猫とワタシ

Wandering Note

サイトのお知らせ&雑談中心です。

この記事のみを表示する第二回文フリ大阪感想祭り☆その2

文芸イベント関連

kansou2014-2.jpg

前回の感想をお読みいただいた皆様、ありがとうございました♪
まだまだ続きますよ~!
今回は、柳屋文芸堂さまの作品についてです。

長いので、以下にたたみま~す(^∀^)ノ


この記事のみを表示する第二回文フリ大阪感想祭り☆その1

文芸イベント関連

kansou2014-1.jpg

楽しかった大阪文フリから少し経ち、余韻に浸るまもなく秋の気配…
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
東京では本の杜、コミティア、そして文フリ東京など、続々とイベントが
目白押しですね。いいなぁ~楽しそう><
私も参加したい!などと思いを馳せつつも、当分は粛々と
やるべきことをやっていく、そんな日常を過ごそうと思ってます。

そんな平凡な日々ではありますが。
「家に帰りつくまでが遠足」なら、「買った本を読むまでがイベント」!
ってわけで!!
今年もやりますよ~第二回文学フリマ大阪☆感想祭り!!! \(^∀^)/

今年はあまりたくさんの本が買えなかったのですが、その分
読んだ本について粘着質に…い、いえ、丁寧に、書けたらな~と思っています。
連続して上げられるか分からず…、次の作品の感想まで、ちょっと間が
空いてしまったりするかもしれませんが。
お付き合いのほど、どうぞよろしくお願いします(^v^)ノ

第一弾は、マゼンタ+冬青さまの2冊の本についてです♪
毎回のことですが、とっても長いので、以下にたたみます^^;


追記:
前回のイベントレポ&今回の記事に拍手ありがとうございました~(*^∀^*)ノ

この記事のみを表示するイベントレポ@文フリ大阪2014

文芸イベント関連

bunhuri2014.jpg

ブース全景写真。
反省事項多いです^^; 白っぽい本に白系の布だと本が目立たないし、POPの文字が小さすぎて読みにくい^^;;
要改善…!!

9月14日大阪堺で開催されました「第二回文学フリマ大阪」、無事終了しました!
お立ち寄りくださった皆様、ありがとうございました!!!!!!

今年は、去年たまたまお隣だった柳屋文芸堂の柳田のり子さんと合体で出させてもらい、
とても楽しい時間を過ごせました!
もう、当初の目的(同人本の頒布)を忘れてしまうくらい楽しかったですw <それもどうよ…

柳田さんは文フリが秋葉原でやっていた頃から参加されていらっしゃるベテランなので、
とても顔が広くていらっしゃって、柳田さんに色んな方が会いにやって来てくれていて、そのお話を
隣で聞いているだけで面白くて、「ふむふむ、イベント参加ってこんな感じなんや~」とど素人丸出しで
聞き入ってしまいました(笑)
素人なのに一緒にやらせてもらってスイマセンって感じですが、色々お話を聞かせてくださり
とても参考になりました~。今でも分からないことが多いので、ありがたいですホント!

今年は、ブースに立ち止まって色々と話をしてくださる方が多くて面白かったです。
母校で非常勤講師をされてる方が来られて、「G号館知ってる?」「H号館知ってる?」と盛り上がったり
(どっちも知らない^^; OBに寄付募りまくってどんだけ建て増しすんねんあの大学…笑)
やっぱり、柳田さんと一緒に出られてよかった。一人ではこうはいかなかったとおもいます。
というか、今年も立ち止まってくれた方にうまく話しかけられなくて、モジモジする場面多数で^^;
(成長してない…) うーん、難しいなぁ。

この前の冬にくまっこさま主催のアンソロジーに出させてもらって、今回委託頒布させてもらったのですが、
それもあって、とても充実感でいっぱいでありました(アンソロ本、いっぱい買ってもらって嬉しい!!!)
うちの本に関してはどうだったんだろう…(ちょっと上の空みたいになっててあまり把握できてない^^;)
いつもよりは良かった気がします。
今年、私は短いお話の小さな本を出したのですが、大阪のお客さんは、思ったよりもがっつりと
重厚なものを読みたい、って人が多いみたいだな~、という印象を受けました。
柳田さんも同じようなことを言っていたような気がするので、気のせいではないと思いますw
笑いに厳しい土地柄でお笑い系の本を持ってくるってのは、ある意味チャレンジャーなのかも
しれないです(笑)
いやでも、この『肉おばちゃんと僕』という小さな本にも、読んでくださった方から優しいお言葉を
頂戴して、とても嬉しかったのです(ノ∀;)
頑張って製本した甲斐がありました!ありがとうございました!!


今年持ち帰った本についてですが、あまりたくさん買えなかったのですが、中身が濃い、
すごい面白い本が多いです!!
じっくり読んで、感想しっかり書かせていただきます。

私の同人本の読み方の流儀として、「対面で、作者の方とお話してから買う」というのがあって、
「あの人が書いた本」というところを頭に置いて読む、というのをモットーにしています。
そうすると、本だけで読むのとは全然違った読み方ができるというか、その本がより魅力的に
感じるからです。こういう読み方って邪道なのかな、と思うところもあるんですが、
書店で買う本では出来ない読み方で、こういうイベントならではの良さを感じたくてそういう風に
しています。
だから、もし通販で気になる本を売ってくれていても、「いや、この方とは直接お話できてないから」と、
どうしても手が伸びないんです^^; 私が他地域に行けたらいいのですが、なかなか厳しいので、
勝手なお願いではありますが、遠方のみなさま、事情が許せば観光がてら、ぜひ大阪に
参加されてくださいね~!
文フリ大阪がこれからも消えることなく、末永く存続しますように!!!切に願っております。

あと、個人的お礼など。

マゼンタのあずみさん、開場直後に「なくなったら困るから!」と来てくださって(そんな人気サークルじゃない
ので無問題ですよ~><)、しかもすぐに読んでくださって、その上開場中に感想をツイートしてくださる
なんて、神なのっ?神なんですかあずみさんっっ!?(滂沱) 本当にありがとうございました!!!!!
あずみさんの本、読了しております。近々感想祭りでその辺りのこともじっくりと書かせていただきます。

+Lanternの多々畳さま、東京に行ったときによく読ませてもらっていたのですが、大阪に来てくださって
とっても嬉しかったです!!!
今年もスタイリッシュなご本をたくさん並べていらっしゃって、選ぶのに苦労しました!
今一冊読んでしまってて、とても面白かったです♪♪
お洋服、雰囲気によくお似合いで素敵でした~(*´∀`*)ノ
またお会いしたいので、関西に無理やり用事作って是非また参加されてください!!お待ちしています♪

象印社のくまっこさま、委託頒布初めてで、分からないことだらけだったのですが、色々と丁寧に
教えてくださり、ありがとうございました!!お菓子の差し入れも嬉しかったです;; 
トマト味のおかきってすごい珍しい!トマト濃い!!そしてお米の味が生きている!!!!(訳:おいしかった)
いつも精力的に素敵企画を生み出すその発想力が素晴らしいなぁと思っています。
誰にでもできることではないですよほんとに…!!
またタイミングが合えば是非参加させてもらいますね♪どうぞよろしくお願いします。

最後に、柳田さん~っ!!
当日はホントにお世話になり、ありがとうございました!!(BGM:小田和正「言葉にできない」)
柳田さんの小説本、思えばたくさんは読めていないので、今楽しみに読んでいるところです~♪
また感想書かせてもらいますね!!
また色んなことについてじっくりお話する機会に恵まれますように!!!
今後ともよろしくお願いします(*^v^*)


…と暑苦しくお礼を述べて、今回のイベントレポを終了しようと思います^^;
長文お読みいただき、ありがとうございました!!




この記事のみを表示する肉おばちゃん詳細など(C-54 アピアチェーレ)

文芸イベント関連

新刊の撮影をしてみたので、ご紹介させてもらいます~!

mihon2014-1.jpg

帯が読めるように、大きい写真にしてみました。

裏表紙のほうの帯の文章に「トトロじゃねーよ!」(近藤春菜さん風に)と突っ込んで欲しい衝動…笑 
糸井重里さんごめんなさい…

↑この写真、かなり実物サイズにちかいかも。
左側の本のように、袋に入れてお届けします。
手作り品のため、クオリティに多少のばらつきがあります。
読むのに支障はないはずですが、気になる方がいたら申し訳ないです。
すみません…不器用な私の限界で…>< もっとうまく作れたらいいのですが。


mihon2014-2.jpg

ちなみに、表紙の裏側はこうなってます。
紫陽花柄!!

mihon2014-4.gif
↑文章見本。
袋に入れた状態で販売するため、当日立ち読みできないので、ご参考にどうぞ!!
5ページ目です。肉おばちゃんの登場シーン(笑)
当日ブースでは、8ページ目を見本にするつもりです。


mihon2014-3.jpg

子まりも(まりもの息子 9歳)が描いた、お魚の栞も持っていきます。
手作り品で、サイズにばらつきがあります。
柄は「ほ」と「しっぽふりふり」の2種類。 
1枚10円で、という指令を受けていますので、一応は販売物です。
ですが、うちの既刊(A5版のサークル誌三種)をお買い上げいただいたかたには
もれなく1枚プレゼントさせていただくつもりです♪
(その分の売上は私が元締めに払っておきます…アイス代ぐらいになったらいいなw)


あっ、ブログのほうでは今まであまり紹介していませんでしたが、象印社さま刊の
豪華本、方位・羅針盤アンソロジー『廻る針の一夕語り』を当日お預かりする予定です。
特設サイトはこちらです♪
まりもも参加させていただきまして、とても楽しかったのです^^
私も過去の記事に感想なども書いています。(この記事
たくさんの方の作品が載った、とっても素敵な本になっています。
関西では初売りになると思いますので、是非こちらの本もよろしくお願いします!



そんなわけで、今年もいよいよ今週末に迫ってきました文学フリマ大阪…!
私は四時起きでお仕事した後からのバタバタ参加になりますので、
ボサボサな姿になっているかもしれないですスミマセン_(:D」┌)_
年1ペースなので5年目と言ってもまだまだ慣れてないのですが、
毎回出るごとに、新しい出会いがあって楽しいです。
今回も、色んな人とお話できたら嬉しいな~。


今年も、アピアチェーレをどうぞよろしくおねがいします(^∀^)ノ


この記事のみを表示する文フリ大阪用チラシ

文芸イベント関連

チラシ2014-1

********

年に一度のイベントがあと少しでやってまいりま~す♪♪

9月14日開催の「第二回文学フリマ大阪」に出展予定であります。
今年のチラシを先行でウェブのほうに上げておきます。
会場でこれはどんなお話ですか?と尋ねられることがあるのですが、
説明ベタで毎度うまく伝えられないため、なるだけ詳細が分かるように
私自身の印象なども含めて書いてみました。
どれも心を込めて書いた作品ばかりなので、全 部 お 勧 め で す !!!
(む、胸を張るのよ私…!)

ブースはC-54になります。どのへんなのかしら…?
ジャンルは恋愛になってますが、今年の新刊はさほど恋愛色は濃くないです(笑)
去年お隣になった「柳屋文芸堂」さまと合体で出させてもらえることになってます。
ぼっち参加予定だったので、心強く、とっても嬉しいのであります(ノ∀;)
柳屋文芸堂さんの新刊は、九州の旅行記本らしいですよ!
柳田さんが書かれるエッセイ、とても面白くて大好きなのです。読むの楽しみ~☆☆

在庫については大体問題ないと思いますが、2010年刊の一冊目のサークル誌が
あとちょっとでなくなりそう…かも、です。
今年の新刊については、絶賛製本中です。
今年は「自分が文フリでゲットするんだったらこんな本が欲しい」という要素を全部
詰め込んで作ってみました。上のチラシの説明にもある通り、生粋のバカ話です(笑)
短いお話ですが、持っているだけで元気で嬉しくなるような本にしたくて、頑張って作っています。
どんな見た目なのかは一度ツイッターには上げてますが、きちんとした撮影はまだできて
いないので、日を改めてブログでもご紹介したいと思います。

それでは、今年もどうぞよろしくお願いします!!!!