猫とワタシ

Wandering Note

サイトのお知らせ&雑談中心です。

この記事のみを表示する『ゆきのふるまち』の感想です♪

文芸イベント関連

yukinohurumati.jpg

只今、雪がガンガン降ってます…!タイムリーだけどめっちゃ寒い(笑)

というわけで、前回の記事で予告しました、くまっこさま作の
『ゆきのふるまち』という本の感想をお届けしようと思います!!

***

『ゆきのふるまち』

現在まりもが絶賛参加中である、くまっこさん主催のアンソロジー企画の
元となった作品です。
雪町というところで、雪と共に暮らす可愛い女の子達のお話です。

まず、最初に受ける印象は「めっちゃ可愛い~о(>∀<)о!!」です。
くみた柑さまの綺麗なイラストと、ブルーチェック柄の表紙が素敵です。
しかも、最後まで読めば分かるのですが、このデザインにもちゃんと意味が
あったりするのがまた心憎い演出なのです…><
中表紙と奥付に描かれていた観覧車の絵も大好きです。あと、本文ページを飾る
レース柄も…!!知っていたつもりではいましたが、くまっこさんのデザイン力の
高さに、改めて惚れ惚れさせられる、クオリティの高い美しい本になってます。
しかもフォントも文章も、いつものことながらとても読みやすいのです(^∀^)ノ


…というわけで、内容のほうなのですが。
まずは作品の舞台となる、雪町、という町の持つ優しい雰囲気に癒されます。
出てくるお店やおうちの暖かな雰囲気、そこに住む人たちの優しい思いやりの
心が、ささくれ立った現代人(=私)の心に超滲み入るのであります…!
閉ざされた町のなかをゆっくりと流れる時間に浸る心地よさ。これってとても
大事ポイントですよっみなさん…!
渡る世間にささくれ立っているのは私だけではないはずですから!!

この作品は5つの掌編で構成されています。主に三人の女の子と一人の男性が
登場するのですが、それぞれのお話を読み進めるうちに彼らの個人的事情が
少しずつ分かるようになっています。
さっき書いたように、全体的に優しくゆるりとした雰囲気のお話ではあるのですが、
後半に行くにつれ、この人たちの抱えているものが色々と明らかになってきて、
最後で綺麗にまとまる構成が素晴らしいです;;
5つのお話であると同時に、ひとつの大きなお話でもあるように作られている
ところがすごく気持ちよかったです。
悲しいような、でも、優しく温かく希望を感じるラストが秀逸でした。
ささくれて汚れた現代人(=私w)の心も、洗われるようでありました;;

最後に、すこしだけごくごく個人的感想を述べますと…
基本ファンタジックな世界なんですが、蒼子ちゃんと彼氏(的存在)のお話あたりは、
とってもリアルな印象でしたw もしも友達の彼氏があんなだったら、そいつの襟首
捕まえて「おまえぶっ×××!働け!」とか暴言吐いてしまいそうです^^;
最終的に、真人間になってくれるのならそれでいいのですが…。もし蒼子ちゃんを
泣かせたら俺が、俺が許さん…っ!(…と、なぜか男気みなぎらせてしまいましたw)
あと、鱒谷さん、とっても素敵な方なので、彼にも本、もしくはそれに代わる何かを
プリーズ、プリーズですっ…香苗さん…!

…と、叫んでおきます(笑)ネタバレ&人格崩壊気味でスミマセン(汗)


サイズ的には、短いお話です。ささっと短時間で読めちゃうのですが、残るものは
大きいと思います。読むサプリ的な。そんな、切なくも心温まる物語でした。

くまっこさま、素敵な物語をありがとうございました☆☆


***

…というわけで!
雪町って素敵だな~と思いつつ読んだのですが、今回のアンソロ企画では、
この町と並行して、色んな作家さんが書かれる色んな町が登場することになってます!
私も一つの町を書かせてもらったわけですが、自分が書いた世界と同じ時間軸のどこかで、
雪町のようなところが存在するんだなぁと想像してみると、物語の世界がぐっと広がったような
気がしてとても嬉しく、楽しいです。
本当に、素敵な企画に参加させてもらってよかったなぁと思いました^^

この空想の町アンソロジー本(仮)の完成は、今年4月開催の「本の杜」合わせで発行
予定だそうです。イベントにお立ち寄りの際は、是非チェックされてみてくださいね^^

この記事のみを表示する人形小芝居と原稿の話

文芸イベント関連

kobitoeiga-1.jpg

よお兄弟、こいつらは一体何だ?地球外生命体ってやつかい? みたいなシチュエーション(笑)
この後、こびとの目から謎の怪光線が…うわっおま、やめrfぉpおkrぎゃあああーーー 
とかいうベタ展開しか思いつかなくてつらいww

****


今年一発目の小説が大体書きあがって、ちょっとホッとしています。
昨年も大変お世話になったくまっこさん主催のアンソロジー寄稿用の物語です。
今年は、くまっこさんが書かれた『ゆきのふるまち』というご本の世界観をお借りして、
参加される作家さんたちがそれぞれに作りあげた町のお話を集めた本になるようです^^
テーマとかではなく、世界観共有アンソロジーって、珍しくないですか?
最初、難しそうだな、と思ったのですが、案外自由にさくさく書けて、とても楽しかったですw
自分の好きなものをちりばめて書いたせいか、本人にとっては、ずっと大切に思えるような
お気に入りの作品になったと思います。
本を手に取ってくださった方にも、気に入っていただけたらいいなぁ…!!

しかし、こんな企画を思いつくくまっこさんの頭はほんと柔らかだな~としみじみ。
内容については、あんまり早くネタバレしても楽しみがなくなるので、また後日ってことで!
他の方が書かれる町のお話も、とても楽しみにしています^^

もうすぐこのアンソロ企画の元になった作品である『ゆきのふるまち』も入手できますので、
読了しましたら、そちらのほうについてのお話も書けたらいいな~と思っています^^


この記事のみを表示する朗読会レポート

つぶやき

gallery878-4.jpg

寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日は、新年早々面白いイベントに呼んでいただいたので、
その顛末について書かせてもらいます!

昨年、出入りするようになったスペースでお知り合いになった方が、朗読イベントを
するので是非演奏しに来てください~と誘ってくださり、喜んでいそいそと出かけて行きました。
会場はカフェギャラリーで、お茶とケーキもあるよ、というのでそれも楽しみにしていたのですが、
当日蓋を開けてみると、体調不良などでキャンセルが相次いでしまい、超少数の集まりに
なってしまいました^^;
でもまぁ、三人は読むものを持って集まったので、そこそこ形になったんじゃないかな。

一人はハリーポッターを、もう一人は星の王子様を、私は新美南吉さんの「花をうめる」
というお話を持ってきました。ハリポタを読んでくださった方は、9と3/4番線のシーンを
読んでくださいました。お子さんにずっと本を読み聞かせされていたらしく、すごく
読みなれていらっしゃって、わくわく楽しく聞くことができました。
私が何かしらの曲を弾いて、もう一人が読む、みたいな試みをしてみたのですが、
そういうのも面白かったです。弾いてる間、私はあまりお話を聴ける余裕がなくて残念でしたが^^;
そういう試みを、一度傍観者として聴いてみたい気もします。


gallery878-1.jpg

こんな感じの内装で、とても素敵なところでした^^
内装はオーナーさんがほとんど手作りされていて、今も発展途上らしいです。
(記事冒頭の写真の出窓は、最近新たにできたものらしいです 笑)
このオーナーさん、木工も陶芸もガラスも全部扱う方なので、お店にあるもののほとんどが
ご自身の作品でした。写真に写っているランプシェードは、とても人気があるそうです。

ただ、古民家改装系の建物なので、全然部屋が暖まらず、ものすご~く寒かったです(((>_<)))
(そのせいか、冬場は基本お店は閉めているそうです^^;)


gallery878-3.jpg

オーナーさんが作陶された器に、奥様のケーキ。
バナナケーキは、ほのかな甘みと、ジンジャーが効いていて、体に優しいお味でした。
乳脂肪系いっぱいっていうものよりは、こういう素朴なほうが、私には嬉しい…!
お茶はアフリカンプライドという茶葉に、オレンジピールなどを独自に
ブレンドされたとのことです。フレーバーティーは、柑橘系が一番好きです。
香りが良くて、渋みもなく、とても美味しかったです。

写真左上に映っている四角い木材のようなものは、カリンバというアフリカの楽器です。
澄んだ、可愛らしい音がします^^


gallery878-2.jpg

壁にはオーナーさんの描いた猫さんが。
自由や…!!

***

…と、こんな感じで、朗読会は少数ながらも無事済んだのですが。
そこに集まってきたごくごく少数の方々が皆、とても濃い人たちでですね…!!

特に、オーナーの奥様がとてもお話し上手で、しかもものすごく博識な方で、お話を
聞いていてめちゃめちゃ面白かったです。日本各地のお酒やパン屋さんについての
お話や、文楽についての話、そこから派生した日本の伝統芸能についてのお話、
更に、能に詳しい奥様のお友達にも色んな話を伺い、その内容は最後には
忍者誕生の裏話にまで及び(笑)すごく色々なお話が聞けて、それはそれは
楽しかったです。
私は、日本の伝統芸能については本当に無知なのですが、奥様がそういう方面の
お仕事をされている方らしく、普通なら聞けないような関係者ならではの裏話
めいたなものをたっぷり聞けてほんと最高でした(笑)
格式高いと思われがちな世界に対して、伝統だからと変に構えずに、自分の目で見た
世界を率直にお話してくださる姿勢がとても素敵だな、と思いました。
今はお仕事の関係で遠方にお住まいらしく、あと何年かしたらこちらに腰を落ち着ける
らしいので、これからも仲良くしてもらえたら嬉しいな、というか、私が押しかけていって
色々お話を伺いたいな~と思いました。
なかなか電車で、というのが難しい場所ではあるのですけどね…。

民族音楽をしていると、こういう方々によく出会います。
一つ前の記事でも同じことを書きましたが、多分、楽器をしてなければ
出会えなかった人たちなので、ほんと、やっててよかったとしみじみ思います。

…とかいう、朗読会なんだかよく分からないレポートでした(笑)
いやでも、私的には、本当に最高に楽しかった!!!
誘ってくださったお友達に感謝感謝です~(>∀<)

この記事のみを表示する私の相棒

つぶやき

fiddle.jpg

新年、あけましておめでとうございます!!!!!
今年もどうぞよろしくお願いします(´∀`)ノ

新年早々、おみくじで凶を引き、正月気分がぶっ飛んだまりもであります…
願い事の欄のコメントが…ううっ…ほんとにトドメ刺された気分です…;;
ツイッターにも書きましたけど、今回、人生二度目の凶で、一度目は、結婚式の
直前のことでありまして…旦那と行った平安神宮で引いた凶…忘れもしません(苦笑)
多分、色々浮かれてるときに限って出るような気がするので、今回も浮かれてんじゃねーよ、
調子に乗ると痛い目みるよ、みたいなメッセージではないかと思ってます…

占いは基本全然関心ないタイプなのですが、年に一回の年始のおみくじだけは
すごく楽しみに引く習慣があるので、余計破壊力すごかったです^^;
(だいぶ復活しましたが…)
おみくじって、だれか人に占ってもらうわけじゃなくて「自分で選ぶ」という能動性が
あるので好きです。何が出るのかワクワクするし。大抵は「吉」系しか出ないし。
というわけで、来年も懲りずに気合で引きます…次は凶から脱出したいです(涙)

*****

写真は、私の楽器です。よく、フィドルって何?と聞かれるのですが、ご覧の通り
バイオリンのことなんです。クラシック以外の音楽、特に民族音楽を演奏するときには、
フィドルと呼ぶことが多いです。
ただ、写真を見ただけでもお分かりかと思いますが…全体的にボロいでしょ?
ヴァイオリン、っていったら、お値段も数十万~数億とか、そんな世界です。
楽器屋さんに調整に出すと数万~数十万かかるとか、人から聞いた話によれば
そんな世界、らしいです。。…私もよく知らない世界ですが…。
私のこの楽器は下取り価格数万円の世界ですw 昔、外国で習ってた先生に安く譲って
もらった、思い出の楽器であります(それまでは中国製のケース代混み19,800円を
使ってましたww) 
民族音楽を弾く時は、基本高い楽器は使わないと思います。少なくとも、フィドルに関しては
そうじゃないかな。だから本来なら、楽器の構造も、調整する技も、自分で全部知って、
直せなきゃいけないわけで…と、昨日私の楽器を見てくださった方にも言われました。
確かにその通りだと思います…私にはできないけど><
(そうでなければ、修理するのに楽器本体の倍以上の額がかかるとか、そういう現象が起きてしまう 笑)

フィドルを触るまで、バイオリンなんて弾けるわけがないと思い込んでいましたが、知り合いの人が
たまたま持っていた楽器を出来心で触らせてもらったら、意外に普通の音が出たわけです。
どらえもんのしずかちゃんがギーギー弾くというイメージしかなかった私は、音が出ただけですごく感動して、
「なんだ弾けそうじゃん」となったわけです。
運指が、大学時代にやっていたマンドリンと同じだったので、そういう気安さもあったと思います。
それからすぐに件の中国製19,800円を入手し、練習して、はまりすぎて会社辞めて外国に行ってしまう
という暴挙に出た馬鹿がここの管理人であります^^; 
そんな流れなので、技術的に大して上手いわけではないのですが、それから音楽を通して色んな人と
知り合いになって、楽しい経験がいっぱいできました。
昨日、神戸のご自宅へお伺いして、この楽器を調整していただいた方とは、本当に偶然に知り合った
のですが、個性強烈且つ素敵な方(笑)で、そういう世代を超える出会いがあるというのも、音楽やってた
からこそだし、ほんと、訳の分からないまま深々と首を突っ込んでみてよかったなぁと思います。

昨日は久々に懐かしい人にお会いできて嬉しかったので、つい長々書いてしまいました。
今年の抱負は年末に書いたとおりであります。
吉でも凶でも、変わらず粛々とやることやっていこうと思っています^^;

このブログをご覧になってくださっているみなさまにとっても、素敵な一年となりますように!!
今年もどうぞよろしくお願いします!!!

*****

年末記事に拍手ありがとうございました!!!おかげで今年もがんばれそうであります(ノ∀;)ノシ