猫とワタシ

Wandering Note

創作文芸サークル『a piacere』の活動状況など

この記事のみを表示する2013年の桜

つぶやき

sakura2013-1.jpg

近所の公園に桜のきれいなところがあって、
毎年そこにお花見に行きます。
近所の人も敢えて見に出てくるというわけでもなく、
いつもひっそりとしてて静かなので、のんびりと眺める
ことができます。

毎年1/6のお人形と一緒に撮っていたのですが、今年は
つぶちゃんと一緒にでかけました。

sakura2013-4.jpg

我々が心配せずとも
毎年花は咲くし
実をつける
それが理というものだ

先日、『蟲師』を久しぶりに手に取りました。
上の台詞は、9巻の最後のお話の中に出てきたものです。
春が来たと同時に見事なまでに一気に花開いて、さっと散ってしまう、
そんな桜の花には「理」の存在を強く感じます。
多分、そういうところが桜の大きな魅力なんだろうな。

sakura2013-5.jpg

ほんとうに、満開の桜の木ほど見事なものはないなぁと。
今年もよいものを見せてもらいました。感謝!




コメントの投稿

secret