猫とワタシ

Wandering Note

創作文芸サークル『a piacere』の活動状況など

この記事のみを表示する第20回文学フリマ東京感想祭り☆その1

文芸イベント関連

huhito.jpg

もう5月も後半に入ってしまいましたが、今回も恒例の感想祭りを開催したいと思います!
何回かにわたって随時更新していく予定なので、どうぞよろしくお願いします^^

第一回目は、史文庫さまの短編集2冊についてお送りします♪


******

史文庫 唐橋史さま
 
『さんた・るちやによる十三秒間の福音』
『切腹事始』


いまや文フリの参加者で知らない人はいらっしゃらないのでは?というくらい
有名サークルさまの短編集2冊を、遅ればせながら読ませていただきました。
何年か前に、うちのサークルにご感想を寄せていただいたことがあったのに、なかなか
参加イベントがかち合わず、数年の時を経てやっとご挨拶に伺うことができて、ちょっと
ほっとしたような気分です…(微妙にずっと気になってました…^^;)

二つとも短編集なのですが、ちょうどいい長さで、どの作品もとても読みやすかったです。
文章から、歴史小説的…っていうのかな、そういうジャンルのものにふさわしい、すっと潔い
ような印象を受けました。そういう文体と、ドラマチックな展開とのバランスが絶妙で、
時代の雰囲気にも合っていて、読んでいて気持ちがよかったです。
本によって感想を分けようかとも思ったのですが、二つの本を混ぜたほうが書きやすいので
そうさせてもらいますね。

幕末についての話がどちらの本にも一つずつ書かれていて、すごく興味をひかれました。
『smile』では、当時の混乱した江戸の状態とか、住んでいた人たちがその状況について
どんなふうに考えていたのか、とかいうことを垣間見させてもらえて、そこがとても面白かったです。
TVドラマや歴史的人物が登場する小説で扱われる幕末って、実際の庶民の生活や感覚に光が
当たることって少ない気がして…。
震災復興のチャリティー企画として書き下ろされたお話とのことですが、内容的にもぴったりだと
思いました。
同じ時代のお話として『切腹事始』も興味深かったです。私自身、切腹や、それに付随する
武士の誉れ的なイメージが全然よく分からん、みたいなところがあって、本を読んだりしていたの
ですが、それでも切腹というものに対する感覚はどうしても不可解であるとしか思えず…^^;
だけど、そういう感性って、昭和に脈々と引き継がれ、今も日本の多くの人たちの意識の表層下で
受け継がれてるような気もしています。だからちゃんと理解できたらとも思うけど、感覚的な観点から
切腹について理解するのは、私にとってはなかなか難しいです。
あの時代に、この作品の主人公の人みたいに理性的な感覚で世界を見ていた人って、実際どれくらい
いたのだろうな、と思います。でも、そういう人たちは確かにいて、だから世の中は新しい方向へ動いて
いったのかもしれませんね。
あっ、幕末テーマの話では、江戸の人が薩長の人間について、田舎の野蛮人(言いすぎ?笑)っぽい
イメージで思ってたっぽいニュアンスで書かれていたのですが、ああ…きっと実際そうだったのかな…
と思いました^^;
『切腹事始』でも、西軍が攻め込んでくる、みたいな視点で書かれていましたが、実際、戦時下での
ことだし、色々な問題行動はあったんでしょうね…><
私自身が九州由来の人間なんで、普段は感じない日本の東西の距離を感じたりもしました。

幕末以外の作品もそれぞれ面白かったです。
『さんた・るちやによる十三秒間の福音』と『或る罪人の死』の処刑のシーンなどは、それそのものの
怖さもありますが、それを見てはやし立てたり野次を飛ばすギャラリーの怖さ、みたいなもののほうを
より強く感じました。
公開処刑、って、昔の時代は特に、どこか見世物的というか、娯楽というか、そういう面もなきにしも
あらずだったのかもしれませんよね…。そういう集団独特の心理ってすごく怖いなぁと思いますが、
実際娯楽なんてそんなに無かっただろうし、そういう面はどうしても否定できないような気がします。
『さんた・るちや』のほうは、そういう点に加えてキリシタンの持つ殉教への憧れと現実を淡々と
描くことによって、信仰ってなんだろう、みたいな大きな問いにまで迫る勢いで、短いお話なのに
すごいなぁと思いました。
あっ『騙る女』も良かったです!お話っぽくもあり、リアルでもあり。時代を超えて、こういう女性って
いるのかもしれないですね。

全体的な感想として、おそらく作者さまがこういう題材で物語を書くに当たって、ご自身が持たれた
であろう疑問や、ある種の正義感のようなものを感じました。一見すごく淡白に書かれているようにも
見えますが、多分歴史を見る視点の中にすごく強い思いがあって、それが作品の底に大きく流れて
いる感じがする点がとてもよかったです。
あと、多分ですが、興味の方向が自分と似てるな~と思いました。
すごく歴史に詳しくないと書けないジャンルなので、こういう作品を書かれる方はほんとに尊敬します。
これからも色々な作品を通して、勉強させていただきたいです。



この記事のみを表示する空想のまちアンソロジー☆感想祭り!!

文芸イベント関連

ksansl.jpg

今春参加させていただいた象印社・くまっこさま主宰の空想のまちアンソロジー
「ぼくたちのみたそらは きっとつながっている」を読了しました!
本当は今年4月の本の杜7が初売りだったのですが、私は5月に開催された文フリ東京で
受け取らせてもらいました。ツイッターで時々くまっこさまの本作りの過程を拝見していたのも
あって、実際に本を手にしてみると、感激もひとしおです。特に、箱が…手作りの箱がっ(感涙)!!
箱の丸くくりぬかれたところから可愛い女子二人がこっちをチラッと見ている感じが絶妙で!!
狙ってたんでしょうか、このデザイン。それとも、できたイラストから箱のデザインを決めたのかな?
どっちにしても、素晴らしいです~(>∀<)!!!
あっ、栞を付けてくださったのもすごくありがたかったです。自立するぐらい分厚い本なので。


この本には「空想のまち」というキーワードに加え、そのまちが存在する「世界」を参加者皆で
共有するという、独特のルールがあります。それは、「人々は生まれた町に守られて、その中で生涯を暮らす」
「他の町へ行くバスに乗るには、法外なお金がかかる」「限られた少数の人々が町と町を行き来し、
それぞれの町は細々と交流をしている」といったものです。このルールの中で、参加者はそれぞれの「まち」を
作っています。
最初にこの企画を聞いた時にはどんな本に仕上がるのか想像できませんでしたが、蓋を開けてみると、
他にはない面白い本になったなぁとびっくりしました。
このアンソロジーには14人の書き手が参加していて、それぞれの町は参加者各人の個性で書かれて
いるのに、全部読んでみると不思議な一体感を感じます。たとえて言うなら、一冊読んでしまうと、
まるで一つの世界をぐるっと一回りしたような充実感を得られるというか。それは、この本を作るに当たって
決められたルールを皆が共有しているからなのだろうな、と思いました。
それぞれが自由に書いているのに、どこか繋がっている。そこが、ひとつひとつの作品が持つ力の上に、
更なる魅力を付与してくれています。
くまっこさんが作品タイトルに「ぼくたちのみたそらは きっとつながっている」という言葉を選ばれたわけが、
読んでみてすごく分かるような気がしました。

私は結構早いうちにこの本に寄せる物語を書いてしまっていたのですが、本当なら、もっと他の参加者の
皆様と設定を刷り合わせたりして、お互いの町をお互いの話の中に登場させられたりしたらよかったな~と
思いました。なかなかそこまでの余裕が持てなかったのが、参加者としては少し心残りなところかも
しれません。次回がもしあるならば、他の方の書かれた町との絡みがあるお話を書いてみたいなぁと思いました!


というわけで。
ここからは自分以外の作品についての個別の感想になります。
出来るだけネタバレ回避の方向で書くつもりですが、問題があれば、教えてくださったらありがたいです。

この記事のみを表示する第20回文学フリマ東京☆ありがとうございました!

文芸イベント関連

bunhuri2015-5.jpg

先日、東京で3年ぶりくらいにお会いした百福堂の笹山さんに、「ほんものですか…?
私の中で、まりもさんは妖精になってるんで…」的なお言葉を頂いたまりもですこんにちは\(^0^)/
多分、この場合の妖精=ツイッターアイコンのこびとのことだろうと思われますwwww
笹山さんには確か、初対面のときにも私の印象について衝撃発言(笑)を頂いたことがあるのですが、
ネットでの印象って結構面白いよね…他の方にはどう思われてるんだろう…と気になってしまいますww
笹山さんとお話するときに感じるほわんとした雰囲気は、作品にも通じていて大好きです!
いつも楽しいお話をありがとうございます!!!!

というわけで。
去る5月4日、文学フリマ東京に参加してきました!
朝5時台の電車に乗ってえっちらおっちら東京へ。
元々夜型なんですが、最近は職業柄、早起きはあんまり苦じゃなかったりします。

浜松町が山手線で行けることを知らなくて、違う電車に乗ろうとして一瞬やばかったですがw
何とか無事に会場入りできて、ぼちぼち設営…目の前のキラキラなあずみさん&お隣さんの
ブースがまぶしかったです…勝手にこっぱずかしくなって、あんまり前を向けなかった…ような…////
開場後しばらくはほんとに一人で、完全一人って思えば今までのイベントで初体験だったので
お客さんがぱーっと全体を回っていく最初のあの沈黙に耐えられず、かなり自ブースを放置して
ウロウロしてしまいました^^;;
や、本を入手したいブースさんを先に回りたいのもあったのですが、じっと座ってるのにちょっと
耐えられなかった…>< 毎回お一人参加されている方すごい…強い…!! 尊敬します。
私ももっと強くなりたい…!!!! 泣 

お昼ごろからはなのりさんもお子様連れで来てくださり、柳田さんとよいこぐまさんも来て
下さって、わいわい楽しかったです。お子様連れで来てくださったなのりさんには、最後まで
お付き合いくださり、本当に感謝です。子連れで外出の大変さを知ってるだけに…涙
お子さま、疲れさせてなかったらいいけど!
いっぱい笑ってくれるお嬢さんで、会えてとっても嬉しかったです(*^∀^*)

今回は、新刊を持っていけなかったので、そこは本当に寂しかったです。
次回は、何か新しく読み応えのあるものを用意していきたいと思い…ます(がんばります><)
ですが、今回のために作った無料冊子は、思ったよりもたくさん持って帰っていただけて、
とても嬉しかったです。以前作った無料冊子も、予想以上に手にとってもらえました。
肉おばちゃんの小さな本は、あと2冊で終わりです。
既刊のサークル誌のほうも、少しずつ買っていただけて嬉しかったです。
うちのサークル誌は、毎回そんなに沢山買っていただけるようなものではないのですが、
以前東京で1,2を買ってくださった方が3を買ってくださったり(;;)、無料誌を読んだ方が再びブースに
お越しになって全冊買ってくださったり(;;)、そういうふうに買っていただけるので、とっても嬉しいです。
なぜか分からないですが、傾向として、お知り合い以外の方は、男性の読者さまが多いのも特徴かも。
しかもみなさんジェントルすぎて…!大切に読ませていただきますね、とかおっしゃってくださったり(泣)
そういえば、前回の大阪でも、同じように声を掛けてくださる男性の方がいらっしゃいました。
午前中、閑古鳥の声に打ち震えていたので、お言葉本当にありがたかったです…!
はるばる東京まで行ってよかったです!!!!
全国の紳士淑女のみなさま、今後ともどうぞよろしくお願いします(ノ∀;)

そんなこんなで、自分もあちこち回りたかったですが、ぼーっとしてて買いそびれた本が
結構あって、後でネットで「完売しました」みたいな報告を見てガーンとなったり^^;
それでも、結構色々入手しました。おなじみの方が多いですが、初めて買った方の作品も
ありますので、またじっくり読ませていただきます。

あっ、たまたまかもしれませんが、今回買った本は、文庫サイズが圧倒的に多かったです。
文庫サイズの波が来てるのか…!?確かに、持ち運びやすいし、短編集などは特に
文庫サイズがベストかもしれませんね!

そんなわけで、東京でお世話になったみなさま、ありがとうございました!
お土産、差し入れなど、色々ありがとうございます;;
私もまんじゅうその他、色々配り歩くタチですが、おばちゃんは配るのが好きな生き物
なので、もらっちゃったらお返ししなきゃ…!とかは全然思わなくていいんですよ…!
生暖かい目で、好きに配らせてやってもらえるとありがたいです…!

また日が合えば東京にも遠征したいです。それまでには閑古鳥にも立ち向かえるよう、
メンタル強化しておきたいとおもいます…(笑)

ではでは!関東のみなさまに再びお会いできる日を楽しみにしています~(*^∀^*)ノ


*****

koma.jpg

最後に、どうでもいい戦利品写真をぺたり。
間違えて早めに撤収しすぎて時間が少し余ってしまったので、お隣で開催されていた骨董市を
なのりさんとぐるり一周してきました。
ナフタリンの香り漂う会場に、私の好きな世界が広がってました…!!なんだこのカオス!!
これ、文フリとは別で一日かけて見たかったです…!!!!
で、その短い時間に目が留まって買った戦利品がこれです(笑)
独楽の色に塗ってあるんですよ~かわいい!!菓子器、ずっと前から欲しかったのですが、
なかなか気に入ったものが売ってなかったので、この器に出会えてすごく嬉しいです♪♪
早速今日午後から家庭訪問なので、この中にはぎっしりお菓子詰まってるなうです(笑)

もし文フリが来年も骨董市と被ることがあれば、ちょこっと足を運んでみるのもいいかもしれません~!
別の日でもわざわざ行って見てみたいと思えるような、おすすめイベントでした^^