猫とワタシ

Wandering Note

創作文芸サークル『a piacere』の活動状況など

この記事のみを表示する赤目の滝と『水域』

つぶやき

akame1.jpg

九月も後半に入り、大分涼しくなってきましたね^^
バテバテで家にこもっていた夏を取り返すべく、先日の三連休に
ちょいと山歩きしてきました♪
赤目四十八滝という、滝がいっぱいあるところです。
何年か前に寺島しのぶさんが主演で映画化された『赤目四十八瀧心中未遂』
って作品、ありましたよね。
私は観たことがないのですが、あの作品の舞台になったところです。

水がすごく澄んでいて、とても気持ちのいいところでした。
上の写真のような滝がところどころにあるのですが、その滝が、漆原友紀さんの『水域』
という漫画に出てくる滝壺のイメージそのもので…!
『水域』に出てくる滝壺は、ダム建設のために村といっしょに水没してしまったのですが、
そこには龍神さまが住んでいたんですよね…。

漆原さんといえば『蟲師』が有名ですが、蟲師にも、水を扱う作品がいくつか出てきます。
この方が持っている自然へのまなざしが大好きなのですが、水のイメージがとりわけ好きです。
赤目で見た水が、すごく漆原さんの作品の中の水のイメージにピッタリだったので、今日
たまたま目に入った『水域』を再読してみたのですが、やはりすごくいい作品で(;;)
ああいう場所は、汚しちゃだめだ、大事にしなきゃいけないなぁとつくづく思いました。


akame2.jpg

滝への入り口にオオサンショウウオセンターがあるのですが、そこの水槽にいらっしゃったお方。
多分推定50歳だったかと…。
もさっとした動きと、つぶらな瞳が可愛かったです(*´∀`*)


コメントの投稿

secret