猫とワタシ

Wandering Note

サイトのお知らせ&雑談中心です。

この記事のみを表示するドラえもん観て来ました

本・漫画・映画



もう先週になるんですが、CG版のドラえもん映画観てきました!
3D版(初体験!)で観たのですが、メガネonメガネではちょっとしんどかった^^;
空を飛ぶシーンとかは迫力ありましたが、メガネ人間としては2Dで十分だったかも。

私はCGアニメの映画をこれまでほとんど観たことがなくて、元々苦手意識を
持っていた上に、子供のころから馴れ親しんだのドラえもんシリーズのCG版と聞いて
そんなのありえない!とはなから違和感全開だったのですが、それに追い討ちを
かけるように、ト〇タの社長なんかが映画観て泣いてる映像を宣伝に使ってたので
(「泣ける」を宣伝に使われると絶対に観たくなくなるタチです)もう無理、マジ絶対無理と
思ってたのですが、息子がどうしても観たいというので、しぶしぶ連れて行くことに。。

だけどその結果、思っていたよりもすごくよい作品だったので、行ってよかったです(*´∀`*)
ありがとう息子よw

新しく作られたストーリーというわけではなくて、藤子・F・不二夫さんが書かれた原作の
いくつかをうまく繋ぎ合わせて一つの物語に作っている感じでした。
なので、ストーリーに違和感を感じることもなく、よい意味でいつものドラえもんであり、
しかも、ものすごくキレイにまとめてくれていて、ドラえもんワールドの中でも特に重要な
ポイントや世界観がぎゅっと詰め込まれているので、内容も濃くて楽しめました。 
この映画で初めてドラえもんを観る人にも親切に作られていると思います。
やはり海外向きに作られたのかな?という印象は強かったです。

いくつかの話を繋ぎ合わせている割に、すっとまとまった作品になるというのはやはり、
原作の世界観がとてもしっかりしているからだと思います。
この映画を作った方々の、原作者に対する尊敬と、「ドラえもん」への愛を感じました。

秦基博さんの主題歌がまたよくてですね…!
息子もこの曲がとてもお気に入りなので、二人でめっちゃ聴いてます(笑)
どんなにスレた大人になっても、こういう純粋な気持ちを歌っている曲を素直にいいなと
思う心は堅持したいものでありますw

****

追記:
一つ前の記事に拍手ありがとうございました☆☆
めっちゃ長い記事なのに…! 嬉しい!!
書いた甲斐がありましたです~(*^v^*)






コメントの投稿

secret