猫とワタシ

Wandering Note

創作文芸サークル『a piacere』の活動状況など

この記事のみを表示する絵と写真

ラクガキ

蓮?

しばらく色々調子を崩してましたが、だいぶ復活気味です。
テキスト系の趣味はまだ気分的に無理っぽいので
絵を描いたりお人形写真を撮ったりしています。
上の絵は、次回TOP絵予定の一部…
だいぶ手抜きですが;

なぜこんな急ごしらえな絵を描いたかというと、実は「サイト名を
もっときれいな響きのものに変えたい!そのためには新しいTOP絵をっ!」と
思ったからだったのです…が、紆余曲折を経て悩んだ末、やっぱり
今のサイト名のままにすることにしました。。^^;
今まで自分でも気づかなかったのですが、私はカッチョイイ名前に
すると落ち着かないらしく、『まりもん堂』みたいにモッサイ響きの
ほうが安心するみたいです…(゚Д゚;
ぐぐ…名は体を表すとは、こういうことか…っ orz


昨日は、お庭で人形写真を大量に撮りました♪
私にしては珍しく、ほぼ手ぶれナシでいけました~ヽ(・∀・)ノ
やはり戸外撮影は楽しいです^^
たくさんあるので四つぐらいに分けて、順次アップする予定です!


この記事のみを表示するイメージ画

ラクガキ

武藤とルリ

今書いているお話の二人。女子が主人公です。
外見的には痩せてる、平凡な顔立ち、しか目立った特徴(?)が
ない人ですが、普通の顔って考えてみれば難しいですね^^;
ついかわいらしく描きたくなってしまいます。

武藤さんは既出の人です。おっさんと若者の間ぐらいの微妙な
年齢の人って、思えば描いたことなくって、色々合ってるのかどうか謎です。。
でもイメージはこんな雰囲気かも。

この記事のみを表示するオススメです♪

ラクガキ

ギンコ

昨日小説の拍手を押してくださったかた、ありがとうございました~!!
色々自信ないまま書いているので、ほんと嬉しかったです~~゜(つ´Д`゜)゜
完結まであと少しなので、また是非読みに来てやってくださいね…☆☆

―――――

別ブログにもちょっと書きましたが、最近「蟲師」にはまってます。
とても静かな印象の作品なので、読者としても冷静を保つことができるのですが、
実はここ数年読んだ漫画の中で、一番好きかもしれません。
…というか、他のものとは比べられないような、そんな独自の
魅力を持つ作品だなぁと思います。

この作品を読むとき、以前宮崎駿さんとの対談で養老さんが
言っていた「人間ごとにしか関心の向かない社会」という言葉が
思い浮かびます。
知らないうちに、そういうところで生きている自分に気づかされます。
そういう目線とは違う「蟲」的な場所から見ると、きっと世界は
全然違って見えるんだろうなぁなんて思ったり。。
実際の話、昔の人ってそういう「目」をもっていたんじゃないかと思います。

ほんとに一口では語り尽くせない、奥深い広がりを持つ作品です。
未読の方は是非ご一読を…^^

この記事のみを表示する練習

ラクガキ

練習

パースの練習。
中途半端で終わってしまった。。。

この記事のみを表示する通読メモ...

ラクガキ

妖精

今五章後半あたりまでざざっと読みましたが、
この辺り、一章よりなおヤバイです…(((( ;゚Д゚)))
異常に分かりづらいし、書いた本人ですら何のことやら理解に
苦しむ表現が多く。。(閉口;
とにかくゴテゴテしているので、完結後、ここも読みやすく
纏めなおせたらと思います。

読んでくださった方の懐の広さには、ただひれ伏すばかりです(泣

この話を一気読みするのが、こんなにしんどかったとは。。(゚Д゚)ショック…
やっぱり色々欠点だらけみたいで、反省しきりです。
もうちょっと、スムーズに読めるものに仕上げたかったです。

――――

絵はただのラクガキです。まだ描き加えてみる予定。
もうほんと、妖精にでも生まれ変わりたい気分です...^^;