猫とワタシ

Wandering Note

創作文芸サークル『a piacere』の活動状況など

この記事のみを表示するテキレボ3、お疲れ様でした!

文芸イベント関連

3月21日のテキレボ3に参加された皆様、お疲れ様でした!
テキレボさんはツイッターを通しての宣伝・交流が盛んなため、参加される
みなさまの呟きやレポを通して、当日の熱気やら慌しさがいっぱい伝わって
きました。
いやはや、みなさんの熱意と、創意工夫に圧倒される日々でございました…!

当日のお写真などを拝見したのですが、委託参加の見本誌陳列棚の壮観さに
驚きました。
委託参加を受け付けてもらえるのは、私のような地方住みで、なかなか関東まで
出向けない人間にとっては、イベント活動の生命線みたいなもので、本当に
ありがたいことです。
だけど、委託作品を受託・頒布・返送・清算という流れはイベント主催さまにとって
どれだけ大変なことなんだろう…って思います。気を使う作業の連続でしょうしね。
好きじゃないと、情熱がないと出来ないことですよね。
人手も足りないみたいで、本当にお手伝いもできず申し訳ない気持ちなのですが、
いつも心の中で手を合わせています…
主催様、本当にありがとうございます;;
色々と大変なことはあると思いますが、やはり運営さまあってのイベントなので、
参加する側としては、感謝の心だけは常に持っていたいと思います。

楽しかった!ってレポに混じって、当日の反省点?問題点?の話なんかもちらほらと
出ていたようでしたが…
主義主張は個々にあるとしても、こんなに大きなイベントを動かす運営さまがスムーズに
事を進めることができるように、やはり参加者は心がけるべきじゃないかと思います。
当日会場にいない私みたいな委託参加の人間なら、規約をちゃんと読んで、指示通りに
抜かりなく作業を進めるとか、当日参加について言えば、そこにいる皆さんが気持ちよく
過ごせるよう、常識的な配慮をするとか。
当たり前のことかもしれませんが、そういうことが円滑な運営を支えるんじゃないかと
思います。

とにかく、テキレボさんは「これをしたい!」っていうアイディアに満ち溢れたパワフルで
ポジティブなイベントだと思いますので、力が入りすぎて_(:D」┌)_モウダメ…ってエンストを
起こすことなく、末永く続いてくれたらいいなぁと願っています。
直参するのは当分難しそうなんですが、また委託参加させていただけたら嬉しいな、と
思っています。

あっ、最後になりましたが、今回のご報告です。
参加させてもらった企画のほう(300字ポスカ、飯テロばくだん)の作品は
完配と聞いています。
貰ってくださったみなさま、ありがとうございました!!
各企画の主催さまには大変お世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです(ノ∀;)

委託本3種につきましても、いくらか出ていたようです。
手にとってくださったみなさま、ありがとうございました(*^∀^*)
サークル誌も少し出ていたのですが、手製本のため、委託ではなかなか手に
取りにくかったかも…。頒布用の本にはすべて透明カバーを付けて更に袋詰めに
していたのですが、その辺も、もっとアピールできたらよかったかな。
ちなみに、今回委託をお願いした3作品は、静岡文学マルシェさまでも
委託をお願いする予定です。
300字企画さまで頒布したポスカも、裏面をポストカードギャザリングさま仕様に変えて
再頒布する予定です。
日が近くなったらまたご案内するつもりですので、どうぞよろしくお願いします。

お買い物代行でもいくつか本を買わせていただきました♪
ポスカもたくさん送っていただきました♪ きれいな作品ばかりで、ほんとクオリティ高いです…!
最近ゆっくり本を読む時間がない(というか、時間は作ればあるけど心に余裕がない^^;)ので、
細切れになるかとは思いますが、読んだ本の感想などは、ブログかツイッターで随時上げていこうと
思っています。
文フリ大阪の分の感想もまだ上げきっていないので(あと一件だけ書く予定)、ちょっと時間が
かかるかもしれませんが…書いたらまたツイッターなどでもお知らせしようと思います。

…そんなわけで!
テキレボ、お疲れ様でした。
またの機会も、楽しく参加させていただけたら嬉しいです。
今後とも、どうぞよろしくお願いします^^








この記事のみを表示するテキレボ3 委託品詳細その2

文芸イベント関連

こんにちは!
巷は徐々に春めいてきましたね…!!
このままなし崩しに春休みに突入するとか、正直恐ろしいですが
ひとつひとつ粗相のないようにこなしつつ、無事に新しい年度を
迎えられたらいいなと思っています。

さてさて! 来る3月21日(月祝)、テキレボ3が開催されますよーー!!!
関東近辺にお住まいの読書大好きなみなさま、ふらっと足を運んでみられて
くださいね…!

うちのサークルも委託参加しておりますので、どうぞよろしくお願いします。
委託品の詳細については一つ前の記事にも書きましたが、前回書ききれなかったものが
ありましたので、最後に追加で宣伝させていただきます~♪

long-goodbye.jpg
 
参加させていただいた、300字企画さま主催のポストカードラリーの作品です。
表面は、こんな感じになりました。
タイトルは『ロング・グッドバイ』です。
この背景が、私のイメージにぴったりで…!!
出会えてよかった。ぱくたそさま、フリーでの提供、ありがとうございます;;
(紙面の都合上、フリー素材提供元の記載ができなかったので、こちらでお礼を述べてみる^^;)

代行優先でお願いしていたのですが、注文が思ったより多かったようで、実際当日に並ぶのは
大体10枚ちょい程度になると思われます…
もし気にして下さる方がいらっしゃったら、お早めに貰ってやってくださいませ。


hyosi2015.gif

そしてそして。
昨年秋に出した↑こちらの本も、委託をお願いしています。
この本の表紙はテキレボの猫アンソロの短編(我輩はセンパイである)にも登場した二人組ですw
さて、どっちがナオで、どっちが来人でしょうか…!?
『我輩はセンパイである』の印象だけで分かってもらえるのか、ちょっと気になります(^ω^)
こちらの作品も、引き続きどうぞよろしくお願いします。

********

さらにさらにっ!!
まりもが参加させていただいたアンソロジー本各種も、テキレボにて頒布されるようです♪
素敵な本ばかりなので、この場を借りて勝手にご紹介いたします~♪♪

----------------

【委託22 象印社さま】
 
方位・羅針盤アンソロジー『廻る針の一夕語り』 

止まない風』で参加しました。
戦争によってそれぞれに傷つき、東西に引き離された友人が、戦後再び出会うお話です。

空想のまちアンソロジー
『ぼくたちのみたそらはきっとつながっている』
 

楢の薫り、楓の音』で参加しました。
楽器製造で生業を立てる『音町』が舞台。
バイオリン職人の女性と、『酒町』の顧客との心の交流を描いています。

----------------

【B-53・54 こんぽた。さま】
 
俺のグルメFESTIVALアンソロジー『おなかがすいて眠れぬ夜に』 

プライドオブ関西』で参加
地方出身者が見た、本場のたこ焼きの真実がここに…!! 

※『ほほえみの飯テロばくだん -おかわり!-』も、こんぽた。さまで頒布されます。
 アンソロ本といっしょによろしくです^^


そんなわけで…っ!!
回を追うごとに盛り上がりを見せているテキレボさんですが、
今回委託や企画で初参加させていただき、本部の方々、企画の主催様がたとの
やり取りを通じて、多くの方にお世話になりました(まだ終わってないけど…^^;)
全方位に向けて、感謝の気持ちでいっぱいです。
みなさまが本番&アフターなど、ケガやトラブルのないよう、楽しく過ごせることを
願っています。
お時間に余裕があれば、ツイッターなどで、みなさまの当日の様子を教えてくださいね^^

ではでは!!!
関西のすみっこから、イベントのご成功をお祈りしています(^∀^)ノ


この記事のみを表示する第三回テキレボ委託品詳細

文芸イベント関連

テキレボで委託頒布する本の詳細です。
サークル誌(各200円)の見本誌に帯をつけてみました!
私の独断と偏見で選んだ台詞を各話から抜粋しています。

obi1.jpg

絶対温感2 二冊目のサークル誌です。

ところで、この作品は2011年作です。
…昨日でちょうど震災から5年。帯に乗せる台詞を選ぶためにぱらぱらとめくりながら、
当時の色んなことを考えてしまいました。
この本に書いた自分のあとがきを5年経った今読んでみると、自らの浅はかさの
際立つ言葉選びや文章に、なんだかなぁ…もっと他にやりようがなかったのかな…と、
毎度恥ずかしい気持ちになってしまいます。
同時に、このあとがきがどことなく震災直後の世間の空気を留めているような気もして、
本を開くたびに、震災の年のことを思い出します。

…自分のあとがきがそんな感じなもので、個人的には読むたびに辛くなるのですが、
内容とは一切無関係です^^; 私の書いた作品については、結構ふざけた内容ですし(笑)
あれっ、だけどこの写真の本、見本誌として長く使っていたので少しくたびれてしまってますね…
これから新しく製本しなおして送ろうと思います^^;

obi2.jpg

タイトルが帯でかくれちゃってますが、『A PIACERE3』です。
三冊目のサークル誌になります。
なのりさんの作品の台詞を選ぶのが楽しかったです^^
二冊目の作品の台詞もそうですが、少女の無垢な印象が、台詞の
微妙な言い回しから感じ取れるところが素敵だなぁと思います。


catalog.jpg

このような、折本形式のサークルカタログも作ってみました。
サークル誌の中に挟んでいるので、しおり代わりにご利用ください。

(ちなみに、同時委託する私の単著『ギャラクシィ少年の社会見学記』には、うさぎさんが
隠れています…しおりに使ってね^^)

また、今回以降、手製本で制作したサークル誌3種には、
表紙に透明カバーを付けることにしました。

見本誌に付けているものと同じものを付けていますので、会場に行かれるご予定のある方は
ご確認ください。
表紙が頼りなかったのが気になっていましたので、汚れ除けと、強度の点でも少しはカバー
してくれるのでは、と思います。

これまでお買い上げくださった方にカバーをお付けできなかったのが今は悔やまれます;;
もっと早くこのカバーの存在に気づいていれば…っ;;
今後、参加イベントに少しずつ持ち込もうと思いますので、過去にサークル誌買ったよ、と
お声を掛けていただけたら、A5カバーをお渡しさせていただこうと思っています。

mesiterosassi.jpg

あっ、ちなみに、『ほほえみの飯テロばくだん-おかわり!-』の表紙は、こんな感じになっています♪
ちょっと淡色すぎますかね…^^; 写真だと余計淡く見えます。
レースかわいい!無料素材様ありがとう(ノ∀;) 
『ほほえみの飯テロばくだん-おかわり!-』は、世津路さまのサークル『こんぽた。』さまで
無料頒布される予定です。参加された皆様方の作品と共にもらってくださったら嬉しいです♪