猫とワタシ

Wandering Note

サイトのお知らせ&雑談中心です。

この記事のみを表示する帰省しました(熊本の記録①)

熊本のこと

kuma2016-1.jpg

暑い日がつづきますが、皆様いかがお過ごしでしょうか…!
お盆真っ只中に、熊本へ帰省しました。
地震後初めての熊本入りで、とりあえず熊本城の状態を見に行ったのですが、想像以上に
崩れちゃっていてショックでした。。。
画像で見る印象よりも、実際に見るとずっと痛々しくて…。 ぐるっと車で回ってみたのですが、
あちこちで石垣が大変なことになっていました。これは復元するのに相当な時間がかかりそうです。

↑の写真は、熊本のメインストリート・通町筋の路面電車駅から撮りました。
この通りから見る熊本城の眺めがすごく好きなんです…(;_;)


kuma2016-2.jpg

毎年暑いですが、今年の暑さは恐ろしいレベルで(下通商店街の入り口で、熱中症で搬送
されるうら若き女子を見かけました…)、さらにいつも避暑に行っていた阿蘇は道路がまだ
大変な箇所も多く、今年は遠出はせずに、市内中心部を散策しました。
上通をうろついていると、長崎書店前で震災の写真展をやっていたので、展示されて
いた写真をまとめた冊子を二冊購入しました。
「ゼロの阿蘇」vol.1と2です。1は震災直後の写真、2は農業被害についての写真が
まとめられています。
市内各所や益城町も大変なところは多いですが、阿蘇の被害は本当に甚大なようです。
あまりテレビでは見なかった阿蘇の被害状況がよく分かりました。

この写真集を買うと、一冊につき200円の寄付ができるそうです。
通販可能のようですので、ご興味ある方はこちらをご覧くださいませ。

あちこちで屋根にかけられた青いビニールシートを見かけましたが、やはり地区によって被害の
大きさはまちまちみたいです。
どこの地域も古い日本家屋の伝統的な屋根瓦のおうちが一番大変そうな感じでした。

まだ時々震度4の揺れが来ているし、復興もこれからようやく、という印象でしたが、
田んぼの稲はしっかりと育っていて、緑がとても美しかったです。
道の駅など、いつも行くところもあちこち回ってきましたが、どこも混雑して活気がありました。

…というわけで。まずは震災について、自分が見た範囲での印象をお届けしました。
次回からは、あまり震災関連に触れない、普通の旅の記録みたいなものを上げていこうと
思っています。 毎年「帰省しました~」とか書く程度で、詳しいことは書いていなかったのですが、
今年は数回に記事を分けて、熊本のニッチな魅力をお届けできればと思っていますので、
お付き合いいただけたら嬉しいです~^^




コメントの投稿

secret