猫とワタシ

Wandering Note

創作文芸サークル『a piacere』の活動状況など

この記事のみを表示するゆく年くる年

つぶやき

xmas2015.jpg


クリスマスイブですね!
先日、雑貨屋さんで可愛いグッズを入手したので並べてみたんですが…
小人が斧やのこぎりを振りかざしているので、並べてみると微妙に
スプラッタな妄想が頭をよぎります…笑

本当はクリスマスぐらいはお人形をちゃんとしてあげたかったですが、
可愛い衣装を調達できず…><
お人形サイズの編みかごのバッグだけ調達してそのままになってます^^;
またそのうち、小物とか並べて遊びたいです。。

*****

まだ年末までは少し時間があるのですが、小人写真を上げたついでに
少々今年の総括を。

年明けに引いたおみくじにショックを隠せず、リアルのあれやこれやで
ツイッターのTLを汚したり(汗)、年初は多少ごたごたしてましたが、
一年を通して文芸関係の活動がたくさんできて、個人的にはとても
充実した一年でした。
特に、色んな楽しい企画を立ち上げて、みんなで楽しもう!という機運を
盛り上げてくださった文芸クラスタの皆様に、厚く御礼を申し上げます!!

私が初めて文芸イベントに参加したのは多分5~6年前になるのですが、
最初のころと今では、文芸界隈の雰囲気は随分変わったような気がします。
当初はどこかストイックじゃなきゃいけない、皆で楽しむって結局馴れ合いじゃ
ないの?みたいなところがあったというか…。
まあ、もちろん文学というか文「芸」なんで、芸の道が長く険しいのは当然な
わけですが、そこは長くやっていれば個人個人よく分かってると思うし、他人が
とやかく言うことではないと私は思うんですよね…。
っていうか、少なくとも自分が持っている最大限のものを出すぐらいのことは
しないと、人は見てくれないし、アマチュアとはいえ、厳しい世界だと思っています。
イベントは、そういう個々人の努力の成果を出す場でもあるし、そういう場を
皆で楽しむって、すごく素敵なことだと思います。
そして今年、そういう雰囲気の場になってきたなぁとしみじみ思えたのは、

「新しくイベントを開催するよ!」という方がいたり、
「こういうテーマで本を作るので原稿を募集します」という方がいたり、
「初めて出展する人はこういうところから参加するのはどうでしょう」という
提案や企画を立てて下さる方がいたり、
「ツイッターを使ってSSを発表し、気軽に交流しよう」という方がいたり、
「折本ならA4から一枚で本が作れるよ」と教えて下さる方がいらっしゃったから
こそだなぁ、と思いました。

私自身は企画立案するほどの手腕はなくて、書いて参加するだけで精一杯
なんですが、来年も隙あらばいろいろな方の企画に乗っかって、楽しく芸を
磨いていけたらなぁと思っています。
文芸の趣味を通して、色々な方とお知り合いになれて、とても楽しい一年でした。
お世話になったみなさま、本当にありがとうございました。

家族はもちろん、このブログをご覧のみなさま、お世話になったすべての方々が、
来年も健やかに過ごせますように!


また来年も、どうぞよろしくおねがいします。


コメントの投稿

secret