猫とワタシ

Wandering Note

サイトのお知らせ&雑談中心です。

この記事のみを表示するお世話になっている皆様について

文芸イベント関連

明けましておめでとうございます!!

…って、もう10日以上過ぎてるんですが…^^;
新年一回目の更新なので、いちおうおめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします♪

文フリ京都まで、二週間を切っちゃいました。
年末最後のブログ更新から今までの間に、新刊とチラシの入稿も済み、少し
ほっとしているところです。あとは当日の準備その他を進めていくつもりです。
ウェブのほうでも、次回からはお品書きや冒頭ためし読みなどの情報を上げて
いけたらいいなと思っています。


さて、今日は、ちょっと違うお話なのですが。

うちのサークル【a piacere】の、今後の活動についてです。
2010年になのりさんと立ち上げた当サークルですが、ここ数年は私が個人誌を
出したりしつつ、実質ほぼ一人サークル状態で運営していました。
昨年、柳屋文芸堂さんや杉背よいさんと一緒に作った『ヒトガタリ』という本で、
なのりさんの新作が出せてよかったなー、と思っていたところだったのですが、
先日、やはりこれからもサークル活動を続けるのは難しそうだというご連絡を
いただきました。
ご家庭、ご体調のことなどでままならないことも多い中、『ヒトガタリ』ではすばらしい
作品を書いていただき、とても嬉しかったので、正直残念な気持ちはあるのですが、
a piacere は今後も、まりもが一人で続けていくと思われます。
なのりさんがこの先ずっと同人イベントから離れられるかどうかは、私からは明言
できないというか、したくないのですが…。もし可能であるなら、何らかの形でいつでも
戻ってくることができる場所にしておきたいので、アピアチェーレという名称は
そのままにしておくつもりです。
(アピアチェーレというサークル名は、なのりさんが付けてくださいました)
もしもまたイベント活動に参加したい、書いて発表したい、と思ってくださる日が来れば、
いつでも戻ってきてくださればいいなー、と思っています。
(そして、それを言うには私が長く続けていくことが必要なのですが…が、がんばります…^^;)

とはいえ、なのりさんの書かれた作品は、当サークルでこれからも頒布していくつもりです。
手製本の既刊本二種と、お預かりした熊本応援チャリティー本『みどり芽吹く』、
そして人形小説アンソロジー『ヒトガタリ』に、なのりさんの作品は収録されています。
その他、ご自身のホームページでも長編小説を発表していらっしゃいます。そちらも
すごくお勧めです。
代表作は『グロリアの物語』。 登場人物がどの人も魅力的で、ヨーロッパの中世的な
世界観も美しく、引き込まれる作品です。「渾身」という言葉がぴったりの作品で、
過去になのりさんの作品を読んで好きだな、と思った方には特にお勧めです。
読み応え抜群の長編作品ですので、気になった方は一度ごらんになってみてくださいね。

なのりさんのホームページはこちらからどうぞ♪♪

**********


さて、また話は変わって、今回の新刊『空気をソーダで割る方法』でお世話になった
方への謝辞などを。

前回の桧山荘関連本『ギャラクシィ少年の社会見学記』で解説を書いていただき、
昨年9月に発行した人形小説アンソロジー『ヒトガタリ』にも『シンギング・オブ・粉骨』という
作品でトップを飾ってくださった杉背よいさまに、今回、新刊の書き下ろし作品『魔女の采配』の
下読みをしていただきました。
とてもお優しい方で、ありがたいご感想をいただきました…もっと厳しいこと言ってくださっても
いいのよ…!!??? と思いつつも、ちょっと落ち込んでいるときだったので、そのお言葉が
おでん出汁のように五臓六腑に染み渡りましたです…;; 元気を頂きました。
本当にありがとうございます。。泣
杉背さんは怪談や児童書、最近ではシナリオライターとして活躍されています。
飄々とした独特の語り口が楽しくもありながら、時に背筋が凍るような怪談を書かれたりもしますが、
純文学的不条理なお話なども書かれていて、どれも魅力的です。それらがいい塩梅でミックスして、
面白くて怖い、杉背さん独特の不思議な味のある作品を書かれる方です。
紙の本も電子書籍も出版されていますが、webのほうでも現在「三浦怪談」という連載をされていて、
無料で読めたりします。怖かったり、ときに切なかったりする短いお話が色々と読めてお勧めです!

三浦怪談・新編はこちらからご覧になれます!


***

また、先日、新刊の「試作品をお譲りします」という募集をさせてもらったのですが、
その本を受け取っていただいた「灰青」の凪野基さまにも厚くお礼を申し上げます。
試作品が色々とアレな出来で大変申し訳なかったのですが、お忙しい中、お読みいただき、
とても丁寧なご感想と、製本に関するアドバイスをいただきました。
本番入稿に向けて原稿を作り直している最中にご連絡をいただけたので、ナギノさんの
アドバイスを生かして、直せるところは反映させたつもりです。
ご感想につきましても、温かいお言葉をたくさん頂けて、すごく元気をいただけました。
ご感想から、直したほうがいいなと判断した箇所もいくつかあったので、本文のほうも
適宜修正させていただきました。本当にありがとうございました(;∀;)

ナギノさんの作品を私はまだたくさん読めてはいないのですが、ファンタジーやSFのほうで
主に活躍されていらっしゃいます。アンソロや企画などにも精力的に参加され、人の作品も
丁寧に読まれ、どの作品にも真摯なご感想を書かれているので、本当にすごいな~といつも
思っています。
1/22開催の第一回文学フリマ京都では、新作長編ファンタジー作品の序章を新刊として
頒布されるそうです。その一部(?)がこちらでも読めるようになっています。
私も少し読ませていただいたのですが、世界観からしっかりと作りこまれた骨太のファンタジー
作品、という印象です。まだ序章なので全貌が見えるのはこれからなんでしょうけど、人物が
魅力的(特に男性陣w)なので、そこから引っ張られて、作品世界に馴染んでゆく、みたいな
雰囲気で読める作品なのかな、という気がしました。
普段ガチなファンタジー小説を読まない私でも、自然と引き込まれるように読めるので、今後の
展開がとても楽しみです。
あと、ひっかかりなく読める美しい文章も必見です。

ナギノさんのブログはこちらになります。


**************


色々と尽きせぬお礼の気持ちを綴っていたら長くなっちゃいました^^;
ここに書いている方以外にも、いろいろな方に元気をもらいながら
書き続けています… 本当にありがとうございます;;

基本しょっちゅうへこんだりしがちですし、自分のメンタルのみならず、周囲の環境なども
今後どうなっていくかわからず…正直いつどうなるか分からないサークル活動ではあるの
ですが、みなさんの創作に対する熱い気持ちに刺激をうけたり、頂いたご好意に感謝したり
しながら、今後もできるだけマイペースで続けていけたらいいなと思っています^^

この記事のみを表示する今年を振り返って

文芸イベント関連

hiyamatanpen-omote.gif
↑画像が粗くてすみません。本物はもっとクリアなんですが…。
gif加工の時点で間違えちゃいました
(めんどくさいのでこのまま上げちゃいますね…汗)


試作品を見て、思ったより地味だったので、表紙タイトルの文字を変えてみました。
まだ若干デザインを変えるかもしれませんが、大体こんな雰囲気。
ちょっとは明るくなる、んじゃないかな。
ちなみに、裏表紙はすごく好きな感じでできていたので、このままいきます。
(自分の名前が消え入りそうな感じが…いいね…^^;)

こんにちはー!
今日はめっちゃ寒いです…ふるえる…。

気が付けば、今年もあと数日ですね。
ただいま、↑の表紙の本を再編集中でして。
やっぱり、私は試作品を作らないとダメな人みたいです…。。。
まったく仕上がりを想像できないという…_(:D」L)_
前回のブログで試作品送ります!的な募集をしてみましたが、
今後はもうやらないです…>< 
試作品の出来が悪すぎて申し訳なさ過ぎるので^^;;
今回お申し出頂いた方には文フリ京都でお会いできるので、新しいものと
交換させていただくつもりです…お会いできる方でほんと良かった><


****


ちょっと今、あんまり元気がない状態で今年を振り返るとかすると
ひどいことを書きそうなんですが、あと数日で今年も終わるので
やっぱり一応、一年を振り返っておきますね。


私が今年書いた主なものは、3つ。

zabadak曲連想創作アンソロジー『THERE'S A VISION』
『山査子、ゆれる』

冬青のあずみさんのアンソロジーに参加させていただいた作品です。
私が書いたものではあるのですが、ザバダックの『二月の丘』という曲の
イメージをふんだんに盛り込んで作った作品なので、どこか自分の作品という
気がしないです。 だれかの胸を借りて書いた感覚、というか。
今まで書いた作品のなかで、最も「ファンタジー」らしい作品のような気がします。
それにしても、一年足らずで在庫僅少とは…すごい…!!
愛されているんですね~ザバダック(;∀;)
この作品では、すごくたくさん勉強させていただきました。
すばらしい本に参加させてくださったあずみさん、得がたい貴重な体験を、
本当にありがとうございました!!

****

人形小説アンソロジー『ヒトガタリ』
『弔う火』

一年近くかけてメンバーの皆さんと色々と相談しながら進めていったこの企画。
なかなか大変でしたが、読んでくださる方にも恵まれ、ありがたくも増刷しました。
(来年京都にも持っていきます…!)

『弔う火』についてですが、こちらは色々大変でした…。難しかった。すごく。
どうやって書き終えたか、あんまり記憶がないです_(:D」L)_
気が付いたら、ああいう終わり方になっていて。。
ネタバレしないほうがいいような内容、って言われることが多いんですが、
あんまり狙ってやったわけじゃなくて、でも、よく考えてみたらああいう風に
なるべくしてなった、と思うようなラストだったような気がします…。
物語を書くのって、不思議だなと思うこと多々です…。


****


短編集『空気をソーダで割る方法』(来年1月の新刊)
『魔女の采配』

こちらは、まだ表に出していない作品なのですが、一応今年秋~冬にかけて
書いた作品なので挙げておきます。
大体、二万五千字程度の作品になりました。
この短編集には六つの作品が収められていて、すべて主人公が違います。
小学生二人、女子高生一人、大学生二人、大人一人、なんですが、
今回書き下ろした『魔女の采配』という作品は、30代の男性が主人公です。
ちなみに、6つのお話のうち、5つは男性が主人公なんですよね…。
不思議なぐらい男主人公が多い。 異性を主人公にして書く人がどのくらいの
割合でいるのか分からないんですが、このシリーズに関して言うと、私は男性目線の
ほうが書きやすいです。女性だとキャラが固定しちゃう(多分自分のやな性格が
出過ぎる)から、人物の書き分けが難しいのもあるし、自分もつらくなってくるので…笑
過去に書いた小学生~大学生の話はちょっとほんわかしたり痛かったり青春だったり
するんですが、この書き下ろし作品だけは、やたら大人テイストになってます。
(大人主人公だから当然っちゃ当然なんですが…笑)
設定がちょっと辛いかもしれません。色々あった男性と、多分色々あった(であろう)
女性の、色々あったがゆえの十年、みたいな内容です。
思えば、30代以降の男女の恋愛ものって、あんまりない気がしますし、そういう
意味でもなかなか珍しい気がしますんで、是非他の作品と一緒に読んでくださった
らうれしいです。

****

ファンタジー二つと、現代ものひとつ。どちらが好きなのかも、向いているのかも
分からないですが、書きたい内容によってジャンルを選べるほうが便利だし、
自分も飽きが来ないので、これからもどっちとは言わずにその都度選んで行けたら
いいなと思っています。

さて、来年についてですが、まずは上画像の新刊短編集とヒトガタリの頒布を、
文フリ京都(1月)とテキレボ(4月・委託)で行います。

その後についてですが、新しい計画はありますので、また企画がしっかりと固まったら
お知らせできればと思っています…!!! こちらは2017年秋の文フリ大阪での
頒布を目指した企画になっています。

あっ、書き忘れていましたが、テキレボのアンソロに参加予定の作品も骨子はほぼ
できております…!
こちらは新刊の宣伝を兼ねているので、『桧山荘』シリーズの作品になります。
女子高生が主人公です。 
ウェブでも公開されますので、またお知らせに上がりますね。


****


こうやって振り返ってみると、めいいっぱい活動できた一年でした。
来年は、学校の役員関係とか、子供の学業面のあれやこれやで日常がちょっと忙しく
なりそうでして、そして、来年前半には音楽関係の行事が若干激しめに入ってくるので、
文芸関連の計画はこれ以上は入れないつもりです(今のところは)

2017年は、創作文芸活動のひとつの分かれ目になるんじゃないか、という気がします。
ここから自分がどうしていくのか、続けるのか辞めるのかも含め、先のことは分からない
ですが、来年も、作りたいと思ったものを着実に形にできるように、暮らしとの折り合いを
つけながら、無理のない範囲で活動していけたらと思います。

そんなわけで、結局長くなってしまいましたが、一年間、このブログにお付き合いくださり
ありがとうございました。

災害も多く、世界の先行きも微妙に微妙な雲行きではありますが、みなさまのそれぞれの
日々の暮らしが、これからも明るく幸せなものとなりますように…!

来年も、どうぞよろしくおねがいします。














この記事のみを表示する試作品をお譲りできる方募集中です(そして募集終了しました)

文芸イベント関連

kuukiso-da-hyosi.gif

こんにちは!
めめ、めっちゃ寒いっすね…(ぶるぶる)

今週は、子の病気×仕事が師走モード×入稿前に編集作業が滞るの
三重苦で、ばたばたしていました…が、何とか体調も安定していたおかげで、
無事乗り越えられて良かったです><

ツイッターで、編集関係の不具合について呟いてみたら、いろんな方に
立ち止まっていただけて、本当にありがたかったです。
なぜそのファイルだけが不具合を起こすのかなど、分からない部分はまだ
あるにはあるのですが、同じような経験をされた方に色々とお話を聞けて、
すごく勉強になりました。ありがとうございます。

多分、今回の本に関しては、その「ー」という伸ばし棒を全角ダッシュ「―」で
代用した数箇所以外は、気になるところはないはず・・・はずなんですが、どうかな。
前回作った「ヒトガタリ」も、試作品を一冊作ってから本番の入稿をしたんですが、
あれこれ微調整するところがあったので、やはり一冊作ったほうが、私のような
素人には分かりよいんですよね…。でも、試作品も、ちゃんと読めるものには
なっているはずなんです。フォントを変える予定ですので、イベントには出さない
つもりですが、うちで眠らせておくのももったいないなぁ、と思ったものですから、
良かったら、試作品をどなたかにお譲りしたいなぁ、と考えています。

ありがたくもお申し出をいただけたので、募集終了させていただきました。
ありがとうございました!!




**********

内容についてですが、「肉おばちゃん」とか「電波女」とかはつらい大学生たちのバカ話です。
「girls~」は女子高生が主人公で百合風味、「我輩はセンパイである」と「空気を~」は
小学生男子が主人公で、児童書風味です。
「魔女の采配」というのは、今回の本のために書き下ろしたお話なんですが、こみいった大人の
恋愛ものという感じでしょうか。30代の男性が主人公になっています。
R18にはならない仕様にしていますが、まりもにしては珍しく、結構突っ込んだ部分まで書いています。

2010年~2016年に書いた作品を収録しました。過去に出したことのある作品は多かれ少なかれ
書き直してあります。
「肉おばちゃん~」と「電波女~」は旧版ではありますが、ウェブで読めるようにしてありますので、
よかったら、ご参考していただけたらと思います…

こちらからどうぞ!!
(↑のページに置いている「藤川ルリ」のお話は、ウェブ限定のお話ですので、本には載せていません)


…そういうわけで。
この本をイベントで初頒布するのは、

2017年1月22日、第1回文学フリマ京都

になります。

まだイベントまでには時間があるのですが、試作品についてのお知らせをしたかったので、
ブログのほうで早めの情報公開をさせていただきました。


個人誌の短編集って初めて作りましたが、多分初めてさんにも、すごく読みやすいものに
なったと思います。
どなたさまにも、お気軽に手にとっていただけたらうれしいです。

またイベントに近づいてきたら、ツイッターなどでも色々と情報を流していこうと思っています。
どうぞよろしくおねがいします!





この記事のみを表示する新刊を製作中です

つぶやき

botan1.jpg

カメラの充電器を失くしてしまい、しばらく写真が撮れない状況です…
自宅には他にも色んなカメラがあるんですが、やっぱり慣れ親しんだ
マイコンデジがいいんだ…(壊れかけているけどな…)

でも、何かきれいなものを置いておきたかったので、多分5年前に奈良の
長谷寺で撮った牡丹の写真を再び掘り出してきました。
牡丹は華やかで大好きです!!

************


前の記事に書いた新刊用の書き下ろし短編が、大体出来上がりました。
全部で25000字程度の作品になりました…思っていたよりやっぱり
長くなってしまった^^;
今、直しながら大体全部で何ページの本になるかと思って編集している
最中なんですが、多分全部あわせるとA6版で150ページ超えると思う…。
全体の半分程度が書き下ろし作品になります。他の5作品はどれも10~20頁
程度のボリュームです。もうちょっと抑え目にしたかったんだけど、せっかくなので
めいいっぱい載せたいという気持ちもあるし、仕方ないですね。
表紙は写真を使う予定です。多分、電車なんかで読んでいても男女を選ばず
違和感のないデザインになる予定です。短編作品集ですし、お出かけのお供に
読めるようなイメージで作ってみるつもりです。
老若男女、広く読んでいただけたら…いいな…_:(´ཀ`」 ∠):_
ちなみに、文字の大きさは、前回作った「ギャラクシィ~」よりは小さくしました。
(今のところ、8.5ポイント設定にしてあります。みんな…老眼じゃない、よね…?)
前回作った個人誌で初めて印刷所入稿を経験したため、あの本では色々とやらかし
ちゃいましたが、それらの反省を踏まえ、今回はワードの編集機能を駆使して、
より読みやすい本にできればいいなと思っています。

(つい最近知った機能が多すぎて…ワードって思ったよりめっちゃ使えるやつやったん
すね…無知は罪…_(:D」L∵:・…)

自分が何をやらかすか分からないので、今回も、とりあえず一冊作ってみようと
思います…保険と思って。

なるべく、12月中に試作品を入稿→確認できるようなスケジュールで進めていくつもりです。
ツイッターのほうは、当分沈んでおこうと思っているのですが、連絡などにも使っているので
リプやDMには反応しますし、何かあれば突如叫ぶかもしれません……笑

そんな感じで、ぼちぼち進んでいます~。
もうちょっと固まりましたら、新刊の内容についてもご紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくおねがいします(*^∀^*)


この記事のみを表示する2017年の予定

文芸イベント関連

こんにちは!!!
寒くなってきました。季節の変わり目は体調を崩しやすいですね。
先月は、本当に家族も自分も体調が悪く、辛かったです(T_T)
(そして今もあんまり調子よくない…けど、ちょっと戻ってきたかもしれない)

みなさまはいかがお過ごしでしょうかー?

そんな中、よぼよぼになりながらも、来年に作りたい本の原稿を書いている
最中です。
今回は、楽しく書けるやつなので自分は嬉しいんですが(楽しい原稿としんどい
原稿のどっちかに必ず分かれます…)楽しいときは頭が自分の世界に行っちゃい
過ぎて、ひとりよがりなものを作ってしまいがちなので、その点ちょっと気をつけ
ないとな、と思っています。

というわけで、鋭意製作中の来年春の新刊についての予告です。

桧山荘シリーズの再録と、書下ろしを集めた短編集を作るつもりです。
今、さらっと「このシリーズ、みんな知ってるよね?w」的ノリで書きましたが、
多分あんまり知ってる人はいないと思う…(泣笑)
なので、説明します! 『桧山荘シリーズ』とは、文フリに参加し始めた2010年から
私が時々書き続けている短編シリーズのことです。毎回一話完結で、主人公を
変えて書いているので、シリーズものと気づきにくい仕様です。
(ちなみに、2015年作の『ギャラクシィ少年の社会見学記』は、このシリーズに
属する作品です)
今回載せる予定の作品のうち、もっとも古いものは2010年作・文フリ東京に
初参加したときに記念に書いた短編になります。
過去に配布終了した作品だったり、アンソロに投稿用に書いたごく短めの作品が
多いのですが、ものによっては結構大幅に直して載せると思います…。
字数の関係でミニマムに削ったけど、本当はもっといっぱい書きたかった…という
自分の夢を実現させるんだ…っ!

そして、現在取り組んでいる作品は、書き下ろしになるのですが、短編の中でも
2万字前後(まだ途中なので見込みです。もっといっちゃうかも…?)の、まあまあ
ボリュームあるものになりそうです。多分全ページのうち半分以上は、この作品が
占めちゃうかも…。
先ほど挙げた『ギャラクシィ少年~』という本を読んでくださった方なら分かって下さると
思うのですが、あの本の中で主人公の小学生二人が不審に思っていた「梅ソーダの
おじさん」と、桧山家の主、恵美さんというおばさんの馴れ初めというか、関係性を
過去にさかのぼって紐解いた作品になります。
恋愛?って言っていいのか分からない、ちょっとこみ入った事情の絡んだ恋愛もので、
梅ソーダの人が主人公です。
桧山荘のお話は基本コメディ路線なので、設定が暗くても重たくても、楽しく読める
要素は大体の作品に入っているし、書下ろしも、なるべくそういう風に読んでいただける
ように書いているつもりです。

「シリーズもの」は書く側にとって、キャラに思い入れが深くなりがちなので、いつも
よりはキャラ小説寄りになっちゃうかもですが…
とにかく、自分だけが楽しくならないよう、ストーリーをおろそかにしないように気を
つけつつ、最後までがんばります。


*************

というわけで!
予告が長くなりましたすみません^^;
来年、どんなイベントに参加するのか、分かっているものだけ挙げておきます!!!

2017年1月22日 第一回文学フリマ京都 

入金済みで、参加確定です。
できればこのイベントに新刊を並べたいです…(>_<)
「ギャラクシィ少年~」も引き続き頒布します。くまっこさんの空想のまちアンソロと
熊本応援チャリティーアンソロジー「みどり芽吹く」も置く予定です。素敵なご本ですので
是非、実物を見ていただけたら嬉しいです!!
そして、前回大阪で新刊だった人形小説アンソロジー『ヒトガタリ』も、
引き続き頒布いたします!
関西での頒布は、京都の次は9月の大阪になってしまいますので、『ヒトガタリ』のほうも、
なにとぞどうぞよろしくおねがいします。


そして関東方面では、

2017年4月1日 Text Revolutions 5 

委託参加で申し込んでいます。
こちらは現在未入金ですが(やばい汗)、なるべく早くに参加確定させてきます><
以下の3点を申し込んでいます。

①現在製作中の新刊本 
②人形小説アンソロジー『ヒトガタリ』
③『ギャラクシィ少年の社会見学記』

委託枠の埋まるスピードが異常で、新刊の詳細がまだ全然決まっていなかったのですが、
えいやっと見切り発車で申し込んじゃいました^^;
4月には何らかのものが出来上がっているので、出せるのは確実だとは思うのですが、
価格とかの設定を今からしなきゃならないのが…厳しかった…。 
色々未定なことが多すぎて。
まだ未入金なので大きなことは言えないですが、また確定したらツイッターででも
呟きますね^^;

テキレボさんに参加するとしたら、アンソロにも参加したいなーと考えているのですが、
余裕が…余裕がなくて_(:D」L)_
テーマ『嘘』なんですよね…。いいテーマだ。みなさんの作品、楽しみです。
私も何か書けそうだったら投稿します…_(:D」L)_


というわけで、この二つのイベントの後に参加しようと考えているのは、文フリ大阪です。
それ以外で参加するとしたら…可能なら、文フリ東京…(秋)とか、行きたいなぁ…。
そろそろまた東京にも遊びに行きたい気分ですが…一年先のことは、どうなるか
全然分からないです><

とにかく今年の残りは、新刊製作に費やそうと思います…
無事、平和な年末を迎えられますように…(がくがくぶるぶる)


ではでは、長文お読みいただき、ありがとうございました!!!
寒い時節柄、みなさまも温かくしてお過ごしくださいませー(*^v^*)ノ