猫とワタシ

Wandering Note

創作文芸サークル『a piacere』の活動状況など

この記事のみを表示する同人誌感想(2020年・その1)

同人誌感想

aoi.jpg


年始にブログ更新したのを忘れてまた「明けまして…」などと書きかけてしまった^^;
最近月一程度しか更新していなかったもんな…

というわけで(?)、今日は同人誌の感想を書きに参りました!!
服部匠さま著 『蒼衣さんのおいしい魔法菓子』という本についての感想です!

まずは、この表紙を見てください… プロ味しかないんですけど…!!!
中にもこの表紙の背景のみのカラーイラストがあって、お店のイメージにぴったりで
すげえ…ってなりました。
ちなみに物理的な面ですごく好きだったのが、カバーの手触り。めちゃ持ちやすくて
気持ちいいです。

で、内容なんですが。
魔法菓子専門店『ピロート』というお店を経営する男性二人と、そこにやってくる
お客さんの日常の色んな悩みや気持ちを、お店の魔法菓子がふっと軽く癒してくれる…
という素敵な短編がいっぱい詰まっていて、なんというか、読んでいるうちに自分も
ピロートのお菓子で癒されているような気持ちになってくる、すごく素敵な作品でした。
色んな人が出てくるのですが、それぞれの日常の中にある、ちょっとした、だけどその人に
とってみてはとても重大なことをひとつひとつ丁寧に書いてくださっていて、「分かる…」とか
「なるほどなぁ」みたいな気持ちになりながら読ませていただきました。
服部さんは、人の感情を描くのがすごく丁寧で読者に寄り添った文章を書かれる方なので、
登場人物のどの人にも感情移入してしまいます。
反目しあう二人がいても、決して片方により過ぎず、どちらの思いも汲んで、うまく収拾して
くださるところがとても気持ちいいです。
魔法菓子という、現実の中にちょっとした不思議のスパイスが隠れている、という設定も
すごく好きで、全部が魔法みたいに解決できなくても、そっと背中を押してくれる隠し味の
ように機能しているところがめちゃくちゃツボです…!! 
その上、お仕事小説としてもすごくきちんとしたものでして、パティシエのお仕事について
はもちろん、蒼衣さんが接客で慌ててるとこなんか、めちゃ分かるわ…パニックになるよね…
とこっちまでドキドキしましたです。(昔行列のできるパン屋で仕事していた経験があるので^^;)
デパ地下出店の話とか、めちゃ興味深かったです。あと、「ふわふわシュークリーム」の
高坂さんや大滝さんが勤めている会社の話もリアルで深く頷きました… わかりみが深い。

蒼衣さんの過去の話は読むのがつらかったです。感受性… そう、感受性って個人差が
あって、なかなか発信した人の重さと、受け取った側の重さが違ったりするんですよね。
しんどくなっていくのも分かります。…でも、助けてくれる人もいるし。
私自身、人に拾ってもらいながら生きてきたところがあるので、人生、結構色んな縁で
回っているところがあるし、そうそう悪いことばかりでもないと個人的には思っているのですが、
蒼衣さんも、周りに自分の味方がいてくれて、そういう人たちに助け助けられながら生きて
いけるんだと気付いて、新しい道を見つけられてよかったなぁと素直に思いました。
八代さん、めちゃ気持ちいいやつですよね~!!! 奥さんはこの人を選んで大正解や~ん、
と思いましたです(笑) 
蒼衣さんと八代さんの関係も、べたっとしてなくて、でもお互いをしっかり思いあってて
理想ですよね。 こういう人間関係、なかなか難しいけど憧れます…!!!!

いやはや…なんというか、すごく優しく(作者さまに)エスコートされながらするするっと読めて、
自分まで癒された気分になれました。 ピロートというお店にぴったりの作風だし、魔法菓子と
いう設定にもぴったりの、とても心地よくて元気になれる作品でした。

服部さん、素敵な物語をありがとうございました!!!!

コメントの投稿

secret