猫とワタシ

Wandering Note

サイトのお知らせ&雑談中心です。

この記事のみを表示する空想のまちアンソロジー☆感想祭り!!

文芸イベント関連

ksansl.jpg

今春参加させていただいた象印社・くまっこさま主宰の空想のまちアンソロジー
「ぼくたちのみたそらは きっとつながっている」を読了しました!
本当は今年4月の本の杜7が初売りだったのですが、私は5月に開催された文フリ東京で
受け取らせてもらいました。ツイッターで時々くまっこさまの本作りの過程を拝見していたのも
あって、実際に本を手にしてみると、感激もひとしおです。特に、箱が…手作りの箱がっ(感涙)!!
箱の丸くくりぬかれたところから可愛い女子二人がこっちをチラッと見ている感じが絶妙で!!
狙ってたんでしょうか、このデザイン。それとも、できたイラストから箱のデザインを決めたのかな?
どっちにしても、素晴らしいです~(>∀<)!!!
あっ、栞を付けてくださったのもすごくありがたかったです。自立するぐらい分厚い本なので。


この本には「空想のまち」というキーワードに加え、そのまちが存在する「世界」を参加者皆で
共有するという、独特のルールがあります。それは、「人々は生まれた町に守られて、その中で生涯を暮らす」
「他の町へ行くバスに乗るには、法外なお金がかかる」「限られた少数の人々が町と町を行き来し、
それぞれの町は細々と交流をしている」といったものです。このルールの中で、参加者はそれぞれの「まち」を
作っています。
最初にこの企画を聞いた時にはどんな本に仕上がるのか想像できませんでしたが、蓋を開けてみると、
他にはない面白い本になったなぁとびっくりしました。
このアンソロジーには14人の書き手が参加していて、それぞれの町は参加者各人の個性で書かれて
いるのに、全部読んでみると不思議な一体感を感じます。たとえて言うなら、一冊読んでしまうと、
まるで一つの世界をぐるっと一回りしたような充実感を得られるというか。それは、この本を作るに当たって
決められたルールを皆が共有しているからなのだろうな、と思いました。
それぞれが自由に書いているのに、どこか繋がっている。そこが、ひとつひとつの作品が持つ力の上に、
更なる魅力を付与してくれています。
くまっこさんが作品タイトルに「ぼくたちのみたそらは きっとつながっている」という言葉を選ばれたわけが、
読んでみてすごく分かるような気がしました。

私は結構早いうちにこの本に寄せる物語を書いてしまっていたのですが、本当なら、もっと他の参加者の
皆様と設定を刷り合わせたりして、お互いの町をお互いの話の中に登場させられたりしたらよかったな~と
思いました。なかなかそこまでの余裕が持てなかったのが、参加者としては少し心残りなところかも
しれません。次回がもしあるならば、他の方の書かれた町との絡みがあるお話を書いてみたいなぁと思いました!


というわけで。
ここからは自分以外の作品についての個別の感想になります。
出来るだけネタバレ回避の方向で書くつもりですが、問題があれば、教えてくださったらありがたいです。