猫とワタシ

Wandering Note

サイトのお知らせ&雑談中心です。

この記事のみを表示する文学フリマ京都☆ありがとうございました!

文芸イベント関連

kyoto2017-1.jpg

第1回文学フリマ京都、無事終了いたしましたー!
参加されたみなさま、お疲れ様でした。

遊びに来てくださったみなさま、本を手に取ってくださったみなさま、
お話してくださったみなさま、ありがとうございました。
とても楽しかったです♪♪

とりあえず、レポ的なものを残しておきます。

会場は、京都駅から地下鉄でさくっと行けるのが最高でした!
(京都の市バスは時間が読めないので、地下鉄で行ける会場じゃないと困ると思う)
会場は…暑かった…。寒かろうと思って着込みすぎていたせいもあると思います。
脱ぎ着しやすい服装で出かけるのが正解みたいです。
寒がりなので、寒いよりはずっと良かったけど、結構汗かいちゃったかも。
終わって外に出たとき「涼しい…きもちいい…」ってなりましたw

おかげさまで設営はスムーズに進み、いざ開場。
朝イチでバタバタと動き回って、本を買ってまわりましたwww
よ、読めるのかな…(いえっ、時間はかかるかもしれませんが、読みますよ…!!!)
どれも面白そうです(*^^*)
事前に買う本を決めて、コレと指定することが多かったので、「どこかでお会いしましたか?」と
聞かれることが多かったのですが、「まりもです」って言ったら、「ああ…あのこけしの」って
言われること数回w ツイッターのアイコンってイメージに大いなる影響を与えるんですね…笑 
(こけしの前は「こびとづかん」のこびとだったんですが…そのときのイメージって一体…^^;)

両隣の方が、めちゃめちゃお優しい方で…!!お世話になりました。
ありがとうございました(;∀;)
「北風グライダー」の雪輪さんに、しょっぱなからめっちゃ話しかけてしまいました…
うるさくてすみません^^;
雪輪さんの優しさに包まれて、心穏やかに、楽しい時間を過ごせました。
左隣だったシャララ舎さまは、当日病欠されていたため、ご本人にお会いできないのが
とても残念だったのですが、代わりに来られたお友達の方々がとても親切でお優しくて…!
撤収作業が下手で、今回も例によって最悪なもたもたぶりだったのですが、何かと
助けていただき、本当にありがたかったです。
なぜかいちご味のひよこまでいただいて(泣)
「あっ東京からですか」って聞いたら「福岡のほうのひよこです!」って言われました(笑)
ひよこの歴史もいろいろと複雑なようで…話せば長いらしいので、またしっかりお勉強
しておこうと思いますw

お知り合いの方とも色々とお話できて楽しかったです。
お菓子など、いつもありがとうございます… 私、チロルチョコぐらいしかもっていってなくて
すみません_(:D」L)_ 地元にいいお菓子があればいいんですが…歯が欠けそうなくらい
硬いせんべい(とんかち付属で販売されていますw)しか特産品がないんですよね~。
そんなん渡しても嫌がらせみたいやし…美味しいお菓子、また探しておこう…。   
 
今回は、会場がゆったりとしていて、天井も高く、地下会場だというのに開放感があって
見て回りやすかった気がします。
見本誌コーナーが離れていたので、様子が分からなかったのですが、
他の方のレポを読むと、少し狭かったのかな…?
ぼっち参加じゃなかったら、もっとゆっくりと色々なところを見て回りたかったです。

で、自分のサークルについてですが。
今回のブース全景は、上の写真をご参照ください。
前回の経験を踏まえ、なるべく手前平置きで…ぎりぎりいっぱいがんばってみました。
無料配布のものはカタログスタンドにまとめ、説明が必要なときには
フライヤーを片手にお話させていただきました。
フライヤー、すごく役に立ったし、みなさん結構手に取ってくださいました。
作って正解でした~!!

kyoto2017-2.jpg

新刊は、思ったよりもたくさん手に取っていただけました…! ありがとうございます(*^∀^*)
既刊各種もそれぞれ旅立っていったので、少しずつ色々と持って行ってよかったです。
特に、昔のサークル誌に目に留めていただけたのが嬉しかったです。
(あれ、今は百円で売ってますが、時間をかけてじっくり作ったので、内容は絶対
お値段以上の自負があって…。でも、なかなか時間が経つと新刊に押されて手に取って
いただきにくい状況になっちゃいまして…。そんなときに、帯を読んでいただいて、内容が
合いそうだから、と選んでくださったのが、とても嬉しかったです)
くまっこさんのご本も、すごくよい反応をいただけて、喜んでいるところです(*´∀`*)

今回、買ってくださった方に「どこでこの本を知りましたか?」という質問をときどき
させていただいたのですが、一番多かったのは「ネットで事前に」だった気がします。
あとは「チラシコーナーで」っていうのと、「見本誌を見て」とおっしゃって下さった方も
いらっしゃいました。
やっぱり色んなところに情報を置いておくことって大事なのかな、と思いました。

買ってくださる方がいろいろと声を掛けてくださったのも、ありがたかったです(;∀;)
自分と文章的に相性がよさそうで、ということをおっしゃって下さった方がおられて、
嬉しかったです。
そうなんですよね。どんなものを書いているか。どんなふうに書いているか。
すばらしい作品であったとしても、それが必ずしも自分に合うとは限らない。
相性ってすごくあるなあって思います。
あと、A4の新刊タイトルポスターを見て「(空気をソーダで割る)物理的な手法が
書かれている本なのかと思いましたw」っておっしゃってくださった方がいて、思わず
爆笑してしまいました^^;  ごめんなさいw物理的化学的要素は微塵もないですwww
せっかくなので、一冊いただきます、って買ってくださったのですが…。あの方が
あの本を果たして気に入ってくださったのか…地味に気になっています…(笑)

kyoto2017-3.jpg

メロン熊もこっそりひっそり紛れておりましたよ…笑 
(唯一、堺屋さんが突っ込んでくださいましたw うれしいww)

4時までで終了だったのですが、アナウンスがされた頃からみんな早々に
撤収作業をされていて、4時になったと思ったら、風のようにさあああっと会場を
あとにされていました…。
いつものごとく、仕事が速いですみなさん… 私を置いていかないで…(T_T)
(結構前めに撤収作業を始めたつもりだったのに、いつものごとく最後まで
もたもたしちゃいました…いやはや焦った^^;)

kyoto2017-4.jpg
 
帰りは、ちょっと寄り道して帰りました。
道中、鴨川を通りかかったとき「うああああここって京都なんだよなあああああ!!!」ってなって
パチリと一枚。寒かったせいか、鴨川等間隔な男女はさすがにいませんでした(笑)

学生時代からずっと、京都ではない関西エリアに住んでいたのですが、京都は「特別な人と行く、
特別な場所」というイメージがあって、その時々の楽しい思い出がいっぱい詰まった町です。
ぶらぶらと歩くだけで、そのときの色んな気持ちが蘇って、ちょっと胸熱になります。
特に観光シーズンではない冬によく訪れました。冬の京都はとても寒いですが、静かで落ち着いた
雰囲気で、大好きです。
また、京都で文フリが開かれたら、可能な限り参加したいと思っています。

ではでは、いつものごとく長文になっちゃいましたが!
今回のイベントでお世話になったすべてのみなさま、本当にありがとうございました!!

次の直接参加は、おそらく9月の大阪になると思います。
そのときにまたお会いできたら嬉しいですーーー(*^∀^*)ゝ