができなくて、算数と並んで
苦手意識しかなかったのですが、この羊毛フェルトは型紙がいらなくて、修正しながら
形を作っていけるところが楽しいです。
型紙のようにきっちりとした設計図があって、最初につまずくと後々ひどいことに
なるっていうタイプのものは、がさつな自分にはホントにハードルが高くて;;
それでもお人形好きだから、時々無理して裁縫はしますが、大体はまぁ、どこかしら
失敗しますよね…苦笑

****

なんでこんなことをし始めたかといえば、ぶっちゃけ他のことが進んでないというのも
ありまして(´_ゝ`)
日々の生活に関わる以外のこと、文章とか、音楽とかお人形とかも含め、趣味的なことが
途切れてしまうととにかくすごく鬱々してしまう性分で。
中でも文章のものはつまずきやすく、凹みやすいです。
趣味を分散してると、一つが停滞したときに違うほうに走って精神の安定をはかれるという
利点は実際あります。そうなるとそれぞれの上達の道のりは遠くなるけれど、
それよか精神衛生のほうが大事というか、切迫した問題なので><
そんなわけで、羊毛フェルト人形の作り方を知り興味を持ったのが幸い(災い?^^;)し、
ぶさぶさとフェルトを刺しつつ、こころの安定を図っております(´ω`)
当分は微妙なビジュアルのものを量産しながら、書けそうになるタイミングを
計っていくことになりそうです(笑)



****

先日、一つ前のブログ記事に拍手ありがとうございました~♪♪ヽ(*´∀`*)ノ♪♪



この記事のみを表示する立ち止まる九月

doll

aya-gr.jpg

久しぶりに彩たんを撮ってみました。
彩さんは撮るのが難しくて、なかなか気に入った写真が撮れないです。
手持ちの紺の地味服で、目新しさもなく失礼します><
こういう恰好も好きですが、こないだ買ったおさげウィッグに似合う
可愛い女子服とかも新調して着せてあげられたらな~^^;

****

やっと夏の暑さも一段落し、少し涼しくなってきて嬉しい限りです^^
新学期も始まり、色々なことをやりたい気は満々なのですが、
どっちを向いたらいいかわからず立ち止まってキョロキョロしてる今日この頃…^^;
昔の海外ドラマにはまったり(詳細はツイッター参照w)、本を読み齧ったり
しながら、次のことを考えつつぼやぼやと過ごしています(;´ω`)

上げようと思っていた桧山荘のお話も、なんだか色々と足りない気がして、
アップできないままで…元々何年もお蔵入りしていた作品なので、
難はどうしてもあるわけですが。きちんと完成するのはもう少し後になりそうです。

その他来年のイベントの方向性もまだ模索状態で(;;)
とにかく手が遅いタチなので、なるべく早くにどっちを向いて作っていくかくらいは
決めておこうと思います(;´ω`)