猫とワタシ

Wandering Note

創作文芸サークル『a piacere』の活動状況など

この記事のみを表示する第四回文学フリマ大阪で入手した本①

文芸イベント関連

感想2016-1
 
こんにちは!!!

前回書いたPC不具合についてですが、詳しい人に話を聞いたら、ブログやツイッターに
ついては特に問題ないとのことでしたので、少しホッとしているところです。 
パソコンの成り立ちとか仕組みについてまったくよく分からないので、不具合が出るとどうして
いいか分からず、一切やらない、という選択肢しかできなくて辛かった……です^^;

色々教えてもらい、少し様子が分かったので、これからまたツイッターにもぼちぼち顔を出して
いこうと思っています。


*************


前置きが長くなっちゃってすみません。

今回文フリ大阪で入手した本についての感想を、以下に記しておきますー!!
もうすぐテキレボですが、今回ご紹介する本はどれも、テキレボで入手できるはずです。
(確認できてないですが、多分。違っていたらスミマセン^^;)
写真を見てくださればお分かりかと思うのですが、どれも本当に本自体のクオリティが
高くてびっくりします。。。。同人作家さんのの製本技術・デザインセンスのレベルってどこまで
上がっていくのでしょうか…_:(´ཀ`」 ∠):_
私のような、昔ながらの素朴な本を作る人にも、同人で活躍できる枠は残して
おいていただけたら…(((>_<)))と、不安にすら感じるほどの、この美しい本の数々。
内容も、どれもとても面白く、しっかりとした何かを残してくれる作品ばかりです。

今回は10/8開催の第四回テキレボに参加される方の参考になるようにと、テキレボ参加者さまの
作品を挙げてみました。

以下に、個別の作品の紹介&感想を記しておきます^^


**************


冬青 
あずみさま著

『消滅可能性私達』

あずみさんが最近作られた作品は、お仕事のものも含め大体読んでいる
(多分)のですが、私がこれまでに読んだどの本よりも一番「純文学」って
言葉がぴったりな作品集だな、と思いました。
世代的、社会的な問題(特徴?)に、繊細で傷みやすい感性を乗せた作品が、
息苦しくなるほどのリアルさを持って心に刺さりました。

たった数年、自分よりも後に生まれた人たちは、私のような(最後ののん気世代w)と
こうも違うのか…と、色んなことを考えさせられました。
私の若い頃は、もっとずっと気楽だったというか、世の中そんなに悪くない、
待っている未来は明るいはず、と思っていました。
時代の変化とは、自分が思う以上に、あらゆるもの…
その時代を生きる人の感情にまで大きな影響を及ぼすものなのかもしれません。

あとこれは、ごく個人的な話で恐縮なのですが、最後の作品の舞台が桑名だったのが
嬉しかったです。
あずみさんが東海地方から突然引っ越して行かれて寂しいなーと思っていたので、
桑名の思い出に…と、この作品を書いてくれてなんだかじーんとしてしまいました(;v;) 

あずみさんの作品はどれもオススメなので、今更言うまでもありませんが、こちらも当然
オススメです。 短くて濃いお話がぎゅっと詰まっていて、手に取りやすいお値段なので、
初めてあずみさんの作品を読まれる方がいらっしゃいましたら、この機会に是非どうぞです!!


灰青 
凪野基さま著

『ヴェイパートレイル』

色んなジャンルの短編が収められた作品集です。
どの作品も描写が美しくて、すごく面白かったです。
ひとつめの作品は、私の好きなものばかりで作られていてめっちゃ好みでしたし、
二つ目はSF作品の設定とか世界観の構築の仕方とか、すごいなぁと感動、
三つめの作品はルイが好みでした(笑)あらゆるツボを押さえているキャラすぎて…
完璧すぎやしませんか…あっ内容も好きですよ…!珍しくキャラ萌えしてしまった
のでつい…^^;
四つ目の作品は…ニンゲンもみんなの仲間に入れてもらえるように地球を大事に
しようって思いました…><
ふんわりかわいいテイストだけど、テーマ的にはちょっとシリアスなような。
私もよくこういうことを考えるので、とても共感できるお話でした。

ナギノさんご自身も、最初に読むならこの作品集をオススメしますって
おっしゃっていらっしゃいましたけど、本当に素敵な内容の短編集なので、
この本は初めてさんに一押しだと思います。
私もナギノさんの作品とはこれが初めましての人だったのですが、次はまた、
違う作品を読ませていただこうと思っています^^



7's Library 
なな様編
北陸アンソロジー『ホクリクマンダラ』

福井・石川・富山を題材にしたアンソロジー本です。
ごめんなさい、まだ全部読めていないのですが、言わせてください。
装丁がめっちゃ美しく、まずそこに感動。デザインがかっこよくて、
且つ読みやすいつくりです。こりゃ完全にプロの仕業や…!!!
内容も、私が読了した作品はどれも面白かったです。
どちらかというとしっとりとした、静かで趣のある作品が多い印象かな。
これは多分、北陸という土地が持つ雰囲気そのものなのかもしれない…。
静かで、だけど風景を見ているとじわじわと残る味があって、気が付くと
その味が忘れられなくなっているような。そんな物語が多いような気がしました。
こうやって北陸というテーマで書かれたものを集めてみると、本当に
その土地の印象というものが浮かんでくるんだな、ということが実感できて
すごいもんだなー!と思いました。
私は北陸には数えるほどしか行ったことがないので、この本から得た自分なりの
北陸的イメージが正解なのかどうか分からないのですが…。
確かめるために、実際に足を運んでみたいです^^
これから未読の作品も読みつつ、北陸のイメージと親しんでいけたらと思います。

(あっ、ホクリクマンダラを読んで、他地域のアンソロも読んでみたいなー!
なんて思いました。文フリの地方拡大とセットで、郷土に根付いた文学が盛んに
なっていけばいいなぁ!)


SiestaWeb 
桂瀬衣緒さま著

『城ノ内探偵事務所』

すごく素敵な絵描きさんと組んで書かれているので、前々からずっと気になって
いたのですが、面白かったです…!!一気読みしちゃいましたw
これは…何と言うか、あかりちゃんと城ノ内さんの関係を愛でるお話ですね!!!!!!
あかりちゃんが緊張すると私も緊張し、ブチ切れるとちょっと安心し(?)、元気がないと
心配し、解決すると良かったーと安堵する、みたいな、あかりちゃんのようであり、
同時にあかりちゃんのおかんのような気持ちになってドキドキワクワクそわそわ、
うふふwwとなりながら楽しく読ませていただきましたー!!二人の関係性に上下の
格差があるようでないところが好きです。
2巻3巻と続くシリーズものなんですが、こっから一体どんな展開が!!????って
なってます。次の機会には、2巻目を読ませていただきたいです…!!!


こんぽた。
世津路章さま著

『報酬系の使途たる彼女等』

世津路さんの作品は、これ以外にも色々と読んでいて、どれもそれぞれ素晴らしくて
私の中で世津路さんは文芸同人界のキングオブエンタメ作家さまなんですが、今回は
特に、この作品集を推させていただきたい…!!!!!!!!
いやこれほんと、めっちゃ良かったです。R15なんで、かなり残酷な描写の作品
ばかりになっていますし、テーマがテーマなので、最後は推して知るべしみたいな
結末が待ち受けているんですが、どの作品もほんとに読ませるし、ホラーだし、悲しくて
人間臭くて…。劣等感とか欲望とか執着とか、そういうものがエンタメの波にくるまれて
ドッパーン!!!と貴方に襲いかかってきますよ、ドッパーンと!!!!!!!!
…すみません。推したい気持ちが強いと語彙が段々擬音化していくるんですよね…^^;;
不条理、なのかもしれないけど、なんだろう、主人公の心理描写がとても丁寧なので、
どっちかといえば因果応報、というようにも読める気もします。
そして因果応報、なんだけど、その輪から抜け出せない悲しさを慈しむような気持ちにも
なってくるから不思議です。
残酷描写ぜんぜん大丈夫よ、という方にはほんとにオススメします。
イラストもめっちゃ美しく、気合いの入りまくった装丁も、一見の価値アリです♪♪


…というわけでっ!!!!

どれもほんとに面白く、苦もなく読めるオススメ本ばかりなので、イベント会場で見かけたら、
是非見本誌をお手に取ってご覧になってみてくださいね。
他にも文フリ大阪では、色々と本を買っています。
またおいおい、読了後にでも、ご紹介や感想などをアップしていけたらと思っています~^^


この記事のみを表示するお知らせ

更新状況


みなさま、こんにちは…!

最近、PCの状態が良くなくて、連日フルスキャンして監視をしているのですが、
なかなかスッキリしないままで…。
原因が分かる(またはしっかりとしたネット環境が整う)まで、しばらくネットの
利用を最小限に控えようと思っています。
とはいえ、他所様を巻き込むような、邪悪なものに汚染されているわけでは
ありませんので、その辺はご安心いただければと思います。

どうも色々確認してみると、ツイッターの利用とも関係がありそうなので、ツイッター
に関しては、しばらくの間利用を控えようと思っています。
せっかくイベントでたくさんの人とお知り合いになったところなのに、あれこれ
呟けないのは、正直超辛いんですが…。。。。。。。。
でも、日常とのバランスが取りづらくなっていたので、まあ、いい機会なのかも
しれません^^;
発信のほうは、当分ブログのほうで行っていけたらと思っています。


文フリ大阪で購入した本のほうは色々と読んでいて、読了している作品もいくつか
あります。
なるべく今週中に、テキレボに出られる予定の方の作品優先で感想を上げて
いけたらと思っています。
多分簡単な感想になると思いますが…どなたかのご参考になればいいなーと
思います。


そういうわけで…!!!
突然消えてアイツどうなってんねん、って気にしていただいていた方がもしいらしたら、
ホントすみません^^;
ツイッターできなくて寂しいですが、ここにまた感想を書きに来ますので、読んでくだ
さったら嬉しいです。
(更新のお知らせだけは、ツイッターに上げに行きたい気持ちでいっぱいです…泣)


ではではまた!!どうぞよろしくお願いします♪♪





この記事のみを表示する【a piacere】第四回文フリ大阪・参加レポート

文芸イベント関連

bunhuri-osaka2016.jpg
↑この配置はダメな例ですので、みなさん真似しないようにしましょう^^;;


猛烈な台風で、予定も何も吹き飛んでしまった感がありますが
みなさまいかがお過ごしでしょうか…。

先日18日、大阪堺市にて開催されました『第四回文学フリマ大阪
無事終了いたしました!!
お立ち寄りくださった皆様、本当にありがとうございましたーーー!!!

************

ごめんなさい、あまり周囲をよく見られず、全体的な印象を語ることが
できないんですが、(お天気もまあまあ持ってよかったなーぐらいで)
以下は、ごくごく個人的なレポートになります。

では、まずは当日の様子からどうぞ…!!(反省点多々含みます)

今年から早朝パン屋の仕事がなくなったので、ちゃんと開場前に
現地到着…開場待ちの列に並べました…!! 
仕事が無いと、やはり体力的にはかなり楽でした♪

で、一応予定通りの設営(上の写真参照)をしてみたんですが、ん…なんか、
想定よりも机のサイズが大きい気がする…^^;
また、配置図によると、お隣だったナギノさんのスペース横は通路があるはずだった
のに、…通路っていうか…隙間…? …めちゃ狭くてびっくりしました。 
机だけを置いた状態なら辛うじて通れる(?)かもしれませんが、みんな布とか本とか
をきれいに並べてみっちり展示しているので、あの隙間を通ると他所のサークルさまの
ディスプレイを崩しちゃいそうで、結局その通路(っていうか隙間)は使えなかったです。
(テーブル下をくぐったり、島の内部を通って、端まで移動して出入りしていました)
ちょうど真ん中あたりのスペースだったので、通路をもうちょっと広くしてもらわないと、
スペースの出入りがすごく厳しかった…です。
多分、抽選無しにするために考えられた苦肉の策だったのかもしれませんが。
出入りできる通路については、もう少し広く取っていただければ嬉しいです。

あと、これは出来れば参加者さまにお願いしたいのですが、自分のブース番号を
出来るだけどこかに明示してくだされば、とてもありがたいです><
机に運営さんが小さく書いくださっていたブース番号を頼りにサークルさんを探していたら、
熱心に本を見ていると勘違いされて売り子さんに声を掛けられ、すごく本を勧められてしまい…
(あ、いや、私は〇〇さんとこを探しているだけなんです…ごめん><)とか言いにくくて
モゴモゴしてしまいました(;_;)
結局、そのサークルさんの二つ隣のところに探していたサークルさんがあって、すごく
微妙な雰囲気に…^^; 
なんか申し訳なかったので、サークル番号、可能ならばはっきり分かるようなところに
書いてあるサークルさんが増えたらとても助かります。 どうぞよろしくお願いします。

配置については、新刊を目立たせたい!という一心で、新刊コーナーを一段高くして
ひな壇的に置いてみたつもりだったのですが、これが案外うまくいかず。
(いや、写真撮った時点で気づくやろ普通って感じなんですが><)
事前チェックなしで買う本を探していらっしゃる方にとっては、手にとって貰いにくい
配置だったと思います。
手前にあるほうが手に取りやすいかもと気づき、途中で配置を変更して、手前に
平置きしてみたら、やはり立ち止まってくださった方が増えたので、最初からそうして
おけば良かったです。
後ろに置いてある無料配布品についても同様な感じでした。
去年は無料配布が結構多めに出たので、まったく傾向が違って戸惑いました。
こちらも後半、前に置いてみたのですが、そうすると手にして下さる方が増えました。

結論: 一番目立たせたいものは手前に平置きがベター

(とはいえ、上の写真で手前に置いてある私の個人本はほぼ動かずだったので、
配置だけではないのかなやっぱ… 難しいですホントに…;;)

そんな感じで、色々と試行錯誤しつつ、配置も変えつつ様子を見つつの展示だった
のですが、立ち止まってくださる人数や、どの本を手にとってもらえるのか
は置き方によっても明らかに変わったので、なるほどなー!!と勉強になりました。
(年に1、2回しか直接参加しないので、歩みは亀です…。。。)

新刊は、結構ツイッターで気に掛けて下さる方がいらっしゃって、この本をを目当てに
来てくださる方が多かったので、私が配置ミスしようと何をしようと、ありがたい感じで
売れていきました。さっきから景気悪いことばっかり書いているこのレポですが、すごく
いっぱい手に取ってもらえて、新刊の売れ行きは上々な結果でした(ありがとうございます!)

ただ、それ以外がちょっと厳しかった…。。。。
(あっでも、くまっこさんのご本はいい感じでお嫁に行ってくれましたよ…!例年通り!!)

ひとつには、文芸サークルさん全体の製本技術が急速に上がっていて、手作り感が
にじみ出た素朴なコピー本を置いているサークルさんがすごく減った、というのもあるかな。
手製本品があったとしても、絵とコラボしたり、美しさを追求した作品が増えてきた
気がします。そしてそういう個性的な手製本品は、すごく人気があるし。
(私もそういう本を某サークルさまで大人買いしました)
手製本だから売れない、というわけではないんですよね。
うちのサークルが最初に作ったサークル誌三冊はどれも100P近くある手製本短編集
なのですが、表紙からコンセプトが一目で分かる、というものではないので、
そのあたりを今後何とかしたほうがいいのかな…と思いました。

うーん。そんな感じで、色々なことを考えさせられた今回の文学フリマ大阪でした。

******

…とまあ、色々個人的に反省する点は多いのですがっ!!!!

基本的には新しい出会いとか、お世話になっている方々の優しさありがたみを
ひしひしと感じられるイベントになって、とても楽しかったです♪♪♪
以下に楽しかったこと・個人的ハイライトを箇条書きで残しておきます♪♪


①ナギノさんと初めてお会いできて、いっぱいお話もできて
嬉しかった!!!!


(私からみたナギノさんは、ツイッターの印象とそんなに違わなくて、すうっと
楽しくお話させていただきました^^
ナギノさんから見た私はwebでの印象とちょっと違ったぽいですが…w 
そうです正体はあんな感じです…笑)


②『ギャラクシィ少年の社会見学記』をお買い求めいただいた方に、
日付とサインを求められた


驚きすぎてうろたえてボールペンを必死で探すも見つけられず、その方に借りて
何とか書きました…^^;
サインとかしたの初めてだよ…(ドキドキ)
お知り合いの方じゃなかったのですが、本、楽しんでいただけたらいいな…。
テンパって申し訳なかったです。その節はありがとうございました…!!!!


③『宇宙びせいぶつしーちゃんのひみつ』を、可愛い小学生女子が
貰って行ってくれた!!!!! \(^0^)/


やったーーー!!!!!!!!!!
小学生の子に持っていって欲しくて作った折本なので、ちょう報われた気分です…!!!!
すごく嬉しかったですーーありがとう(;∀;)ノ


④去年熱い児童文学トークを交わした、BON*Li_Naのいがわさんと
再会できた(;∀;)


今年はお会いできるかな…と思っていたら、出展されていて、再会できて
とても嬉しかったです。
「あのとき色んな話ができたから今がある」っておっしゃってくださって、なんかとても
ぐっと胸に迫りました。良かった。ほんとに。
また来年も会いましょう!って約束できてすごく嬉しいですーー(ノ∀;)


⑤魅惑のサロンにお誘いいただけて、めくるめく時を初体験できた…!!

いえ、アフターのことです^^; 時間の都合上、短時間だけちょこっと混ぜて
いただいたのですが、その短い間にすごく興味深いお話を聞けて、素敵な方々とも
出会えて、とても嬉しかったです。


…そんな感じでしょうか…!!!
いつも企画やアンソロでお世話になっている皆様とも再会できて嬉しかったです。
なかなかイベント時には時間がなくて、ゆっくりとはお話できないんですが、
直接皆様とお会いすることができるのって、とても貴重で、幸せな時間です。
全体的に、とても楽しく、充実した一日になりました。


あわわ、、長文お付き合いくださりありがとうございました!!!
次回は来年1月開催、第一回文学フリマ京都に出展予定です。
(昨日申込みしましたー!)

次のイベントは、今回の教訓を生かして、より良い展示内容にできればと
思っています。

ではではみなさま、次は京都でお会いしましょう!!!
今後とも、どうぞよろしくお願いします(*^∀^*)ノ




この記事のみを表示する第四回文学フリマ大阪に参加します!

文芸イベント関連

9月も半ばに入り、過ごしやすくなりましたね…!
さて、9月18日に迫りました文学フリマ大阪の告知にまいりました。
ツイッターを見てくださっている方には、今更感のある情報かもしれませんが…
ちまちま流していた出展内容詳細をまとめてみましたので、チェックして
いただけたら嬉しいです♪

osinagaki2016.jpg

↑お品書きです♪ 

hitogatari1.jpg

↑今年の新刊、人形小説アンソロジー『ヒトガタリ』の表紙画像はこちらです。
116ページ・A5版・頒価400円 です。
表紙案も色々と考えたのですが、最終的に、この写真を使わせてもらうことに。 
今となっては、ニケを選んで正解だったなぁ!と、とっても気に入っています。

作品内容については、柳屋文芸堂の柳田さんがブログにまとめてくださいました。
冒頭サンプル文なども置いてくれていますので、詳細につきましては
こちらを是非ご覧くださいませ。

こちらの本は4人で作ったのですが、どれも個性豊かで、奥深い余韻を感じさせる
作品ばかりなので、それぞれの味わいを楽しんでいただけたらなぁと思います。
是非お手にとってみてくだされば幸いです!

**************

poster-2015osaka.jpg

ギャラクシィ少年の社会見学記も引き続き頒布いたしますー!

上の画像はポスターです。せっかく作ったので載せておくよ…!!!
新刊(ヒトガタリ)に載せた短編とは全然違うトーンで書いています。
こちらは、小学生目線の、児童書ぽい作風になっています。
ほのぼのしつつも、リアリスティックなところも含みつつな内容で、
自分的には、すごくお気に入りの作品です。
なにとぞどうぞよろしくお願いします…!


***********

次は、委託本についてです。

今年も、象印社・くまっこさまから 
空想のまちアンソロジー『ぼくたちのみたそらはきっとつながっている』
をお預かりします。 詳細はこちらです。
過去に書いた記事(空想のまちアンソロジー☆感想祭り!!)に読んだ感想を置いていますので、
気になる方は是非ご参考になさってください♪♪
くまっこさんのご本は、どれも本当にお勧めです!!!


また、サークルメンバーのなのりさんが参加された、
熊本応援チャリティー文章アンソロジー『みどり芽吹く』
(特設HPはこちら
をお預かりします。
チャリティーということで、本の売上は熊本復興資金の寄付に充てられるそうです。
私も読みましたが、しっとりと落ち着いたトーンで書かれた、心に染み入る作品が
多い印象でした…!
寄付もできて、こんな素敵な本まで手に入ったら本当に言うことないっていうか、
最高だと思いますよみなさん…! 少部数のお預かりなので、気になる方はお早めに…!
見本誌以外にも、なのりさんが手描きで帯を作ってくださっていますので、なのりさん
イチ推しの一節を会場でご覧になってくださったら嬉しいです~♪♪


***********
 
あとは、お品書きに載せられなかった作品紹介など…


hyosi2013.jpg

↑こちらの無料冊子も、ラスト10冊となりました。
無料ではありますが、この冊子にしかない味のある作品集になっています。
女の子の繊細微妙な心を映した2編を、どうぞお楽しみください♪


long-goodbye2.jpg

↑去年、300字企画さまの第2回てきれぼポスカラリーに参加させてもらった作品を
文フリ大阪仕様にして配布します!
名刺用と、葉書仕様の2種類作りましたので、お気軽に持っていってくださいー^^


orihon2015.jpg

↑そしてそして。
昨年、酔庫堂さまの折本フェアに参加させてもらった作品も配布します。
「宇宙びせいぶつ しーちゃんのひみつ」という折本冊子です。
お子さまから大人まで、それぞれの立場で楽しめるお話になっています。
お子さんへの文フリ土産に、ご自分の文フリ参加土産に、是非貰って行って
やってくださいませー^^

**********

わー長くなっちゃった…><

最後になってしまい申し訳ないのですが、私が過去に参加した文フリ大阪で入手可能な
作品のご紹介です!

A-03冬青さまにて頒布される
zabadak曲連想創作アンソロジー『THERE'S A VISION』

ZABADAKの楽曲を元にした、ファンによる非公式のアンソロジーです。
CDサイズ素敵な装丁は、一見の価値あり!
どの作品も見応え、読み応えのある作品ばかりです。曲の性質上、
美しくも、どこか不穏な空気漂うファンタジー作品が多い印象、かな。
私は『二月の丘』という曲から連想した小説作品で参加しています。
曲を知っていても知らなくても、ファンタジーがお好きな方ならどなたも
十分楽しめる内容になっていますので、是非会場で実物をご覧に
なってみてくださいねー!!!!


また、D-02こんぽた。さま主催の
俺のグルメFESTIVALアンソロジー『おなかがすいて眠れぬ夜に』
も、大阪初上陸です!
昨年ツイッターを中心に、web上で開催された、「俺のグルメFESTIVAL」に関連する
アンソロジー本です。
ずっと手元に置いて、折々に愛でたいような、素敵な作品集になっています♪
私もたこやきネタで参加させていただきましたー!
『プライド・オブ・関西』というタイトルなので、関西のみなさん、よろしくお願いします(笑)

*************


今回、やはり一番力を入れたのは、新刊の『ヒトガタリ』になりますので、この本は
余裕を持って持っていくつもりですが、それ以外の本は全部少部数の持込となります。
特に在庫僅少となっているのは、サークル誌『絶対温感』という本で、残りが二冊
になっています。この本を含むサークル誌3種は、今回から価格改定で100円になっています。
100円ですが、まあまあボリュームのある短編が2種収録されています。
どれも大好きな作品集なので、立派に送り出せるように、透明カバーを付け、きれいに
袋詰めもしてみました。
今がお買い得ですよ、奥さん…!!!!
当サークルの作品が初めての方に、お試しに読んでいただけたら嬉しいです。


……と、いうわけで。
長文お付き合いくださりありがとうございました!!
ここ数年、いろんな方とイベントで出会えて、こんなにたくさんの作品を出品することが
出来て、とても嬉しいです(;∀;)
どの作品も、その時々の自分の精一杯が詰まった作品ばかりですので、
しかるべき人のお手に旅立っていけますように…と祈るような気持ちでいっぱいです…。

当日会場にお越しの方は、まずは見本誌をご覧になってくださったら嬉しいです^^
そして挙動不審なメガネを見かけたら、そっと声をかけてやって下さいませ…。
(そうしていただくと、不安が少し和らぎます…笑)

ではでは、当日、どうぞよろしくお願いします~(^v^)ノシ