猫とワタシ

Wandering Note

創作文芸サークル『a piacere』の活動状況など

この記事のみを表示する『屍鬼』感想

本・漫画・映画

shiki.jpg

こんにちは!
今日は梅雨の晴れ間で、めっちゃいいお天気です。
日差しはきついけど、風は気持ちよくて、なかなか過ごしやすいです。
これ以上暑くならないでほしい…………(酷暑が来るのが怖い…)

さて、ここのところずっと読んでいた「屍鬼」、ようやく読了しましたーーー\(^0^)/
文庫版・全五巻。5冊とも、そこそこ分厚い感じですが、まったく長さとか中だるみとか
感じませんでした。 どの部分も削れない、必要な箇所ばかりだと分かるので。
「村」という閉じられた共同体、そこに住む村民一人ひとりの置かれた立場、それぞれの
個性、考え方の偏り、その発露としての行動と結果、そこから誘発される別の誰かの
行動…、いろんな「必然」が繋がって、小さな村にじわじわとしのび寄る「死」の蔓延、
その過程が恐ろしく緻密に、そして違和感なく描かれています。どこを切り取って
みても不自然な箇所がない。登場人物の人数が尋常でなく多く、どの人も違った
個性を持っているのですが、「分かる」もしくは「こういう人いるよね」という人ばかりで、
この多彩な人物像を捌ける作者さまの度量の深さたるや、並々ならぬものがあります。
人の内面の汚い部分をこれでもかとばかりに暴いていきますが、どのキャラもなんだ
かんだで憎めないんですよね…。
同時に、登場人物はそれぞれこの作品のなかで「役割」を負っています。個別の人間
ドラマとしてリアルであるのと同時に、彼らは作品を動かす重要なパーツにもなっている。
あくまで高度な技術でもって、難解なパズルのピースを少しずつ埋めていくような印象を
受けます。
後半は、屍鬼の側の視点も入ってきて、内容はより複雑で哲学の色が濃くなってきます。
ホラー要素も濃くはありますが、この作品の底にあるものは正義、秩序を是として生きる人の
群れの危うさ、感情に翻弄される人間の弱さ、または秩序から逃れ(あるいは弾かれ)
ながらも、自己であり続けることの孤独、絶望、そしてその先にあるもの。言葉だけでは
理解するのが難しい事柄を、ストーリーを介してきっちりと語ってゆく。その的確さ、問題に
まっすぐに切り込む逃げのない言葉。私のようにあまり観念的な話を解さない人間にも
分かりやすく書いてくれていて、そこがとても良かった。
内容的にはこれ以上ないくらい残酷な描写が続くので、万人受けしないのは分かっている
のですが、怖いのが苦手なので無理、で読まないでいるのは正直勿体無いと思ってしまう、
すばらしい作品です。
(途中から村人よろしく段々感覚が麻痺してくるしね…笑)
例えるなら、遠くから眺めてもすごい絵なんだけど、近くに寄ってよく観察してみると、
本当に緻密に書かれた人の営みが描かれている…みたいな。
マクロでもミクロでも楽しめる、そんな作品です。

……とまあ、ネタバレを避けた感想? はそんな感じなのですが。

以下は、ネタバレ含む感想というか、雑文です。
これから屍鬼を読もうと思っている方は読まないことをおススメしますw




*************