猫とワタシ

Wandering Note

創作文芸サークル『a piacere』の活動状況など

この記事のみを表示するカクヨム版『記憶の棲む森』 公開について

文芸イベント関連

追記(8/11):
記憶の棲む森』、無事完結しました~(^∀^)ノ
最後まで読めますので、一気読み派の方も、是非!お気軽に!!
どうぞよろしくお願いします!!!


***********

こんにちはー!!
ぽっきり心が折れたり、おうちの廊下でのたうったりしている
絶不調女・まりもから、暑中お見舞い申し上げます~~\(゜∀゜)/

先日、本当に熱中症っぽい症状を発症し、焦りました。やばかったです。
自分でもまったく気づかないうちに消耗し、あるとき突然症状に襲われ
ますので、皆様、くれぐれもお気をつけくださいませ。
真夏はいっぱい食べて、いっぱい飲むのがいいと思う…!!!!


さて、今日は、カクヨムさまにて連載予定の作品についてのご案内で
浮上してまいりました。
『記憶の棲む森』という作品を、8月中にアップしていきたいと思っています。
この作品をなぜ今WEB公開するのかといいますと、次の新刊と関わりが
深い内容だからです。
もちろん、新刊だけを読んでもわかるように書くつもりではあるのですが、
「天ヶ瀬」という土地の設定がややこしかったり、登場人物も共通している
ので、こちらを読んでいただく機会があれば、より楽しいかな、と思いまして…。

ちなみに紙の本も現在百円(手製本品)で売っております。イベント時に
購入することも可能です。
同時収録されている、なのりさんの素敵な作品も必見です!!
そちらもどうぞよろしくお願いします。

で、この『記憶の棲む森』、どんな作品かというと。
2012年当時の自分の文章を借りて以下に説明させていただきます。

************************

私が書いた作品は「記憶の棲む森」というお話です。
中学2年生の男の子が主人公になっています。
ひょんなことから、人間に寄生し宿主の記憶を奪って
生長する厄介な種を身体に取り込んでしまった彼は、
奪われた記憶を取り返すべく、種の故郷である
天ヶ瀬という地を訪れます。
何故彼は種を飲んでしまったのか。「夢」を通して彼は
その経緯を少しずつ思い出していくわけですが、
取り戻した記憶をどのように受け止め、行動し、
最終的にその事実とどう向き合っていくのか。ざっくりと
言ってしまえばそういった内容の物語になってます。
途中一部どぎついシーンが出てきたりもしますが、
一気に楽しく読んでいただけるように書いたつもりです。

(2012年5月1日)

***************************

…らしいですよっ!!!!!
確かにそんなお話です。
「一部どぎつい」ところは、正直読むのがしんどいので、
多少直すかもしれませんし、そのままがいいと判断したら
そのまま載せちゃうかもしれません^^;

全部でナンバリングが13になっていたので、その番号に沿って
アップしていきたいです。一日ひとつずつ上げられるといいなぁ。
お盆を挟むので、多少調整するかもしれませんが、
そんなペースでゆるゆる作業を進めていけたらと思います。

ツイッターで毎日更新のお知らせを上げるのもあれなんで、
更新完了するまで、黙ってぼちぼちアップロードしていこうと思います。

ではでは、読んでいただけるかたは、こちら からどうぞー!!!!

このお話は連載に向いている内容だと思いますので、少しずつちみちみ読んで
いただけると、より楽しいと思います。
どうぞよろしくお願いします(^∀^)

*******

追伸:

カクヨムユーザーさまでお知り合いの皆様へ

フォローや☆など、アクションいただき、ありがとうございます!
カクヨムさんでは自分の作品をアップするぐらいしかできず、外に対して
アクションする余裕がなさそうで…ほんと申し訳ないです。
この場で一言、お礼だけでもと思いまして…。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m