猫とワタシ

Wandering Note

サイトのお知らせ&雑談中心です。

この記事のみを表示する春のお知らせ各種

文芸イベント関連

kuma2015sp-2.jpg

4月ですね!
新学期も始まり、いろんなことが新しくなる季節です。
春休みはちょいと帰省してきました。九州はちょうど桜が満開の
時期で、とてもきれいだったです~!

帰省中は蒸し暑くて、梅雨?っていうくらい暑かったのですが、
ここしばらくは一転して冷たい雨が続いていますね。。。
今年は春らしいぽかぽか陽気な日になかなかお目にかかれず
残念です…早く安定した暖かい日が続いて欲しいなぁ。

*****

以前にも少しお話しましたが、4月19日(日)に本の杜というイベントで、
まりもが参加させていただいたアンソロジー本が頒布される予定になっています!
わ~!!めでたい~!!!!! ヽ(*´∀`*)ノ パチパチパチッ!!!

空想のまちアンソロジー『ぼくたちのみたそらは きっとつながっている』

企画、編集、発行は去年もお世話になった象印社さまです。

コンセプトは、閉じられた『まち』の物語。
特別な立場や事情がない場合、街の外に出るバスに乗るのは法外な値段がかかる。
人々は生まれた『まち』から出ることなく、生涯をその中で暮らすのが当たり前となっている世界。
そこに存在する数々の『まち』の物語を、それぞれの作家が書き綴った物語集となっています。

このテーマ自体、とっても面白いと思いませんか?
人の数だけ、色んな面白い街ができるんじゃないかと思います。

詳細はまだこれから発表になるみたいですが、主催者であるくまっこさまのツイッターでは
カバーイラストやデザインも徐々に明らかになってきております。
素敵なものになるようですよ~!!

私はこの作品集に『楢の薫り、楓の音』というタイトルのお話を寄稿しています。
楽器職人が住む「音町」という町のお話です。
今年のお正月に、久しぶりな方にお会いして自分の楽器を調整してもらえたり
お話を伺えたりしたので、そういうものが取材的にも、インスピレーション的な
意味でも、とても役に立ったと思います。
好きな音楽とか、楽器のこととか、いっぱい込めて書きました。
このアンソロジーのコンセプトがあって、初めてぴたりとはまった物語なので、
企画を立ててくださったくまっこさんにはとても感謝しています!
いつも本当にありがとうございます!!

******

そしてそして、文学フリマ東京の日程も近づいてまいりましたよ!

5月4日(月祝)11:00~17:00
会場: 東京流通センター 第二展示場
東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
ブース番号 C-34 

であります。
東京では、3年ぶりの出展になります。
3年ぶりの皆様との再会…!!!
次回がいつになるのか不明なので、この機会を逃さず、ご挨拶
かたがたあちこち回りたいです><
今回、出来心で出張することにしたので、あまりしっかりと準備ができて
いないのですが、無料配布する冊子には掌編を2編載せるつもりです。
その他色々なことを書いてます。詳細は、また後日お知らせします^^

******

東京の前に、来週は文学フリマ金沢が初開催なんですよね。
19日だなんて、本の杜とまるかぶりじゃないですか!!
最近、地方に押し寄せる文章系イベントの波がすさまじいですね…!!!
この調子で、どんどん広がればいいなぁ(*´∀`*)
どちらに参加のみなさまも、楽しいイベントになるよう、お祈りしています♪♪

kuma2015sp.jpg

おまけ。
熊本城の石垣はめちゃくちゃ美しいです。
武者返しのカーブ、まじぱねえっす。
昔の人ってほんとすごいですね~(゜∀゜)!!

コメントの投稿

secret