猫とワタシ

Wandering Note

サイトのお知らせ&雑談中心です。

この記事のみを表示するサークル誌について

文芸イベント関連

こんにちは!
文学フリマ金沢&本の杜7も盛況のうちに終了したようで、
戦利品写真などがツイッターのTLに流れてくるのを眺めている
今日このごろであります。 参加されたみなさまお疲れ様でした!

くまっこさんのアンソロジー本が戦利品写真の中にいっぱい写って
いるので、すごいなー!と思っているところです。
私は東京で受け取る予定なので、それまでわくわく楽しみにしています^^


*****

さて、そんな文学フリマ東京で頒布するサークル誌について、一つお知らせです。

当サークル(アピアチェーレ)では、2010年~2012年の間に手作りのサークル誌を
3種類製作しました。文学フリマ東京にも、それぞれ数冊ずつ持参するつもりです。
で、手持ちの在庫をチェックしたのですが、一部接着剤の劣化で本の内部に
染みのあるものが発見されました。
背表紙なども、染みの目立つもの、はがれやすくなっているものがあります。
特に、最初に発行したものは5年以上経過しているため、難のある本が多いです。
今回、チェックして、問題のある本の表紙は新品に作り替えましたが、中身についている
染みについては、取ることができず…。
そのため、2010年刊の『絶対温感』というサークル誌に関しましては、在庫のすべてを
半額の100円で頒布させていただくことにしました。
文字の部分には染みはなく、読むのにまったく支障はありません。
一応、他の11年刊、12年刊のものもチェックしましたが、東京出展に関しては、きれいな
ものを出すことができそうです。
…が、今後そういう難アリ本を出すときは、半額にさせていただこうと思っています。


また、過去にサークル誌を買っていただいたことがある方で、手持ちの本が劣化してし
まったので交換して欲しい、という方がいらっしゃったら、お持ちくださればきれいなものと
交換させていただきます。
素人の手作り作品なもので、なかなか経年の劣化まで想定できておらず…もうしわけないです。
5月4日の文学フリマ東京に来られるご予定がある方は、お手持ちの本をチェックしてくださったら
ありがたいです。なにとぞよろしくお願いします。

今回、持参する冊数は各10部以下になると思うのですが、万が一交換できなくても修理はさせて
もらいますので、遠慮なくおっしゃってくださいね。

文学フリマ東京のブース番号はC-34です。
どうぞよろしくお願いします。


追記:
ひとつ前の記事&ドール部屋に拍手ありがとうございました~!
お人形部屋、放置しすぎですね^^; また写真撮りたいなぁ…!!!





コメントの投稿

secret