猫とワタシ

Wandering Note

創作文芸サークル『a piacere』の活動状況など

この記事のみを表示する同人誌読書感想(2018) その1

同人誌感想

dojin2018-1.jpg

みなさまこんにちは!!
体力がなさすぎて、近頃は暇さえあれば眠っているまりもです。
休眠期なのか…な…_:(´ཀ`」 ∠):_
(もはや人間ではない別の何かの生活リズムで生きている…のかもしれない)

いや、それではいかんと思い、死にかけた脳細胞を奮い立たせて
原稿を直したり、感想を纏めたりしております…
お仕事が今、そんなに忙しくないのでね…割と時間が取れるのが
ほんと、ありがたいです…(その分お給金は少ないけどな…w)

というわけで、久しぶりに読書感想をお送りします~。
思えば随分書いておりませんで…。
入手時期はバラバラです。自分でもどこで手に入れたのかあまり
記憶が定かではなかったりしますので、もう順序などは気にせず、
感想を書けたものから順に上げていきます。(すみません汗)
短編作品から先に読む傾向があります。
長編作品はどうしても後になってしまうと思います。
申し訳ありませんが、ご了承くださるとありがたいです。


今回は2018年の第一弾です。
今後も折を見て4、5作品ずつアップしていこうと思っています。
あまりくどくど書くのもあれなんで、今回は比較的あっさりと書くつもりです。
(いつも戦利品写真を上げないため、読了報告も兼ねております)
今後の更新につきましては、ツイッターなどで都度お知らせをさせてもらいますね^^


*****************

春木のんさま 『睡魔という仕事』

何年か前に睡魔さんの折本を読んで、やんわりと艶っぽい雰囲気や設定が
素敵だなーと思っていたのですが、今回新たに睡魔さん本が出ていたので
迷わず入手しました!
眠りというものはままならないもので、眠たかったり眠れなかったり。
生活の中で切実なものであるのと同時に、安らぎを与えてくれるものですよね。
眠っているとき、そばで睡魔さんが寄り添っていてくれるというイメージは、「眠り」
がもたらす優しく包みこむような安心感を象徴していて、素敵だなと思いました。
「睡魔さん」は男性のイメージなんですけど、「夢魔」が女性の姿をしているという設定に
すごく興味を引かれました。
夢魔さんサイドがどんなお仕事をしているのかも、気になるところです。


まるた曜子さま 『庭常のサフトに小指をひたして』

ジャンルバラエティに富んだ短編集でした。表紙カバーの色合いと紙質がとても素敵。
色んな物語がありましたが、SF(『あなたのとなりで』)、すごいですね。私、ああいう作品を
書ける人を本当に尊敬します。
リアルな科学の先にある世界って、知識がないせいもあるとは思いますが、本当に
まったく想像できなくて……。すごいです。
明るいキャラが多いというか、いじけたところがなく、気持ちのいい登場人物が多かったです。
悩んだり、どんなに過酷な環境に置かれていても、前を向いて進んでいく、強さ逞しさが
とても鮮やかで、印象に残りました。
(追伸。300字SS『高度に横滑りした仲良しはBLと見分けがつかない』が可愛くて好きw)


凪野基さま 『ホクスポクス』

ナギノさんの短編集! 表紙がめちゃ可愛い~!
ナギノさんも凄腕のSF書きさんですが、「ぼくの、ヒーロー」のフランツが、以前読んだ
フランツとちょっと違って(?)ノルンに鼻の下を伸ばしてた(エリク談)とこが…ッ!!!!
…いや、いいんです。いいんですよ? フランツも人間ですもんねッ…!!
(何となくエリクに共感した人 笑)
…とかいう話はどうでもよくてw 
ナギノさんの物語って、とても設定や情景が緻密で、まず先に「世界」があって、その世界の中で
キャラクターが生きている、という感覚で読めるのが特徴的だな、と思います。絵でたとえると、
すごく細やかな背景があって、その中で生き生きと暮らす人のリアルが描かれているという感じ。
ここではない色とりどりの世界を旅するような気持ちで、物語を楽しませていただきました~!


永坂暖日さま 『においのゆくえ』

表紙とタイトルが気になって購入しました。これは、いいですねー!買ってよかったです。 
どの作品もすごく人間らしくて好きです。特に『虜囚』が好き。 人生を賭けた一途な恋、
という見方もできるはずなのですが、「美しい初恋」ではなく「妄執」という言葉を使うところが
最高に好きです。なかなかこういう風な書き方をする作品ってないんじゃないかな。
でも、恋って基本、独りよがりなものだと思うし、言うほど美しいものではないと思うのです。
人の未練って、なかなかに厄介で、扱いにくいものなんじゃないかと思います。



この記事のみを表示する第6回文学フリマ大阪レポ(2018・9・9)

文芸イベント関連

2018osaka.jpg

こんにちは!
台風や地震が短い間に色々と起こってしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか…! 
このブログを訪問してくださる皆様が、お健やかであればいいのですが…
本当に、今年は災害オンパレードな年になってしまいましたね。。

大阪も台風被害で大変な中ではありますが、

第6回文学フリマ大阪 予定通り開催されました!!

↑ブース全景。今回は3作品×二段にして置いてみました。
前段の本の説明を下に持ってきた関係で、刺繍の看板を今回ちょっと
位置調整しました(若干下に縫い直してみました)

初めてのOMMビル開催ということで、まずはアクセスが最強だったのが最高でした!
雨が降っても、最寄り駅から会場まで濡れる心配がないというのが嬉しかったです(;∀;) 
イベントって日曜か祝日に開催されることが多いため、翌日(=平日)は早朝から
起きねばならず、色々家族に協力してもらってはいても、帰宅後に若干の家事もあるし…
どうしてもバタバタしてしまうので、アクセスの良さで少しでも帰宅時間が早まると
とてもありがたいです。これからも出来るだけここでやって頂けたら嬉しいなぁ。 

会場に入ったとき、奥行きがそれほどではなかったせいか、そんなに広い感じが
しなかったのですが、あれは多分、横に長ーい会場だったんですね…?
自分のブースの周辺しか様子が分からず、全体の空間把握ができないまま終わって
しまいました…。 次回はもう少ししっかりと回りたいです。

で、自分のブースについての感想なんですが、まず、一番思ったのは
大阪の人は、
無料配布品のみを貰っていく人がとても少ない
…ということ。(もちろんゼロではないですが)

今回、横長本を配ったんですが、あれだけを持って行ってくださる方が
とにかく本当に少なかったです。
大阪といえば、お客が気軽に「ちょっとまけて」と声を掛ける文化がある、
みたいな印象がありますけど、あれも「対価があるものをお得に入手する」と
いうことであって、「タダのものをゲットする」ということではないですよね。
他の地域も似たようなところはあるかも知れませんが、何年も参加してみた印象として、
大阪は特に「無料」がまったくメリットにならない土地柄だなーと思いました。
(そういえば「タダでも要らんわ」というワードにも鉄板みを感じます…震)
私などは無料です、って言われたら結構喜んで貰うタイプなんで、掌編やお試し読み
などを置いてくれると嬉しいんですけどね。
そういうこともあって、横長本は主に、本をお買い上げくださった方々にお声を掛けて、
一緒に貰って頂きました~w
(皆さん快く貰ってくださいました。ありがとうございます;∀;)
自分ではあの掌編のコンビは結構気に入っているので、お買い上げくださった
本のついでに冊子も楽しんで頂けたらなぁと願うばかりです。
(文フリ当日に、数名の方に「トメオ読みましたw」ってご報告を頂きました 笑)

有料のものは、結構まんべんなく見て頂けた印象でした。(ありがとうございます!)
通りすがりの50代くらい(と推定される)年代の男性がたが「時効ですよ!」に足を
止めてくださる確率がすごく高くてびっくりでした。
「摘み草の薗」は関西初だったので分かるのですが、とにかく「空気ソーダ」が未だに
つよいのが驚きです…! 前回テキレボ委託のときは落ち着いた印象だったのですが。
私も気に入っている本なので、嬉しいです。 

あっ、在庫が少ないと言いながらも長々置いている「ギャラクシィ少年の社会見学記」
は、あと2冊で終了になります。(この二冊が旅立つのに時間がかかるかもしれませんが)
「空気をソーダで割る方法」にも出てきたナオと来人の二人組のお話になっています。
再版はしないつもりですので、「空気ソーダ」を読んでくださった方で気にしてくださる方が
いらっしゃいましたら、次の文フリ京都で「ギャラクシィ」をチェックしてくださいませ~!

その他印象としては、
・堺とは客層が変わった?(会場が都会になったからか、お若い方が増えた気がする)
・ツイッター・カタログ、もしくは見本誌を読んで来てくださった方が多かった気がする
(事前に情報収集⇒迷わず買う、という人が多かったというか、ほとんどだった)

…やっぱり新しい会場だからなのかな?
何かにつけて、ちょっとずつ今までとは違った気がします。
終始賑やかだなぁと思っていたら、過去最高の来場者だったらしいですね!!
とても楽しい1日になりました(^∀^)

次回は、時間配分をもっとしっかり練って、一人でもうまく回れるようになりたいです。
今回、回れなかったところが多かったので、次の京都はその辺りを気をつけたいなぁ。
雑談なども気軽にできれば嬉しいですが、皆さんイベント中はお忙しそうだし、
なかなか難しいですね~。
今回入手した本に限らず、これまでに入手している本についても、これからゆっくり読んで
感想など書いていけたらと思っています~。


というわけで、
次回は2019年1月20日開催・第三回文フリ京都です!!
新刊を持って行きたいので、がんばります…!!!

ではでは、ブースに来てくださった皆様、本をお手に取ってくださった皆様、
お話してくださった皆様、本当にありがとうございましたー!!
楽しかった思い出を明日の糧にして、次のイベントに向けて頑張りたいと思いますヽ(*´∀`*)ノ