猫とワタシ

Wandering Note

サイトのお知らせ&雑談中心です。

この記事のみを表示する【a piacere】第四回文フリ大阪・参加レポート

文芸イベント関連

bunhuri-osaka2016.jpg
↑この配置はダメな例ですので、みなさん真似しないようにしましょう^^;;


猛烈な台風で、予定も何も吹き飛んでしまった感がありますが
みなさまいかがお過ごしでしょうか…。

先日18日、大阪堺市にて開催されました『第四回文学フリマ大阪
無事終了いたしました!!
お立ち寄りくださった皆様、本当にありがとうございましたーーー!!!

************

ごめんなさい、あまり周囲をよく見られず、全体的な印象を語ることが
できないんですが、(お天気もまあまあ持ってよかったなーぐらいで)
以下は、ごくごく個人的なレポートになります。

では、まずは当日の様子からどうぞ…!!(反省点多々含みます)

今年から早朝パン屋の仕事がなくなったので、ちゃんと開場前に
現地到着…開場待ちの列に並べました…!! 
仕事が無いと、やはり体力的にはかなり楽でした♪

で、一応予定通りの設営(上の写真参照)をしてみたんですが、ん…なんか、
想定よりも机のサイズが大きい気がする…^^;
また、配置図によると、お隣だったナギノさんのスペース横は通路があるはずだった
のに、…通路っていうか…隙間…? …めちゃ狭くてびっくりしました。 
机だけを置いた状態なら辛うじて通れる(?)かもしれませんが、みんな布とか本とか
をきれいに並べてみっちり展示しているので、あの隙間を通ると他所のサークルさまの
ディスプレイを崩しちゃいそうで、結局その通路(っていうか隙間)は使えなかったです。
(テーブル下をくぐったり、島の内部を通って、端まで移動して出入りしていました)
ちょうど真ん中あたりのスペースだったので、通路をもうちょっと広くしてもらわないと、
スペースの出入りがすごく厳しかった…です。
多分、抽選無しにするために考えられた苦肉の策だったのかもしれませんが。
出入りできる通路については、もう少し広く取っていただければ嬉しいです。

あと、これは出来れば参加者さまにお願いしたいのですが、自分のブース番号を
出来るだけどこかに明示してくだされば、とてもありがたいです><
机に運営さんが小さく書いくださっていたブース番号を頼りにサークルさんを探していたら、
熱心に本を見ていると勘違いされて売り子さんに声を掛けられ、すごく本を勧められてしまい…
(あ、いや、私は〇〇さんとこを探しているだけなんです…ごめん><)とか言いにくくて
モゴモゴしてしまいました(;_;)
結局、そのサークルさんの二つ隣のところに探していたサークルさんがあって、すごく
微妙な雰囲気に…^^; 
なんか申し訳なかったので、サークル番号、可能ならばはっきり分かるようなところに
書いてあるサークルさんが増えたらとても助かります。 どうぞよろしくお願いします。

配置については、新刊を目立たせたい!という一心で、新刊コーナーを一段高くして
ひな壇的に置いてみたつもりだったのですが、これが案外うまくいかず。
(いや、写真撮った時点で気づくやろ普通って感じなんですが><)
事前チェックなしで買う本を探していらっしゃる方にとっては、手にとって貰いにくい
配置だったと思います。
手前にあるほうが手に取りやすいかもと気づき、途中で配置を変更して、手前に
平置きしてみたら、やはり立ち止まってくださった方が増えたので、最初からそうして
おけば良かったです。
後ろに置いてある無料配布品についても同様な感じでした。
去年は無料配布が結構多めに出たので、まったく傾向が違って戸惑いました。
こちらも後半、前に置いてみたのですが、そうすると手にして下さる方が増えました。

結論: 一番目立たせたいものは手前に平置きがベター

(とはいえ、上の写真で手前に置いてある私の個人本はほぼ動かずだったので、
配置だけではないのかなやっぱ… 難しいですホントに…;;)

そんな感じで、色々と試行錯誤しつつ、配置も変えつつ様子を見つつの展示だった
のですが、立ち止まってくださる人数や、どの本を手にとってもらえるのか
は置き方によっても明らかに変わったので、なるほどなー!!と勉強になりました。
(年に1、2回しか直接参加しないので、歩みは亀です…。。。)

新刊は、結構ツイッターで気に掛けて下さる方がいらっしゃって、この本をを目当てに
来てくださる方が多かったので、私が配置ミスしようと何をしようと、ありがたい感じで
売れていきました。さっきから景気悪いことばっかり書いているこのレポですが、すごく
いっぱい手に取ってもらえて、新刊の売れ行きは上々な結果でした(ありがとうございます!)

ただ、それ以外がちょっと厳しかった…。。。。
(あっでも、くまっこさんのご本はいい感じでお嫁に行ってくれましたよ…!例年通り!!)

ひとつには、文芸サークルさん全体の製本技術が急速に上がっていて、手作り感が
にじみ出た素朴なコピー本を置いているサークルさんがすごく減った、というのもあるかな。
手製本品があったとしても、絵とコラボしたり、美しさを追求した作品が増えてきた
気がします。そしてそういう個性的な手製本品は、すごく人気があるし。
(私もそういう本を某サークルさまで大人買いしました)
手製本だから売れない、というわけではないんですよね。
うちのサークルが最初に作ったサークル誌三冊はどれも100P近くある手製本短編集
なのですが、表紙からコンセプトが一目で分かる、というものではないので、
そのあたりを今後何とかしたほうがいいのかな…と思いました。

うーん。そんな感じで、色々なことを考えさせられた今回の文学フリマ大阪でした。

******

…とまあ、色々個人的に反省する点は多いのですがっ!!!!

基本的には新しい出会いとか、お世話になっている方々の優しさありがたみを
ひしひしと感じられるイベントになって、とても楽しかったです♪♪♪
以下に楽しかったこと・個人的ハイライトを箇条書きで残しておきます♪♪


①ナギノさんと初めてお会いできて、いっぱいお話もできて
嬉しかった!!!!


(私からみたナギノさんは、ツイッターの印象とそんなに違わなくて、すうっと
楽しくお話させていただきました^^
ナギノさんから見た私はwebでの印象とちょっと違ったぽいですが…w 
そうです正体はあんな感じです…笑)


②『ギャラクシィ少年の社会見学記』をお買い求めいただいた方に、
日付とサインを求められた


驚きすぎてうろたえてボールペンを必死で探すも見つけられず、その方に借りて
何とか書きました…^^;
サインとかしたの初めてだよ…(ドキドキ)
お知り合いの方じゃなかったのですが、本、楽しんでいただけたらいいな…。
テンパって申し訳なかったです。その節はありがとうございました…!!!!


③『宇宙びせいぶつしーちゃんのひみつ』を、可愛い小学生女子が
貰って行ってくれた!!!!! \(^0^)/


やったーーー!!!!!!!!!!
小学生の子に持っていって欲しくて作った折本なので、ちょう報われた気分です…!!!!
すごく嬉しかったですーーありがとう(;∀;)ノ


④去年熱い児童文学トークを交わした、BON*Li_Naのいがわさんと
再会できた(;∀;)


今年はお会いできるかな…と思っていたら、出展されていて、再会できて
とても嬉しかったです。
「あのとき色んな話ができたから今がある」っておっしゃってくださって、なんかとても
ぐっと胸に迫りました。良かった。ほんとに。
また来年も会いましょう!って約束できてすごく嬉しいですーー(ノ∀;)


⑤魅惑のサロンにお誘いいただけて、めくるめく時を初体験できた…!!

いえ、アフターのことです^^; 時間の都合上、短時間だけちょこっと混ぜて
いただいたのですが、その短い間にすごく興味深いお話を聞けて、素敵な方々とも
出会えて、とても嬉しかったです。


…そんな感じでしょうか…!!!
いつも企画やアンソロでお世話になっている皆様とも再会できて嬉しかったです。
なかなかイベント時には時間がなくて、ゆっくりとはお話できないんですが、
直接皆様とお会いすることができるのって、とても貴重で、幸せな時間です。
全体的に、とても楽しく、充実した一日になりました。


あわわ、、長文お付き合いくださりありがとうございました!!!
次回は来年1月開催、第一回文学フリマ京都に出展予定です。
(昨日申込みしましたー!)

次のイベントは、今回の教訓を生かして、より良い展示内容にできればと
思っています。

ではではみなさま、次は京都でお会いしましょう!!!
今後とも、どうぞよろしくお願いします(*^∀^*)ノ




コメントの投稿

secret

Re: こちらこそ!Re: こちらこそ!

いがわさまへ

こんにちは♪♪
お返事が遅くなってしまい、大変申し訳ありません。
コメントありがとうございます!

そうだったんですね~。
すごい…びっくりしました!!!
公募に応募するのももちろんですが、編集プロダクションを立ち上げるって
本当にすごいことですよね。
それらのきっかけになれたっていうのはすごく嬉しいことですし、
ちょっと信じられないぐらい驚きました…!本当に良かったです!!!

お仕事のほうもすごく大変だろうとは思いますが、個人集も是非
作っていただけたら嬉しいです^^
来年、読ませていただくのを楽しみにしています!
私もこれから、来年に向けてがんばっていきたいと思っています。

ではでは、お言葉、本当にありがとうございました!
また来年、お会いできるのを楽しみにしています(*^v^*)ノ