猫とワタシ

Wandering Note

創作文芸サークル『a piacere』の活動状況など

この記事のみを表示する2017年上半期同人誌感想祭り☆その2

同人誌感想

kansou2017-2.jpg

同人誌感想第二弾です~!!!
前回の感想より壊れ気味の内容が多い… です… (すみません 汗)


ではでは早速どうぞ!!!


***************


桂瀬衣緒さま 『城ノ内探偵事務所-Mission-』

殴りたくなる男がますます殴りたくなる展開で、そろそろいい加減本気で
殴りたいです(←重症)なんなの、きみたちなんでそんなにそんななん
!!?????ンモー、もだもだするやーん!!! ってなるんですが。
考えてみたら、このままのほうがこの二人は(そして読者もw)幸せでいら
れるのかもしれん、という境地に達してきましたので、このままお互いずっと
もだもだしておればいいのかもしれないです。
関係性に悶えたい貴方に全力でお勧めしたい一冊です。
チクショー!! お幸せにっ!!!!!!!


孤伏澤つたゐさま 『ゆめのむすめ』

「娘」「男」「獏」、それぞれの言葉を通して、それぞれが「夜」と「夢」に繋がって、
ひとつの流れを作ってゆく、不思議なお話でした。この「分かんない」んだけど
「分かる」感じ。できそこないの脳みそなので、ちゃんと説明できないんですが…
なんだこれーーー!!! すごい。すごいです。
作品の舞台について多くは語られないんですが、ずらりと並んだ扉、ミニマムな
雰囲気の漂う室内、茶葉の並んだキッチン、寝室、獏の入ったガラスケースのある
飼育部屋…などなど、出てくるのは不思議な空間ばかり。
どこかシュルレアリスムの絵のような。寂しくて均整の取れた美しい場所に放り込ま
れたような、不安と心地よさが一体となった気分に浸れます。
この不思議な世界、是非体験して欲しい。 すばらしい作品です。
貴重な読書体験をありがとうございました!


キダサユリさま 『プエラの肖像』

表紙のインパクトがすごいです…! 思春期に差し掛かった女の子たちの
微妙な心理を描いた物語集。美しく端正な言葉と絵、そして作品に含まれる
残酷な毒のコントラストにぐっさりとやられます。キダさんの作品は他にも
色々読んでいるのですが、どれも最高に最高です。ごめんなさい、具体的に
「こういうところがいいんです!」などとはどうにも書きづらくて。でもそういう
言葉にできないものこそが、キダさんの作品の真骨頂のような気がします。
しばらくお休みされるとのことですので、入手困難になるかもしれませんが、
手にする機会があれば、是非読んでみてください。
絵とストーリーの親和性にぐいぐいとひきつけられること請け合いです!


堺屋皆人さま 『江戸川悠の考察教室』

いまだ一巻しか読めていなくてすみません><
(二巻目は予習が必要、そして学外も持ってるんですが、二巻読了後に読むのが
推奨らしいので…まずは青空文庫からのスタートです…!)
 『羅生門』は確か中学生の頃の教科書に載っていて、授業も面白かったので好きな
作品でした。だけど、ここに書かれているのは、作者・芥川龍之介に関する様々な資料や
情報を頭において羅生門を読み解いていく、という試みでして、これがまた新鮮で面白かった
です。私も特定の好きな作家さんなどがいたら、その人自身に興味が湧くタイプなもので、
こういう切り口から作品を見ていくというのは面白く、好奇心がフルに満たされる思いです。
私は文学については門外漢なんですが、大学の文学の講義って一般的にこんな感じなの
でしょうか…?それとも、ハルちゃん先生の講義はかなり特殊だと思ったほうがいいのかな。
こんなことなら学生時代に文学の講義もちょっとぐらい取っておくべきだったなーと思ったり
しています。このシリーズ、他の本もすごく面白そうなので、読むのがとても楽しみですー!!



森村直也さま『普通の矜持』

デザインチャイルドというSF要素は入っているけれど、リアルに存在する社会問題なども
扱われていて、クールな筆致でありながら、熱いものがいっぱい詰まった森村さんワールドが
満載な内容です。自然環境の厳しい乾いた異国の雰囲気も、旅行してるみたいで楽しい!
色々と考えさせられることはもちろんですが、キャラクターも魅力的です。ローレックすき…
(お世話されたい 笑) シーマ、文句なしにかわいい!! グリントたん……貴方の洋画に
出てきそうな技術屋おやじっぽいとこ、嫌いじゃないよ…笑
ぎゅっと色んなものが濃縮された一冊です。森村さんの作品を最初に読まれる方にも
おすすめの作品ですー!!

コメントの投稿

secret